面接の服装はオフィスカジュアルかスーツで。女性の就職活動・転職・パート面接の服装

面接の服装はオフィスカジュアルかスーツで

女性の就職活動・転職
パート面接の服装

面接の服装と一口に言っても、面接を受ける状況よって適した服装は異なるため、何を着ていけばいいのか悩んでしまいますよね。
そこで今回は、面接時に着ていく服装のポイントを、女性の「就活やインターン面接の服装」「転職・中途採用・派遣の面接の服装」「オフィスのパート面接の服装」の3つのケースに分けてご紹介します。
それぞれの状況に合わせたぴったりな服装で好感度アップをはかり、採用をゲットしましょう♪

目次

1. 面接時の服装・髪型・身だしなみのポイント

まずは、面接で好印象を抱いてもらいやすい服装・髪型・身だしなみのポイントを押さえておきましょう。

まずは、きちんと感と清潔感

面接時の服装で大事なのは、「きちんと感」と「清潔感」。自分の体に合わないオーバーサイズや逆にぴったりして体のラインが出過ぎるもの、露出の多い服や派手な色や柄などはNGです。サイズの合うジャケットやシャツを選んで、お仕事感のある着こなしを心がけましょう。
色味はベーシックカラーがポイントです。白やベージュ、グレーなどの落ち着いたカラーを選ぶことで、シンプルで清潔感ある印象につながります。
また、しわだらけのものも清潔感がありません。サイズ・しわには気を付けるようにしましょう。

髪型もシンプルに

髪型は、顔や表情が分かりやすいように眉が出るヘアスタイルにしましょう。高度なヘアアレンジは好ましくありません。シンプルにまとめてスッキリとした髪型を心がけてみてください。顔の表情がしっかりでるように前髪やサイドの髪が顔を隠し過ぎないように気を付けましょう。

ネイルやアクセサリーは必要最低限に

ネイル好きな女性は多いものの、面接時には透明や薄いピンクなどナチュラルに仕上げることがおすすめ!
せっかくコーデを整えても、派手なネイルでは印象を台無しにしてしまうことも。面接時のネイルやアクセサリーは必要最低限にし、腕時計はシンプルなものを選びましょう。

カジュアルすぎるアイテムはNG

面接時に私服で来てくださいと言われても、しっかり素直にいつもの私服で挑んでしまうと大失態を招く羽目に。デニムやロゴTシャツ、スニーカーなどのカジュアルすぎるものは面接には向いていません。
また、ノースリーブや短めのスカートといった露出の高いものも控えるのがベストです。

2. 就活やインターン面接の服装

就職活動・説明会・インターンの面接や、新卒で入社した会社に「私服で来てください」「私服でもOKですよ」と指定されると、スーツ・リクルートスーツ以外に何を着ていいのか分からない…と戸惑ってしまいますよね。
服装の指定がなく、いつも通りの服装で来てくださいと言われた場合は私服でかまいませんが、普段着やラフ過ぎる服装は避けなければなりません。業種や職種にもよりますが、服装の指定がない場合はジャケットを羽織った「オフィスカジュアル」が最も無難です。オフィスカジュアルとは、スーツを少しだけカジュアルダウンした服装のこと。社会人として、仕事をするうえでの最低限の礼儀を守ることが大事です。

それでは、具体的にオフィスカジュアルコーデを作るときに心がけたいポイントを押さえておきましょう。

ジャケット・ブラウスできちんと感

オフィスカジュアルの基本はジャケットスタイル。スーツではなくジャケットを単品で使う場合は、襟の付いたテーラードジャケットが基本です。ブラウスはリクルートでは白無地の襟付きが定番ですが、オフィスカジュアルでは白以外で襟なしでもOK。また、必ずしもブラウスでなくても、ブラウスのように見えてきちんと感のあるカットソーなどでも問題ありません。

  • ボトムスは程よいハリ、サイズ感のものを

    ボトムスは落ち感やとろみ感の強いものよりも、程よいハリ感のあるものがきちんとして見えます。サイズはパンツならあまり幅の広すぎないもの、スカートならボリュームの出すぎないものがベター。オーバーサイズやビッグシルエット、長すぎる丈などは避け、自分に合ったサイズ感のものを選びましょう。

