カーテン・レースカーテンの洗濯方法

カーテンやレースカーテンを上手に洗って、気持ち良い毎日を過ごしましょう。

カーテンの日頃のお手入れ方法

はたきや掃除機でホコリを落とす

定期的にカーテンに付着したホコリをはらいましょう。
はたきで軽くホコリをはらったり、掃除機のブラシなどで吸い取るのも効果的です。

カーテンレールや窓を掃除する

カーテンレールや窓が汚れている場合は、カーテンに汚れが移りやすいため、定期的に掃除をしましょう。

カーテン・レースカーテンの洗濯頻度

1年に1回を目安に。車の通りの多い道沿い、喫煙するお部屋、LDK等の場合、汚れ度合いをみて頻度をあげても良いでしょう。

洗濯前の準備

まずは洗濯絵表示を確認しましょう。 天気の良い日を選んで洗濯しましょう。 カーテンレールにカーテンを吊している状態で、手でばさばさとふったり、掃除機を軽くかけ、ざっとほこりを払っておきましょう。 めだった部分汚れがあれば、中性洗剤を原液のまま付けて、もみこみます。(事前に色落ちしないか確認してください) カーテンフックをはずして、ジャバラ折りにしてにして洗濯ネットにいれます。 カーテンの大きさにもよりますが、1回の洗濯で、ゆったり洗濯が回る枚数にしましょう。

カーテンを洗濯する

洗剤は中性洗剤を、レースや装飾があるものは、おしゃれ着洗剤をおすすめします。柔軟剤は入れると良いでしょう。静電気によるホコリの付着低減が期待できます。 全体的に汚れが強い場合、一旦、低水位で濃いめの洗剤にしばらくつけおきしておきましょう。 水位は高めに設定し、大き目の洗濯ネットにいれて弱水流やソフトコースで洗濯します。脱水時間は短めに設定し、脱水が終わったら、すぐに干しましょう。

洗ったカーテンを干す

洗い終えたカーテンにカーテンフックをつけて、元のカーテンレールに吊るし、カーテンを広げた状態で自然乾燥しましょう。 ※洗濯後のカーテンは重くなるため、カーテンレールがしっかりとりつけられているか事前に確認してください。

カーテン・レースカーテンの洗濯の豆知識

サイズ違いのカーテンを複数一度に洗うと、洗濯後にどの窓のカーテンか分わりづらくなります。同じサイズのみ、もしくは、部屋単位で洗濯すると良いでしょう。 タッセルが洗える場合、一緒に洗っておきましょう。 洗濯のタイミングは、雨があけたら洗うなど、年間で目安を決めておくと良いでしょう。