オフィスカジュアルの正解って何ですか?基本ルールやお手本コーデを紹介

更新日:2022/05/16

もう、通勤服・テレワーク服に悩まない。for a working woman. これからの季節も上品さを保つオフィスカジュアルの正解って?

オフィスカジュアルとは…

仕事をする際の服装のことで、ビジネスカジュアルとも呼ばれます。
基本的にはスーツからカジュアルダウンした服装のことを指します。
「カジュアル過ぎないきちんと感」がポイントとなります。

暑くなってくるこれからの季節、特に意識したいのが“清潔感”
夏のお悩みに対応した機能性アイテムを使うも良し、素材やカラーで演出するも良し、
ご自身に合ったこの夏のオフィススタイルを見つけてください。
定番~トレンドデザインまで幅広く取り揃えております。

正解1 汗・ニオイ・紫外線etc…
夏のお悩みに対応した「オフィス服」を備えておく。

オフィス服
office clothes for summer
せっかくの素敵なコーデが汗やニオイ問題で台なし…なんてことのないように、夏ならではのお悩みに対応したアイテムを上手に使いましょう。機能もデザインも兼ね揃えたアイテム、豊富です。

#ひんやり接触冷感
オフィスカジュアルに使える接触冷感ウエア

マナーを押さえた夏スタイル
オフィスカジュアルコーディネート

正解2 清潔を保ちたいから、汚れやすい夏服は
「自宅で洗える」を重視!

自宅で洗える
Washable
通勤や出張など、夏の外出は暑さ&汗との闘い。
働く女子にとって「自宅で手軽に洗える」アイテムはMUST HAVE。汚れやニオイが気になったら洗濯機でジャブジャブ洗って清潔に。クリーニング代も節約できて一石二鳥です。

洗えるジャケットを使った
オフィスカジュアルコーディネート

正解3 “冷房対策”は怠るなかれ。
デキる女は冷やさない。

冷房対策
Protect myself from Air conditioning
外は暑いし・・薄着通勤になってくる季節。でもオフィスなどの屋内で冷房にあたっていたらだんだん冷えてきた‥なんて人も多いはず。冷えは女性の大敵です!きちんと感も担保したい方はジャケットを。もう少しカジュアルでも良い方はカーディガンなどで対策を。

さっと羽織れるカーディガンを使った
オフィスカジュアルコーディネート

正解4 何げに「季節感」
取り入れやすいのが仕上げの小物。

季節感
Shoes & Bags etc
通勤スタイルの中でも個性を出しやすい小物類。スニーカーを含めたフラットシューズスタイルは増えてきた印象ですが、サンダルはまだまだハードルは高めのところも多いはず。夏らしい色のヒールで遊んだり、明るい色のバッグやカジュアルにリュックなんかもオススメです。

正解5 マンネリしてきたらnissenの
「オフィスカジュアルコーデ」
CHECKしてみるべし。

Coordinate
毎日のコーディネートを考えるのって本当に大変ですよね!
「気づけば毎日同じようなものを着ている」
「好感度のあるきちんと感を見失いつつある」という時は、
是非こちらのオフィスカジュアルコーディネートを
CHECKしてみてください。
何かのヒントになれば幸いです。

オフィスカジュアルコーデの一覧を見る

着衣シーン別のオフィスカジュアルコーデ

初めて出向く会社やシーン別で何を着るべきか迷わないためのアドバイス

新入社員向けオフィスカジュアル

新入社員向け
オフィスカジュアル

きちんと感がある装いなら、先輩たちにも好印象。羽織るだけでオン仕様になるテーラードジャケットは1着あれば便利です。トップスやボトムスを変えるだけで雰囲気を変えることができ、コーデの幅が広がります。