  • 色はベーシックカラーがベター

    オフィスカジュアルでは派手な色味や柄は避けて、ネイビーやグレー、ベージュなどのベーシックカラーを選びましょう。夏はベージュや白、ライトグレーなど明るめのカラーをベースにすると爽やかさがアップします。柄は細かなドット柄やシャドーチェック、シャドーストライプなど無地に見えるようなものであればOKです。

  • 上記ポイントを踏まえて、就活やインターン面接におすすめのオフィスカジュアルコーデをご紹介します。

    ライトグレーのテーラードジャケットと白のきれいめブラウスで、爽やかに仕上げた好感度アップコーデ。このように顔回りを明るい色でまとめると、女性らしくソフトで穏やかな印象を与えます。ボトムスは黒のテーパードパンツを合わせると、シャープさも加わってキリっと引き締まりますよ。

  • ブラウス
  • パンツ
  • リクルートスーツの定番カラーは黒・ネイビー・グレーの3色ですが、ここ数年は黒の人気が続いているので、黒のテーラードジャケットをもっているという人は多いと思います。リクルートスーツの黒のジャケットを生かしたオフィスカジュアルなら、インナーは明るめがベター。ボトムスはパンツならテーパードパンツよりもワイドパンツの方が、カジュアル度が高めになりこなれ感がでます。

  • 企業が「私服で来てください」と指定する理由のひとつに、普段の雰囲気を見たいという意図があります。なるべく堅苦しくない女性らしい服装にしたい方は、ジャケットとスカートの組み合わせもおすすめです。その場合もジャケットは落ち着いた色味、スカートはひざ下など面接服装の基本はしっかり守りましょう。

  • 企業が自由な社風をアピールしたいために、面接で服装の指定をしない場合もあります。社員の多くがラフな服装で働いているような企業なら、少しだけトレンド要素を入れたカジュアルスーツもおすすめです。ビジネススーツほどかっちりしすぎず、社風に合わせた服装は面接時の印象をアップさせます。

  • リクルートスーツのネイビーのジャケットを生かす場合も、インナーは明るめのカラーをチョイスしましょう。ボトムスはスカートなら、タイトスカートがきちんとした印象を与えます。親しみやすい上品なイメージを出したい方はフレアスカートがおすすめ。自分の雰囲気に合ったコーデや、アピールしたいイメージに合わせてチョイスしましょう。

  • スカート
  • トップス
  • フレアスカートとジャケットの組み合わせは、このようにソフトな印象になります。ジャケットスタイルでも、なるべく堅苦しさを抑えたいという方は、ジャケットを明るめのカラーにして軽やかに仕上げましょう。

  • スカート
  • 同素材で作られ、上下別々に単品で購入できるカセット服は、オフィスカジュアルの代表ともいえる最優秀アイテム。同じ素材で作られているので、上下の色を変えてもしっくりまとまり、カジュアル過ぎないきちんと感が演出できます。ネイビーとオフホワイトの組み合わせは聡明さや清潔感が表現でき、どんな業種や職種の面接にもおすすめです。

  • パンツ
  • ジャケット
  • ジャケットにタイトスカートも王道のオフィスカジュアルコーデ。リクルートスーツではないので、中のインナーはシャツではなくブラウスやきれい見えするカットソーをセレクトしてください。

  • ジャケットは堅苦しい、重すぎるのならば、衿付きのシャツできちんと感・清潔感をだしましょう。細身のパンツをあわせればできる女感も演出できます。

    ただし、シャツで注意が必要なのは「しわ」 しわがあるとだらしない印象を持たれてしまいます。面接・面談がある際は、アイロンがけを忘れないように!

