ベッド・マットレスの選び方

ベッドマットレスの選び方

人生の約1/3を占める睡眠時間を過ごすベッド。頻繁に買い替えできないからこそ、失敗したくないですよね。
といっても、「ベッド」とひとくちに言っても種類はさまざま。
1人暮らしの方は、限られたお部屋のスペースを有効活用できる「収納付きベッド」や「ロフトベッド」がオススメですし、ファミリーの方には、お子さまと一緒に川の字になって眠れる「連結ができるベッド」や「フロアベッド」が人気です。
自分にぴったりのベッドに出会いたいとお考えのあなたに、ベッドのサイズやフレーム・マットレスの種類をご紹介いたします。
ぜひあなたのライフスタイルにあった、長く愛用できるベッドを見つけてくださいね。

1

サイズ

ベッドのサイズは、

お部屋の快適さ・睡眠の心地よさを

左右する大切なポイント。

押さえておきたいのは、「お部屋のスペース」「使う人の体格」「搬入経路」の3つです。それぞれ写真やイラストでくわしくご説明しますので、ぜひご覧ください。
ご自身の条件を確認して、ストレスのない素敵なベッド空間をつくりましょう。

部屋のスペースにあう最適なベッドのサイズ

とくにワンルームの場合は、ベッドまわりに必要なスペースを把握しておきましょう。さらに窓やコンセントの位置など、お部屋のチェックをしっかりすることで、ご自分のライフスタイルにあったサイズが割り出せます。

サイズ
  • ベッドの周りには歩くスペースを

    ベッドの周りには歩くスペースを

    ベッド脇には歩くスペースとして、約50~60cm程度のスペースを足元に作ると出入りがスムーズになります。

  • 壁との間には約10cmのスペースを

    壁との間には約10cmのスペースを

    ベッドを壁に寄せる場合は、掛け布団がずれ落ちやすくなるため、布団の厚み分として、壁との間は約10cm程度離して置くのが理想的です。

  • 引き出しの奥行に合わせて必要なスペースを

    引き出しの奥行に合わせて必要なスペースを

    ベッド下が収納付き(引き出し付き)の場合、引き出しを引いて物を出し入れするために、約100cm程度のスペースを確保しましょう。(※引き出しの奥行が約60~80cmの場合)

体格に合ったベッドのサイズ

一般的に、肩幅+左右に15~20cmのゆとりがあると、狭さを感じないといわれています。
2~4人用でも、同じように15~20cmの間隔がとれるサイズを目安にするとよいでしょう。
1人用のベッドをお探しの方にも、シングルより狭い「セミシングル」や、幅のある「セミダブル」など、サイズにバリエーションがあります。
いずれも、寝返りがうてる幅であることと、お部屋のスペースとをあわせて、総合的に選びましょう。

肩幅+40cm=狭さを感じさせないサイズ

搬入経路のチェック

ご購入の前に、必ず搬入経路をチェックして、お部屋に搬入可能なサイズをご確認ください。

CHECK 01:梱包サイズを確認

梱包サイズを確認

商品ページのサイズ欄に記載されている「梱包サイズ」を必ずご確認ください。商品が梱包されたときの縦・横・高さをチェックして、できればメモをしておくとよいでしょう。

CHECK 02:搬入経路の確認

搬入経路の確認

エレベーター

扉のチェック

  • Aエレベーター扉の幅
  • Bエレベーター扉の高さ

内部のチェック

  • Cエレベーター内の奥行
  • Dエレベーター内の高さ
  • ※「梱包サイズ」がA~Cの幅・高さ・奥行より小さい場合は確実に搬入できます。
  • ※1「梱包サイズ」の奥行が小さい場合は、エレベーター入り口をくぐらせるようにのせることも可能です。
玄関からお部屋まで

玄関からお部屋まで

玄関のチェック

  • A玄関扉の幅
  • B玄関扉の高さ

部屋までの廊下のチェック

  • C廊下の幅
  • D廊下の天井高

部屋入り口のチェック

  • E入り口の幅
  • F入り口の高さ
  • ※「梱包サイズ」がA~Fの幅・高さより小さい場合は確実に搬入できます。
  • ※「梱包サイズ」が大きい場合でも、荷物を斜めにしてくぐらせるように入れることも可能です。その場合は入り口の手前などに十分な広さが必要になりますのでご注意ください。(お部屋の入り口の幅・高さは特にご確認ください。)
お部屋が2階以上で階段を使用する場合

お部屋が2階以上で階段を使用する場合

直線階段の場合 階段の幅、または天井の高さが搬入する梱包サイズの最大サイズを上回る場合は基本的に搬入できます。

らせん階段の場合 階段の幅が120cm以上かつ、天井の高さが搬入する梱包サイズの最大サイズを上回る場合は基本的に搬入できます。

屈折階段の場合 踊り場の天井の高さが搬入する梱包サイズの最大サイズを上回る場合は基本的に搬入できます。
踊り場の天井の高さが搬入する梱包サイズの最大サイズを下回る場合は、向きを変えて搬入する必要があるため、踊り場の奥行が150cm以上必要になります。

2

フレーム

ベッドのフレーム、

たくさん種類がありすぎて

選べない……?

いえいえ、そんなことはありません。

お部屋を広くみせる「ローベッド」や、汗っかきさんに嬉しい通気性のよい「すのこベッド」など、それぞれの特長が分かれば、自然とライフスタイルにあったベッドがみえてきます。高さを調整したい、枕元に明かりもほしいといったご要望がある方は、便利な付属機能にも注目してみてくださいね。

ベッドのフレームタイプ

ベッドに付属の便利な機能・仕様

3

マットレス

マットレスはどれも同じと

思っていませんか?

見た目は同じように見えても、内部構造の違いで寝心地が変わるのです。
ベッドのマットレスは大きく分けて、「ポケットコイル」「ボンネルコイル」「ノンコイル」の3種類。
毎日の大切な睡眠をより快適なものにするために、理想のタイプを選んでください。

ノンコイルマットレス
マットレスの内部にコイルを持たないタイプ。クッション材にウレタンウォーム(石油を発泡させた素材)やポリエチレン等の樹脂を用いたスプリング(コイル)を使わないマットレスのことです。
いろいろな種類がありますが、「低反発」「高反発」というくくりで分けられることが多いです。

  • 包み込まれるような寝心地がお好みの方におすすめ低反発マットレス

    包み込まれるような寝心地がお好みの方におすすめ
    低反発マットレス

    低反発マットレスは圧力のかかった部分がゆっくり沈み込み、ゆっくりと戻る特性を持ち、体圧を分散するのが特徴です。臀部や腰骨など身体のラインに合わせてマットレスがゆっくり沈み込み、ゆっくり戻ることで包みこまれるような寝心地で睡眠することができます。

  • 沈み込みが少ないので体格の大きい方や寝返りが多い方におすすめ高反発マットレス

    沈み込みが少ないので体格の大きい方や寝返りが多い方におすすめ
    高反発マットレス

    高反発マットレスは下からの跳ね返りの力により、通常のマットレスに比べ、沈み込みが少ないのが特徴です。寝返りがうちやすく、就寝時の体の一部分(首・肩・腰・足)にかかる体圧も分散されます。

4

カラー

ベッドの色もお部屋のコーデの一部です。ナチュラルカラーや無彩色もいいけど、差し色としてビビッドな色を使うのもオシャレですよ。