面接向けオフィスカジュアル

面接向け
オフィスカジュアル

清潔感ある上品コーデが高ポイント。やさしい印象を与えてくれるひざ丈スカートは面接での鉄板アイテムです。淡いトーンで統一すれば、フェミニンで親しみやすい印象に。

営業向けオフィスカジュアル

営業向け
オフィスカジュアル

たくさん歩く外回りはパンツスタイルで決まり。ワイドパンツならオフィススタイルに程よいトレンド感をプラスでき、大人ハンサムな装いが叶います。

プレゼン・会議向けオフィスカジュアル

プレゼン・会議向け
オフィスカジュアル

気合いたっぷり勝負の日。服装までかっちりしすぎると威圧感が出てしまうかも!?シンプルなトップス&フレアスカートの清潔感あるコーデなら、第一印象から好感触なはず♪

季節別のオフィスカジュアルコーデ

春夏秋冬、着回し力の高いベーシックアイテムをうまく着まわそう

春のオフィスカジュアル

春のオフィスカジュアル

優しげな淡いトーンが春にぴったり。年度が替わるフレッシュな時期はジャケットできちんと感をプラスして。

夏のオフィスカジュアル

夏のオフィスカジュアル

暑い季節は、爽やかさを感じさせる上品なブラウスがおすすめ。冷房や紫外線対策にマストのカーデは、鮮やかカラーで差し色に。

秋のオフィスカジュアル

秋のオフィスカジュアル

季節感をカラーから取り入れて、こなれ感アップ!きれいめニットでパンツスタイルにも女性らしさがプラスできます。

冬のオフィスカジュアル

冬のオフィスカジュアル

室内外で温度差がある冬は、脱ぎ着しやすいジャケットやカーデをアウターの下に忍ばせて。黒っぽくなりがちな冬コーデには明るめのインナーが◎。

もっと知りたい!オフィスカジュアルQ&A

オフィスカジュアルとは?

仕事をする際の服装のことで、ビジネスカジュアルとも呼ばれます。基本的にはスーツスタイルからカジュアルダウンした服装のことを指します。明確な基準はなく、企業によっても異なります。お勤め先の雰囲気を見て選ぶ必要があります。

オフィスカジュアルの基本的なルールやOKラインって?

オフィスカジュアルはスーツよりカジュアルにしてもOKですが、あくまでもビジネスの場にふさわしいコーディネートを目指しましょう。
キーワードは、「清潔感」と「きちんと感」。
お客様と接する時だけでなく、社内の人にも不快感を与えないよう会社の雰囲気やルールにあわせて服装を選ぶことが大切です。
とはいえ明確な基準はないので、会社によってはラフなアイテムがOKだったり、ジャケット着用が必須だったりと差があります。
その中でも、シワになりにくいシャツやブラウスは使いやすく、またホワイトやベージュなどのベーシックカラーを取り入れると好印象です。
華やかなカラーは差し色として取り入れると、ほどよいアクセントになってオシャレ感がアップします。
デザイン性の高いアイテムは小物類で遊ぶのがオススメです。
こうして、職場に馴染むオフィスカジュアルコーデを着こなしてください。

オフィスカジュアルのNGラインって?

「清潔感」や「きちんと感」を損なうコーディネートは避けましょう。
首元が大きく開いたトップスやシースルー素材などの透け感があるアイテム、過度に露出したような服は、相手が目のやり場に困ってしまいます。
肌は見えなくても体のラインが出過ぎる服もビジネスシーンではNG。逆に、ダボっとしたルーズすぎる服はだらしない印象を与えることに……。
これらのアイテムは、ジャケットなどのキレイめアイテムと合わせることできちんと感を演出できます。
他にも、スカートなら膝下丈がビジネスシーンにもっともふさわしく、アクセサリー類は主張がない小ぶりなものがおすすめです。
なお、ビビッドなカラーをメインとしたコーディネートは、オフィスでは派手すぎるため避けたほうがベターでしょう。色の取り入れ方も注意が必要です。

オフィスカジュアルで押さえておくと便利なアイテムは?

ジャケット」「シャツ・ブラウス」「テーパード(アンクル)パンツ」「ひざ丈ワンピース」「セットアップ」「パンプス」などはコーディネートに取り入れると比較的「きちんと感」が担保されます。
スニーカーやデニムなどのカジュアルなアイテムもきれいめアイテムを多く組み合わせることで「きちんと感」の演出が可能です。(会社の雰囲気を見て判断は必要です)

オフィスカジュアルでオススメの色使いは?

白・黒・紺・ベージュ・グレーなどのベーシックなカラーを基調とするのが無難です。ただ、全体的に暗い印象にならないように注意しましょう。トレンド性やシーズン性を感じる色を ポイント的に取り入れるのがオススメです。春ならパステル、秋なら少し深みのあるカラーを取り入れると少しこなれ感も出て好印象を与えます。

テレワークやリモート会議でもオフィスカジュアルを外さないコツは?

お家だとついつい動きやすい楽な格好で仕事をしてしまいがちですが、気持ちのメリハリをつけるためにも、朝の身支度は大切です。
リモート会議では画面に映るのは上半身のみ。そのため、顔映りがよい明るめの色や上品に見えるきれいめ素材のアイテムを選ぶことをおすすめします。
また、首周りに程よくゆとりがあるトップスだと、ネックレスをつけるだけできちんと感が生まれます。逆に下半身は見えないので、少々リラックスできるアイテムでも問題ありません。

オフィスカジュアルの季節ごとに抑えておくべきポイントは?

