ブラックフォーマルSHOP (喪服、お通夜・お葬式用の服装)

レディース 喪服・ブラックフォーマルSHOP
お急ぎの方は「あした便・指定便」【有料】をお使いいただくと便利です。
午前中のご注文で、翌日にお届けします。
※一部ご利用できない商品や条件があります。
>詳しくはこちらにて利用条件をご確認ください

思いがけず訪れる悲しみの儀にあわてないよう、
大人の女性のたしなみとして1着は用意しておきたいブラックフォーマル。
悲しみの場だからこそ、失礼のないキチンとしたスタイルを心がけたいもの。
お通夜・お葬式の服装マナーや持ち物についてご紹介します。

喪服選びのポイント

  • アンサンブル
  • 最もよく着用されるのは「アンサンブル」

    流行に左右されずオールシーズン使えるジャケットとワンピースは、喪服として着用される最もオーソドックスなアイテム。飽きが来ないので長く使えます。
    正式な喪服を初めて買う方のファーストフォーマルにもおすすめです。
    ワンピースの丈は、ひざが隠れるものを選びましょう。
    暑い時期はワンピースのみで着用することもできます。

  • スカートスーツ
  • ブラウスを替えると慶事にも使いやすいタイプ。
    スカート丈はひざが隠れるものを選びましょう。

  • パンツスーツ
  • 動きやすいパンツのブラックフォーマルは、通夜や法事に使えます。
    インナーも黒でそろえましょう。

年代から選ぶ

  • 20代〜30代におすすめ
  • ミセスにおすすめ

サイズから選ぶ

  • 大きいサイズ(〜10Lまで)
  • 小さいサイズ(身長152cm前後)
  • トールサイズ(身長172cm前後)

おすすめピックアップ

  • 脱ぎ着が楽な前開きタイプ
  • 40代からの格式高い漆黒スーツ
すべてのブラックフォーマル(喪服)を見る 全てのブラックフォーマル(喪服)を見る

売れ筋ランキング

  • レディースブラックフォーマル

    • 大きいサイズレディースブラックフォーマル

      売れ筋ランキング

      • レディースブラックフォーマル
      • 大きいサイズレディースブラックフォーマル

      小物選びのポイント

      • バッグ
      • バッグは布製の黒がベスト。動物ものはNGです。ショルダーバッグもなるべく避けたいですが、やむを得ない場合は肩にかけずに持つなど工夫を。

      • 靴
      • 靴は飾りのないシンプルな黒のパンプスを選びましょう。サンダルやミュールはNGです。
        ストッキングは黒または肌色を。網タイツは避けましょう。

      • アクセサリー、数珠、ふくさ
      • アクセサリーはネックレスとイヤリング程度に。小振りのパールが一般的ですが、黒真珠やオニキスなども着用可能です。
        ネックレスは必ず1連にしましょう。

      お通夜・お葬式の服装マナー(女性)

      肌の露出を控えた、長袖・ひざ下が基本

      葬儀・告別式の列席者または喪主も着用できる最も一般的な「準喪服」では、ワンピース、アンサンブル、スーツが基本。
      スカートは必ずひざが隠れる丈を。袖は夏場でも五分袖まであるものがベターです。冬場は黒やグレーのコートを着用しますが、葬儀会場に入る前に脱ぐようにしましょう。
      インナーも黒を。レース使いのものも、見える分量が少なければ(襟元など)上品です。白いブラウスは一般的にはタブーです。

      葬儀での髪型・メイク・ネイルのマナー

      メイクはベージュ系などの控えめな色合いで。髪型も装飾品は避け、シンプルに小さくまとめましょう。
      ネイルは透明やベージュ以外は落としていくのがマナー。落とす時間がない場合はベージュのネイルチップをつけたり、黒の手袋で隠しましょう。

      通夜も喪服を着るの?

      急な通夜や不幸を聞いて駆け付ける場合は、喪服を着用せず地味な平服で訪れます。しかし最近は、急でない場合は喪服を着用することが一般的になっています。

      普通の黒のスーツではダメ?

      喪服の生地は、一般的な黒の服とは素材が異なり、黒の色合いの深さも異なります。急な弔問や通夜などで着用する「略喪服」であれば、一般的な黒のジャケットやスーツでも可とされていますが、大人の女性のたしなみとして1着は正式な喪服を用意しておきましょう。

      香典のマナー

      香典袋選びの基本

      香典袋もさまざまありますが、包む金額に合ったものを選ぶのがポイントです。表書きや水引など印刷されたものが一般的に使用されますが、個人の宗教によっても異なります。宗教がわからない時は、「御霊前」を選びましょう。

      • 御霊前

        <御霊前>

        一般的な香典(どの宗教でも使用可能)。一般的には水引が印刷されたものを使用します。

      • 水引きがあるもの

        <水引きがあるもの>

        水引がかかった香典袋は、3万円程度の金額を包む時に使用しましょう。

      • 御佛前

        <御佛前>

        四十九日以降の法事などでの香典に使用します。浄土真宗では葬儀でも可能。

      • お花料

        <お花料>

        水引がなく、御花料/お花料と印刷されたものはキリスト教式の葬儀で使用します。

      • <その他>

        ・御玉串料:神式の香典
        ・御布施:葬儀・法要で僧侶、御寺への御礼
        ・寸志:葬儀・法要の心づけ

      香典に包む金額

      お香の代わりにお金を包むという意味もあり、3000〜5000円程度が一般的です。古いお札を使うとよくいわれますが、霊前に供えるものですからきれいなお札を心がけましょう。
      ただし新札では、亡くなる事を予測して事前に準備していたように印象づけ、失礼にあたります。新札を使う場合は、折り目をつけて入れましょう。

      香典の包み方

      裏側は下を折ってから上の折りをかぶせます。
      水引が印刷されているものは、水引がきちんと見えるように折れば間違いありません。

      袱紗(ふくさ)

      香典は通夜または告別式の受付に出すか、霊前に供えます。むき出しのまま持参せず、「大切に持参いたしました」という礼儀から、「袱紗(ふくさ)」に包んで持って行くのがマナーとされています。この時の袱紗の色は、緑色・藍(青)色・鼠色を使用しましょう。紫色はお祝いとの兼用が可能です。 ない場合は、小さな風呂敷やハンカチで代用してもかまいません。

      • 1.あらかじめ不祝儀袋を袱紗中央よりやや右の方へ
        寄せておく。

      • 2.右を中に折り込む。

      • 3.下をたたみ、次に上をたたむ。

      • 4.左を折り、裏へ折り返す。右の上限に小さく三角形ができる。

      その他のフォーマル服

      • 子供のブラックフォーマル
      • レディーススーツ
      • パーティードレス
      • フォーマルスーツ
      閉じる