ダイニングの家具・インテリア(ラグ・収納)

ダイニングルームは、日本語では「食堂」と訳されますが、実際は食事をするだけでなく、テレビ鑑賞や読書、仕事や勉強など、家族がそれぞれ多様な時間を過ごす空間にもなっています。
そんなダイニングのインテリアをオシャレで居心地よくしたいときは、まずダイニングテーブルを中心に、ご自身やご家族の一日の動きを観察してみましょう。ダイニングがどう使われているのかを把握し、そのライフスタイルにあったインテリアを考えることが大切です。

[ ダイニング ]

お部屋づくりのコツ

  • Point

    ダイニングのインテリア選び

    近年の日本のダイニングスペースは、キッチンあるいはリビングとあわせて、ワンルームになっている間取りが主流です。空間が広い分、雑多で各スペースの印象がちぐはぐになりやすいため、まずはインテリアのテイストや照明の色を揃えて統一感を出すことを意識しましょう。
    また、インテリアのカラー配分も重要なポイントです。天井・壁・床などで「ベースカラー」を70%、家具・カーテン・ラグなどで「メインカラー」を25%、クッションなど小物で「アクセントカラー」を5%とると、バランスがとりやすいとされます。ランチョンマットや椅子・ソファのカバー、こたつの敷布団など、色選びに迷ったら参考にしてみてください。
    さらに照明の光は、料理がおいしく見えるオレンジの電球色がオススメです。天井からペンダントライトを吊るすと断然オシャレに♪

    コーディネート実例

    コーディネート実例

    テーブルと椅子を床と同じブラウンに。照明をキッチン家具と同じ白にすることで、1つの空間としてまとまりのある雰囲気を演出しています。さらに、ダイニングチェア2脚にアクセントカラーのブルーを取り入れメリハリを出しています。

  • Point

    テーブルと椅子にこだわろう

    ダイニングテーブルは、食事をはじめ在宅ワークや家計簿記入などの卓上作業、来客シーン、将来的な家族の人数まで考えると、幅広い用途に使える大きなサイズがほしくなりますね。
    一方で、ダイニングテーブルのまわりでは、椅子を引いたり、食事を配膳したりと、人の動きも活発です。生活動線を妨げると使いづらいダイニングになってしまうので、テーブル周辺には十分なスペースを確保しましょう。

    とくに長時間テーブルで作業する場合は、椅子の座り心地も重要です。座面にクッションのあるタイプがオススメですが、無い場合はお好きなクッションをプラスして座り心地を調整しましょう。また、座面が広く、肘かけが付いているタイプは、ゆったりくつろぐのにも最適です。最初から人数分の椅子がついたテーブルセットにこだわらず、使う人の体格や用途にあわせて後から買い足していくのも賢い方法です。

    ワンポイントアドバイス

    ワンポイントアドバイス

    来客時にだけ広いテーブルが欲しい…という方は、サイズを広げられる伸縮式やバタフライ式のテーブルがとても便利ですよ。

    キーワードから探す
    #ダイニング テーブル 折りたたみ
    #ダイニング テーブル 丸
    #ダイニングソファ
    #ダイニングベンチ

[ ダイニング ]

新しい生活のヒント

  • Point

    十分に換気し、抗菌アイテムも活用しよう

    食事をする場所だからこそ、とくに気になる衛生・ウィルス対策。まずお部屋はよく換気することが大切です。とくに「サーキュレーター」で、開いた窓に向けて風を送ると、部屋と外の空気入れ替えがとてもスムーズにできますよ。

    また、食べこぼすこともあるダイニングテーブルには、「抗菌」機能のついたテーブルクロスラグを足元に敷くなど、抗菌アイテムを活用するのがオススメです。
    さらに、席の座り方も対面ではなく、ベンチやダイニングソファをつかって横並びに座るように工夫するのもよいでしょう。

  • Point

    ウイルス対策にもおすすめ!パーテーションシート

    身体の抵抗力が弱い方やご高齢の方がいるご家庭では、家内での感染対策に気を使いますね。そんなときは、簡単に自分で間仕切りが設置できる、パーテンションシートがあると便利です。部屋内の仕切りにはもちろん、玄関に設置して室内へのウイルス侵入を軽減したりと、場所にあわせて自在に活用できます。
    また、「ダイニングは食事する場所、リビングはくつろぐ場所」と、ダイニングリビングを仕切って、役割にメリハリをつけたいと考えている方にも、オススメです。

    使用例

    使用例

    ドアの間仕切りや、お部屋の間仕切りに使用できます。サイズにあわせてパーテーションシートをカットできるので、どんな空間にも使いやすく、手軽にご家庭内での対策ができます。

[ ダイニング ]

コーディネートから探す

  • Check

    おすすめコーディネート

    「ナチュラルビンテージなダイニング&キッチン」ヴィンテージ,北欧

    ウッド×スチール×ボタニカルの3つを統一するだけのダイニング&キッチン

    テーマは簡単にオシャレなダイニングルーム。必要な要素はある程度のカラー統一です。
    今回のキーワードはウッド系×ブラック×グリーン。3つのパターンで統一するだけの簡単な組み合わせになっています。異素材が組み合わせてもまとまった雰囲気を演出。
    ウッドもブラウン系・ナチュラル系どちらでもアイアン・グリーンとの組み合わせの相性抜群。
    ナチュラル感を強めるならグリーンや小物が飾れる照明や、フェイクグリーンを好きな場所に飾ってボタニカルな雰囲気をプラスして優しい印象に仕上がります。ちょっとビンテージな置物、時計を配置するだけでさらにセンスアップするお部屋に。

[ ダイニング ]

売れ筋ランキング