カバーオール・ロンパースとは

全身をすっぽり包む機能的なウェア。ハイハイ期でもトップスがまくれあがったり、ボトムが脱げてしまうことがないので、非常に便利です。また、股ぐりが立体的になっているので、足の動きを妨げません。

カバーオール・ロンパースの特徴

股下がスナップボタン開きで、おむつ替えがしやすい仕様になっています。
前側が、寝たままでお着替えしやすい前開きタイプと、頭からかぶせて着させる肩ボタン開きもしくは襟ぐりが大きく開くタイプがあります。

  • 前開きタイプ前開きタイプ
  • 肩ボタン開きタイプ肩ボタン開きタイプ

カバーオール・ロンパースの違いとは?

同じような仕様でもメーカーによって呼び方が異なり、明確な違いは定義されていませんが、一般的な使い分け例をご紹介します。

一般的なロンパースの特徴:
・長袖・半袖・ノースリーブがある
・足は覆われていないタイプが多い
・股下はスナップボタンタイプ
・下着としても使える
ロンパースは袖が長袖や半袖、ノースリーブがあり、足部分は無いものを指すようです。直接着て肌着のように使うこともできるのが特徴です。頭から被って着るものもあれば、ボタン仕様になっているものもあります。

夏であれば短肌着1枚を中に着てその上にロンパースで過ごすことも可能ですが、冬場は単独で用いらずに下着として用いてその上にお洋服を着ることが多いです。

一般的なカバーオールの特徴:
・長袖・半袖・ノースリープがある
・足は覆われている(長ズボン)タイプが多い
・股下はスナップボタンタイプ
・洋服として着る
袖は長袖や半袖、ノースリーブで、足首や足先まで隠れるものを指します。生地は薄いもの厚いものとありますが、下着なしの単独で着ることはあまりないようです。

夏場でも短肌着を着た上に、洋服として着るものになります。あるいは、生地がダウンタイプやフリース地のものであれば、冬の外出時に着るのも良いでしょう。

被るタイプかボタンを開閉して脱いだり着たりするタイプになります。足先まで裾が来るのでボタンの数が多いため脱着に手間がかかり、ロンパースに比べておむつ替えがしにくい点があります。

  • カバーオールカバーオール
  • ロンパースロンパース

ロンパースの上手な着せ方

おすわりができる前までは、寝たままでお着替えしやすい前開きタイプがおすすめです。おすわりができるようになると、頭からかぶせて着させる肩ボタン開きもしくは襟ぐりが大きく開くタイプもおすすめです。
かぶせタイプは前ボタンがない分、デザインの幅が広がるのでよりお気に入りを見つけやすいでしょう。

ロンパースはいつごろまで必要?

生後3カ月~1歳がメインの着用期間です。

他の、ベビー&マタニティ、ママ関連の商品を探す

出産準備SHOP
大きいサイズのマタニティSHOP
マタニティ通勤服
授乳ドレス・ フォーマル
閉じる