結婚式・披露宴・二次会のドレスと服装マナー

更新日:2024年5月31日|公開日:2015年2月5日

230701/pc/kv.jpg;230701/sp/kv.jpg

結婚式ドレスや披露宴、二次会に参加する際の服装のマナーをご紹介。

ドレスはもちろん、靴やバッグ、アクセサリー選びや髪型など
大人の女性として気をつけておきたいポイントをオススメアイテムとともにご紹介します。

他にも、シーン別、年代(20代・30代・40代・50代)別、
季節(夏・冬)別の服装のポイントなど気になる情報が満載!

結婚式におけるドレスと服装のマナーとは?

1.結婚式におけるドレスと服装のマナー

女性ゲストの方は『ドレス』などの洋装が一般的ですが、会場や開催される時間帯、新郎新婦との関係性などによって着用する装いが変わってきます。一般的に昼間のパーティーなら、ワンピースドレスやパンツドレスなどの「略礼装(平服)」、夜は「準礼装」と呼ばれるよりドレッシーなドレスやスーツが良いとされています。
あくまで目安ですので、結婚式や披露宴会場の雰囲気、新郎新婦とご自身との関係性や立場などを考えて選ぶようにしてください。

ドレスコードについてもっと詳しく >>

【色】

花嫁さんと同じ「白」は避け、喪をイメージする「全身黒」も避けるのが無難です。

【デザイン】

露出度の高いドレスは避けましょう。上半身の露出を抑えるにはボレロやショールもオススメです。

ボレロ・ストールをCHECK >>

あくまで上品、且つ華やかさを意識しましょう。
刺繍やレースをあしらったワンピースドレスやパンツドレスがオススメです。

ワンピースドレス・パンツドレスをCHECK >>

結婚式でNGな服装とは?

主役の花嫁とかぶる「全身白」や喪を連想させる「全身黒」はNGです。また、ライトベージュやシルバーのドレスも写真うつりや光の加減で白っぽく見えてしまうため注意しましょう。

昼間の挙式では露出の多いスタイルはマナー違反です。ノースリーブドレスの場合は、ボレロやジャケットなどの羽織りを合わせてください。ひざ上丈のスカートやスリット入りドレス、胸元が大きく開いたドレスは気を付けましょう。
夜の披露宴や二次会では、その場の雰囲気に合わせて、適度な肩出しはOKとされている場合も多いです。

2.年代別結婚式の服装、お呼ばれドレス

3.シチュエーション別結婚式の服装、お呼ばれドレス

【親族として参列する結婚式】

ゲストをお迎えする立場としてよりフォーマル感を意識した装いを。
母親や兄弟姉妹であれば和装もオススメです。未婚の方ならフォーマルワンピースや振袖、既婚の方ならアフタヌーンドレスや黒留袖が一般的です。

フォーマルウェア・ワンピースをCHECK >>

【同僚や上司、部下として参列する職場の結婚式】

きちんと感のあるフォーマル~セミフォーマルスタイルがオススメ。
ワンピースの場合は着丈が短くなりすぎないよう意識はしたいところです。 上記に記載している一般的なマナーを守りつつ主賓との間柄を意識した上での服装を心掛けましょう。

【友人として参列する職場の結婚式】

上記に記載している一般的なマナーはおさえた上で、自分のテンションの上がるお気に入りの1着を選びましょう!

【結婚式・披露宴におすすめのお呼ばれドレス】

肩出しなどの過度な露出は避けて、ワンピースなどで袖がない場合は、必ずボレロかショールを羽織りましょう。スカート丈も膝上5cm以上にはならないように意識しましょう。
シフォンやオーガンジー、レース素材など柔らかい雰囲気のものがオススメです。

【二次会・パーティ—におすすめのお呼ばれドレス】

「平服でお越しください」とあった場合も、ある程度セミフォーマルな服装が無難です。
披露宴から二次会に出席する場合は、そのままの服装でも問題ありません。カジュアルなお店の場合は、アクセサリーや靴・バッグを変えてみたり、立食を考慮しての動きやすいパンツスーツ等もオススメです。

4.季節毎のお呼ばれドレス選びのポイント

【夏にオススメのお呼ばれドレス】

見た目から爽やかさを感じさせるブルー系などの寒色系カラーがオススメ。
素材も透け感があり涼し気な印象を洗えるものがオススメです。暑さが気になる季節ですが、式場内は冷房が効いていますので温度調整ができるようなストールやボレロを用意しておくと重宝します。

