書斎の家具・インテリア(収納・カーテン)

一人の時間を過ごせる、おしゃれな書斎には憧れますね。
仕事や趣味に、ある程度一人で集中できる空間を持つことは、ご自分のライフスタイルを充実させるためにも、大切なことです。
最近はまるごと一室を書斎にするのではなく、リビングなどに書斎コーナーを設けるお家も増えています。家事の合間に仕事をしたい、在宅ワークをもっと集中できるようにしたい、趣味の時間をさらに充実させたい…などなど、ライフスタイルや家の間取りにあわせて、理想の書斎を実現させましょう。

[ 書斎 ]

空間づくりのコツ

  • Point

    お部屋に書斎コーナーをつくろう

    自分の専用スペースがあるだけでも、お仕事や趣味に集中できる度合いがずいぶん変わってくるはず。書斎のために一室用意するのが難しいと諦めている方は、お部屋の一角を書斎コーナーに変身させてみませんか。
    ある程度背の高い本棚や収納棚で間仕切りにすることで、ゆるく区切られた書斎スペースをつくることができます。オープンラックなど隙間のあるもので仕切ると、見た目の圧迫感もやわらぎますよ。

    また、家事やお子さんの面倒で忙しく、同じ場所にずっといられない方は、ぜひリビングやダイニングに書斎コーナーを設けてみてください。椅子は背もたれのないタイプを選ぶと、立ったり座ったりしやすいのでオススメです。お気に入りの、おしゃれなスツールを置くと気分もアガりますね。

    ちなみに、和室も書斎スペースの立派な候補。床に紙資料を広げることができるので、とくに仕事中に参照する資料がたくさんある方には便利でしょう。

    コーディネート実例

    コーディネート実例

    背が高いラックで空間を仕切り、リビングの一角に書斎コーナーを設けました。仕切りはオープンラックなので、適度に視線を遮りつつ、リビングの様子も確認できます。お子さんを見ながらのテレワークにも対応できますよ。

  • Point

    お仕事に集中できる書斎

    お仕事用の書斎なら、メインになるのは「デスク」ですね。作業に集中するためには、デスクのレイアウトが重要です。
    一般的に集中しやすいのは、「窓の外が視界に入らない」「座った時に背後が壁になる」「入口が視界に入り、人の入室に気づける」。この3つの条件を満たす場所だといわれています。
    またパソコンを置く際は、セキュリティの観点でも、入口からパソコン画面が見える場所はなるべく避けるとよいですね。

    ワンポイントアドバイス

    ワンポイントアドバイス

    省スペースにするなら「奥行きがスリムなデスク」や、パソコンやスマホのケーブルが隠せて机上がスッキリする「電源タップ収納付きデスク」もオススメです。

  • Point

    趣味を楽しむ書斎

    ワークスペースとしての役割だけでなく、趣味にひたれる「居て楽しい」書斎をつくるなら、照明ソファなどのインテリアにこだわってみましょう。
    コレクションを眺めるタイプの趣味では、オープンラックなどの飾り棚を設置し「見せる収納」で楽しむとよいでしょう。
    また、読書や音楽鑑賞などの趣味なら、座り心地のいい1人掛けソファが欲しいですね。コーヒーカップやグラスを置けるサイドテーブルもあれば言うことなし♪
    さらに、照明の光を飾り棚に当ててコレクションを引き立てたり、間接照明で柔らかい雰囲気を楽しんだりと、照明の演出にこだわるのもオススメです。

    コーディネート実例

    コーディネート実例

    書斎はワークスペース兼1人でゆったりと趣味を楽しめる空間に。オーディオやお気に入りの小物を飾って、好きなものに囲まれてリラックスできるお部屋にするのも◎

[ 書斎 ]

新しい生活のヒント

  • Point

    楽な椅子で長時間のテレワーク快適に!

    ずっと簡易椅子に座ってお仕事していると、いつの間にか姿勢がくずれて肩や腰に負担がかかってしまいがち…。
    その点オフィスチェアは、お尻を最適な位置でホールドしてくれる座面と、高さ調整機能が備わっているものが多く、長時間の作業にオススメです。
    ふと息抜きするときに、背を預けても痛くならない背もたれや、肘を乗せて肩と腕の緊張を緩和してくれるアームレストがあると、なお嬉しいですね。

    ワンポイントアドバイス

    ワンポイントアドバイス

    座面がかたい椅子で作業する場合は、クッションで座り心地を調節しましょう。中でも「ゲルクッション」は、まるで水に浮いたような座り心地で楽ちんです。座り心地に悩んでいる方は、ぜひお試しください♪

  • Point

    突然のWeb会議でも困らない
    壁紙で簡単お部屋アレンジ

    テレワークでWeb会議を行う機会が増えた方も多いでしょう。そのとき何かと気になるのが自宅背景ですよね。ふと部屋の壁紙をみると、なんだか薄汚れているのが気になったり…。
    そんなときは、貼ってはがせる壁紙で、既存の壁紙を隠してしまうのも一つの手です。せっかくなら、自分の気持ちをアゲてくれるような柄で簡単DIYに挑戦してみるのもオススメです♪

    コーディネート実例

    コーディネート実例

    殺風景なお部屋でも、壁紙を貼るだけでお部屋の雰囲気はガラリと変わります!イメージチェンジをしたいけれど大きな家具は買い替えが難しいという方は、壁紙を使った室内装飾を検討してみてはいかがでしょうか。傷や汚れの保護にもなりますよ。

[ 書斎 ]

売れ筋ランキング