  • 3. 転職・中途採用・派遣の面接の服装

    新卒生が就職活動で着用するリクルートスーツは、転職や中途採用の面接にはおすすめしません。同じように黒の上下はリクルートのイメージが強いうえ、大人が着ると重くて暗い印象になりがち。社会人は、グレー・ネイビー・ベージュなどのベーシックカラーの上下揃いのスーツが無難です。
    20代前半で転職を志す第二新卒者の方は明るい色をチョイスすると、快活で爽やかな印象を与えられます。

    グレーのスカートスーツは清潔感があり、着るだけできちんとした印象を与えられる面接服の王道です。面接は襟付きのジャケットを着用するのが基本ですが、上下揃いのスーツであればノーカラージャケットでも問題ありません。リクルート見えしないこなれ感のあるノーカラージャケットには、インナーに白を合わせてもOKですが、色物やボウタイブラウスなどとも好相性です。

  • 応募先がスーツマストの業種なら、転職後を見据えてジャケット×2スカートの3点セットスーツを新調するのもおすすめ。汗ばむ季節の面接ならこまめに洗い換えできて便利ですし、ボトムスに換えがあるとバリバリ働き出してからも何かと重宝します。また、夏は面接会場までジャケットを腕にかけて持ち歩くこともあると思いますが、どんなに気をつけていても、しわがついてしまったりしますよね。いつでもパリっと快活に見えるように、防しわ性に優れたものを選びましょう。

  • こちらはジャケット×2パンツの3点セットスーツ。面接でイスに座ったときの丈感などをスカートスーツほど気にしなくてすむのが、パンツスタイルのいいところ。パンツスーツならひざ下のストッキングでOKなので、ストッキングが苦手な方にもおすすめです。知的な雰囲気が漂うグレーのパンツスーツには、アイスグレーのインナーを合わせるとグッと冴えた印象になります。

  • リクルートスーツは1年中使えるオールシーズン用を持っている方が多いと思いますが、転職や中途採用の面接では季節に合ったスーツがおすすめです。特に夏は、汗をかいても清潔感を保てる、汗脇パッドや吸汗速乾&接触冷感機能などが付いた夏用スーツが好印象です。あか抜けた印象のスモーキーブルーに白のインナーとヌーディーなパンプスを合わせて、爽やかさをアピールしましょう。ベーシックなテーラードジャケットとフレアスカートのスーツはそれぞれ単品使いもしやすく、転職してからの夏も快適に乗り切れますよ。

  • 面接時しかスーツを使わない、という職場もあります。面接だけのためにスーツを新調するなら、オフィスコーデで使いやすいスーツをセレクトしましょう。テーパードパンツやフレアスカートだと単品のオフィスコーデアイテムとして使いやすいです。
    グレーとベージュのいいとこどりをしたグレージュのスーツは、知的で上品な印象を与えます。レフ版効果で顔を明るく見せ、面接官にハツラツとした雰囲気をアピールする効果も。

  • スカート
  • ジャケット
  • 4. オフィスのパート面接の服装は、シャツなどできちんと感を

    お仕事復帰を目指すママや主婦のパート面接の場合、服装は職場の雰囲気に合わせたものを選ぶのが無難です。パート先がオフィスの事務職やデスクワークなら、スーツを着用しましょう。ラフな職場であれば、必ずしもスーツを着る必要はありませんが、襟付きのシャツや装飾の少ないシンプルなブラウス、きれいめのカーディガンなどできちんとした印象や清潔感を出すことが大事です。下はスカートでもパンツでもかまいませんが、座ったときにひざが隠れる丈の無地のフレアスカートや、ベーシックカラーのテーパードパンツなどがおすすめです。

    オフィスの事務職のパートの場合、仕事に就いてからのことも考えて通勤服に使いやすいスーツを選びましょう。上下別売のセットアップ対応のテーラードジャケ面接時は白無地のインナーを合わせてビシッと決め、入社後は色物や柄物のトップスをインしたり、手持ちのボトムスを合わせたりしてカジュアルダウンしていきましょう。
    ジャケットとフレアスカートなら、それぞれ単品でも着回しが効いてオフィスカジュアルに使いやすいです。

  • スーツは面接のときにしか使いそうもないという場合は、ハリ感のあるテーパードパンツを選ぶとよいでしょう。爽やかな印象を与えるホワイトのノーカラージャケットを着るなら、インナーはグレーやブラックにし、ボトムスと色味を合わせるのがおすすめです。ベーシックカラーのテーパードパンツなら、入社後は、さらにカジュアルに着まわすことができるので、通勤時に大活躍してくれますよ。

  • スーツを着用しない場合は、ジャケットスタイルが無難です。ノーカラージャケットなら顔回りがすっきりして好印象。カチッと感が出やすいネイビーのジャケットなら、どんなインナーやパンツともあわせやすく、汎用性も抜群です。リクルート感や重たい印象にならないように、あえてパンツはライトグレーのワイドパンツを選ぶのがポイント。大人っぽい仕上がりに。