【冬にオススメのお呼ばれドレス】

夏場とは逆に暖色系カラーや、パステルカラーを少しくすませたようなダスティカラー(くすみカラー)もオススメです。黒ストッキングやタイツは避けるのが無難です。コートは、パーティー会場に入る前にクロークに預けますが、カジュアル過ぎるものは避けあくまでフォーマルを意識したものにしましょう。(毛皮やアニマル柄はNGです)

黒・くすみカラー系ドレスをCHECK >> ドレスコードについてもっと詳しく >>

5.アクセサリーのマナー

服装同様、花嫁を連想させるものは避け、上品さを意識しましょう。
服装がシンプルな場合は華やかさをより意識するとバランス良く仕上がります。

腕時計は「時間を気にしている印象を与えてしまう」という点から正式には良くないとされています。

【パール】

間違いないのがパール。昼間の式典時にオススメです。(もちろん夜もOK!)
ブラックパールは避けるのが無難です。

パールアクセサリーをCHECK >>

【ダイヤやスワロフスキー】

夜の参列時にはダイヤやスワロフスキーなど輝きがあり、華やかなものがオススメです。

また、【天然石】のアクセサリーも昼夜問わず使えてオススメです。

6.結婚式のお呼ばれ靴結婚式バッグのマナー

【靴】

・つま先が隠れるタイプのパンプス
・ヒールは4cm以上
・光沢のある布製やエナメルがオススメ
(革のパンプス、ミュールやブーツなどは避けるのが無難ですが、多様化してきている結婚式のスタイルの中では関係性や雰囲気によっては問題ありません)

パーティー対応の靴をCHECK >>

【パーティーバッグ】

・必要最低限(※)のものが入る小ぶりサイズ
※財布、スマホ、ハンカチ、メイクetc
・サテンやレース素材のもの、パールやビジューの宝飾デザイン
・色はドレスに合わせて、華やかさを大切に。ドレスがシンプルな場合はアクセントカラーでスタイリングするのもオススメです。
・動物柄やレザー(革)のものは殺生をイメージさせるので避けるのが無難
・サブバッグも上品なものを選び、会場ではクロークに預けましょう。

パーティー対応のバッグをCHECK >>

7.髪型のマナー

華やかで上品なスタイルを意識しましょう。
肩につく長さの場合はダウンスタイルは避け、アップスタイルに。華やかさは意識しつつも服装同様、花嫁より目立つ髪型は避けるようにしましょう。
(二次会やカジュアルなスタイルの式の場合はダウンスタイルでもOKな場合もあります。あくまで雰囲気に合った髪型にしましょう)

8.結婚式ドレスのよくある質問

  • 結婚式や二次会などのパーティーでどんなドレスを着ればいいの?

    ワンピースドレスやパンツドレスなど華やか且つ上品なスタイルがオススメです。二次会のみの参加の場合や、カジュアルスタイルの式では普段使いもできるワンピースやセットアップに小物で華やかや上品さをプラスするのも最近の傾向のひとつです。

  • 結婚式などのお呼ばれドレスは何色がいい?NGな色は?

    花嫁さんと同じ「白」は避け、喪をイメージする「全身黒」も避けるのが無難です。トレンドのカラーを取り入れるも良し、お呼ばれした季節に合ったカラー(春ならパステル系、夏ならブルー系など)を選ぶのもオススメです。

  • 結婚式ドレスにあったバッグは?

    財布、スマホ、ハンカチなど必要最低限のものが入る小ぶりサイズがオススメです。動物柄やレザー(革)は避けるのが無難です。色はドレスに合わせて、ドレスがシンプルな場合やダークトーンの場合は、アクセントカラーでスタイリングするのもオススメです。

  • 結婚式ドレスに合う髪型は?

    肩につく長さの場合はダウンスタイルは避け、アップスタイルやハーフアップに。華やかさは意識しつつも服装同様、花嫁より目立つ髪型は避けましょう。最近はカジュアルなスタイルも多いので、その場の雰囲気に合ったものであれば問題ありません。

RANKING

~結婚式ドレス・パーティードレスを人気順に探す~

2024/6/21更新

  • 結婚式ドレスランキングALL
  • フォーマルワンピースランキング
  • パンツドレスランキング

NEW ITEM

~結婚式ドレス・パーティードレスを新着順に探す~

2024/4/26更新

READ MORE