季節が変わっても、オフィスカジュアルの鉄則「清潔感」と「きちんと感」は変わりませんが、春・秋は、朝晩の気温差が大きい季節のため、ジャケットやカーディガン使いで温度調節を行うと良いでしょう。夏は露出を控えめにし、UV・汗・ニオイ対策などができる機能性アイテムがおすすめです。冬は防寒しつつも、色でメリハリを作ることで重くなりすぎないスマートなコーディネートが作れます。

オフィスカジュアルを選ぶコツは?

会社によってカジュアル寄りだったり、きちんと寄りだったりと度合いは異なりますが、ベースは以下をポイントに注意するとよいでしょう。
・ベーシックカラーでコーデをまとめる。 ・露出度が高い洋服やダボっとしたルーズなシルエットは避ける。 ・派手な色は選ばない。 ・きちんと感を演出できるジャケットやシャツ・ひざ丈スカート・テーパードパンツなどの鉄板アイテムを取り入れる。 そこから小物やワンポイントで華やかなカラーやデザインのものを取り入れると、こなれ感あるスタイルが叶います。

HOT CONTENTS

通勤服&オフィスカジュアルSHOP オフィスで好印象なコーデやおすすめアイテムをご紹介。20代・30代・40代のキャリア&OL向けファッションスタイル。
オフィスカジュアルの靴の選び方 靴選びを失敗しないために、パンプスのヒールの高さや色、サンダルやスニーカーを合わせる際の注意点、コーディネート事例をご紹介。
20代のオフィスカジュアル リアルな声からわかったキーワードはキレイ・清潔感
40代のオフィスカジュアル 通勤服のリアルと理想。落ち着き上品コーデできっちり&きれいめに
洋服・ヘアメイクも私に「似合う色」で 似合う色を使いこなすことで、若々しく洗練された印象に。洋服・コーデだけでなく、メイク・ヘアスタイルの参考にも!
骨格診断×パーソナルカラー診断(春夏) 骨格診断とパーソナルカラーを組み合わせることで、体型に合ったスタイリングを肌や髪の色とマッチした最強の素敵コーデに!
【オフィスカジュアルで挑む面接】好感度をあげるコーデとポイント 【ビジネスシーンもスキニーで】着回し力抜群のスキニーパンツでオフィスカジュアルコーデ 【冬のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、冬のオフィスカジュアルコーデ 【スーツでオフィスカジュアル】セットアップを使った着回し術 【オフィスカジュアル向けの髪型】ミディアム・ロング・ショート別簡単ヘアアレンジ 【通勤バッグ】オフィスカジュアルに似合う女性用プチプラ通勤バッグ。A4、軽量、多収納バッグも 【カラー診断:春/スプリングタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:夏/サマータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:秋/オータムタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:冬/ウィンタータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【気温10度の日のコーデ】11月後半~2月にかけて冬コーデを気温別に紹介 【イエローベース/イエベタイプ】の秋冬オフィスカジュアル・スーツコーデのご紹介 【ブルーベース/ブルベタイプ】の秋冬オフィスカジュアル・スーツコーデのご紹介 【パーソナルカラータイプ別×春コーデ】春/夏/秋/冬タイプ別に、今年の春にオススメのカラーを取り入れたコーデをご紹介 【ベージュコーデ】上品で女性らしさを演出するベージュ。タイプ別に似合うベージュコーデや配色をご紹介 【アースカラーコーデ】普段使いにもオフィスにもなじむアースカラーの着こなし方、色の組み合わせ方をご紹介 【気温15度の日のコーデ】春~初夏にかけて気温別の着こなしのコツをご紹介します。 【パーソナルカラータイプ別×夏コーデ】各タイプ別に似合うカラーで夏コーデをアップデートしましょう 【気温20~30度の日のコーデ】夏・晩夏のコーデ、真夏の暑さ対策コーデのポイントをご紹介 【コンサバスタイル】好感度バツグンで上品見えするオフィススタイルの定番コンサバ。最旬のコンサバスタイルをチェック 【パーソナルカラータイプ別×秋コーデ】自分にあったカラーで秋コーデをもっと楽しみましょう 【骨格診断×パーソナルカラー診断】\秋冬/12タイプ別の自分に合った最強コーデをチェック! 【パーソナルカラータイプ別×冬コーデ】自分にあったカラーで冬コーデをアップデート! 【春のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、春のオフィスカジュアルコーデ 【夏のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、夏のオフィスカジュアルコーデ 【セットアップをおしゃれに】スーツをもっと素敵に着こなしたい!オシャレな女性のスーツコーデテクニック 【スーツ×スニーカー】スーツにスニーカーでできる、大人カジュアルな通勤コーデ 【スーツ×コート】スーツにぴったりの季節別コートコーデ 【スーツは何着必要?】就活生や新入社員に最適な枚数・長いシーズン着られるスーツをご紹介 【営業女子のスーツスタイル】スタイリスト直伝、好感度アップのレディーススーツの着こなしを紹介