産褥ショーツとは

産褥ショーツとは、産後直後から始まる悪露(※)の手当てに使う、防水布もしくは撥水布付きのショーツです。産褥ショーツは寝たままの状態で脱がずにパッド交換ができるよう、クロッチ部分が開閉する作りになっています。お産直後は寝たままの状態で看護師さんがパッドを取り替えたり、悪露の色や量をチェックしたりするので、脱がずに手当てができる産褥ショーツが必要です。また、医師による診察時も、ショーツをはいたまま診察台に上がり、クロッチ部を開くだけでよいので、パジャマを汚す心配もありません。入院中は長時間寝たままのことが多いので、後ろモレしない設計のものがおすすめです。退院後3~4週間はサニタリーショーツとしても使えます。大量の悪露で重くなるパッドを支えられるよう、フィット感の良いベア天竺素材などがお勧めです。

(※)「悪露(おろ)」とは・・・胎盤がはがれたあとの血液や、分娩による産道の傷の分泌物などで、月経の出血のようなもの。

クロッチ部分から後ウエストまで防水布を使用 着脱式テープで開閉角は丸い方がお肌が痛くないです

産褥ショーツは何枚必要?

長時間寝ていてもモレない設計のものを3~5枚、または入院日数分用意しておくと、洗濯の心配も要りません。病院からの2~3枚支給がある場合もありますので、支給される産褥ショーツに2~3枚プラスで購入されるママが多いです。

産褥ショーツはいつまで使用するの?

出産直後から悪露が始まり、手当てが必要な期間は出産直後から3~4週間くらいですが、産褥ショーツ自体の使用は、平均的な使用期間は2、3日です。診察の時に楽なので、入院期間中はずっと使用するママもいるようです。

産褥ショーツのサイズの選び方

産褥ショーツのサイズはMとLの2展開が一般的ですが、ニッセンでは、Mから5Lまで展開しています。3L以上の産褥ショーツはは病院からの支給もかなり少ないので、早めにチェックしてみてくださいね。産褥ショーツは、産前産後の体型に合わせて、通常のショーツよりもゆとりのある仕様になっていますので、妊娠前に着用していたサイズを目安にお選びください。
例)妊娠前:Mサイズ⇒産褥Mサイズ ※標準よりも体重増加が大きい場合はワンサイズ上をおすすめします。

産褥ショーツのメリットって?

①悪露用の大きなパッドに対応した股上
深めの股上になっているので、産後に病院から支給される赤ちゃんのおむつほどの大きさの、悪露用の大きなパッドがはまる仕様になっています。

②後ろモレ防止設計
腰まではっ水布(もしくは防止布)がきているので、長時間寝たままでもパジャマやベッドを汚す心配がなく安心です。

③下着を脱がずにパッド交換や診察をしてもらえる
自然分娩でも帝王切開でも、産後は傷が痛くて下着の上げ下ろしがつらいですが、クロッチ(股)部分が面テープで開閉できるので、寝たままで、看護師さんにパッド交換をしてもらったり、医師に診察をしてもらえます。

産褥ショーツのタイプ

通常タイプと全開タイプがあります。
通常タイプはクロッチ(股)部分が面テープで縦に開くようになっています。
全開タイプは、股の部分にプラスして、下腹部も面テープで横に開くようになっており、帝王切開出産の場合に下腹部の傷の手当てや診察がしやすい仕様になっていますので、自然分娩でも帝王切開でも使えます。
病院で支給されることもあるので、どういうタイプを支給されるか確認しておくと安心ですね。

産褥ショーツの価格

産褥ショーツの値段は一般的には1枚800円~が相場です。お買い得な2,3枚組タイプや、少し価格は上がりますが、ずっとベッドで横になっていても安心なフィット感がしっかりあるタイプや、帝王切開でも安心の全開タイプ等があります。

産褥ショーツはいつ頃から買っておくべき?

出産予定日直前までお家で過ごせるのがベストですが、体調によっては早めの入院をしなければならない場合もありますので、妊娠8カ月目頃から準備しておくと、入院間際にばたばたしなくて良いので安心です。

産褥ショーツって本当に必要? 先輩ママのクチコミは?

入院中、産褥ショーツじゃないと診察のたびにしんどいので、絶対にあった方が身体のためです。

産後は毎日診察があるので、その都度パンツを脱がなくていいのは楽でした。枚数はたくさんはいらないと思うのですが、悪露で汚れることもあるのでやっぱり3枚くらいあると安心です。

出産入院用に購入しました。購入前は生理用ショーツでも良いかな、と思っていたけれど念の為準備くらいの気持ちでした。しかし、いざ出産したら足も腰もガクガクになりとても自分ではショーツを下ろせませんでした。準備しといて本当に良かった!!一時期だけの使用だからとケチらずに準備するべきですね!

産褥ショーツは準備しておきましょう

悪露の量が少なかったり、自然分娩で会陰切開もなかった場合、生理用ショーツで大丈夫だったわ、というママもいらっしゃいますが、自然分娩から帝王切開に変わったり、悪露の量が多かったり、何が起こるかわからないので、あまり損得は考えずに、必要なものだと考えて前もって準備するのがおすすめです。

他の、ベビー&マタニティ、ママ関連の商品を探す

出産準備SHOP
大きいサイズのマタニティSHOP
マタニティ通勤服
授乳ドレス・ フォーマル
閉じる