  • ジャケットなしのスタイルなら、きちんと見えて華やかさもあるボウタイブラウスがおすすめ。リクルートスーツのインナーに着る白無地のシャツのような幼さが出ないので、仕事復帰を目指す大人女性にぴったり。上が華やかなぶん、下は黒のクロップドパンツやタイトスカートを合わせてキリっと引き締めましょう。

    寒い季節のパート面接なら、ニットカーディガンを羽織ったスタイルがおすすめです。ネイビーのカーディガンならジャケットほど堅苦しくなく、白のブラウスをインするだけできちんとした印象を与えることができます。着丈はヒップラインよりやや上のショート丈がすっきり見えて◎。ボトムスにワイドパンツを合わせる場合は、幅が太すぎないものをチョイスしましょう。

  • パンツ
  • ダークカラーのカーディガンとボウタイブラウスも、きちんと感が出る組み合わせです。どちらもそのまま通勤服やお仕事服として使え、採用が決まった後も着回せます。特にきれいめ素材のボウタイブラウスは、入学式・卒業式などのフォーマルスーツにもぴったりはまり、一枚あると重宝間違いなしです。

  • ブラウス
  • パンツ
  • 衿付きのシャツはジャケットがなくてもきちんと感がでるので、カジュアルな職場の面接におすすめです。Tシャツだとカジュアルになり過ぎるので、シャツやブラウスといったトップスの方が清潔感やきちんと感が出ます。ボタンを一番上までしっかり締める必要はありませんが、開け過ぎないようにしましょう。

  • 5. 面接当日のオフィスカジュアルコーデの最終チェック

    面接当日の身だしなみは下記の項目が満たされているかセルフチェックしましょう。

    • 髪型眉やおでこが見えて、シンプルにまとまっているか
    • ジャケット
      カーデ
      ジャケット:黒・紺・ベージュなどの落ち着いた色味でシンプルなもの
      カーデ:白・ベージュ・グレーなど落ち着いたカラー
    • トップス白やパステルカラーなどの顔や表情が明るくみえるアイテムか
    • ボトムススカートは座って膝が見えない丈でストッキングをはいているか
      パンツはシンプルなデザインか
    • パンプス黒・紺・ベージュなどの落ち着いた色味で3~5cmのヒールか
      ※ローパンプスはカジュアルすぎるのでNG
    • バッグレザー素材で、A4サイズの書類が入るサイズか
    • 腕時計シンプルで目立たないタイプか

    6. まとめ

    面接の服装と聞くとリクルートスーツを思い浮かべがちですが、社会人には社会人に適したコーディネートがあります。堅苦しく考え過ぎる必要はなく、最低限のマナーを守っていれば悪い印象を持たれることはありません。身構えずリラックスして面接にも挑みましょう。今回ご紹介したポイントを押さえて、自分らしさがアピールできるコーデを楽しんでください。

    公開日 : 2020.10.5

    更新日 : 2023.7.25

    レディーススーツ一覧

    ジャケット一覧

    シャツ・ブラウス一覧

    テーパードパンツ一覧

    スカート一覧

    RANKINGランキング

    COORDINATEコーディネイト

    NEW ARRIVALS新着商品

    HOT CONTENTS

    オフィスカジュアルの正解って? オフィスカジュアルは「カジュアル過ぎないきちんと感」が大切。トレンドを程よく取り入れ、仕事もおしゃれも楽しむオフィススタイルをご提案。
    やぼったいスーツスタイルから進化するコツ 【20代のオフィスカジュアル】リアルな声からわかったキーワードはキレイ・清潔感 【40代のオフィスカジュアル】のリアルと理想。落ち着き上品コーデできっちり&きれいめに 【オフィスカジュアルで挑む面接】好感度をあげるコーデとポイント 【ビジネスシーンもスキニーで】着回し力抜群のスキニーパンツでオフィスカジュアルコーデ 【冬のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、冬のオフィスカジュアルコーデ 【スーツでオフィスカジュアル】セットアップを使った着回し術 【オフィスカジュアル向けの髪型】ミディアム・ロング・ショート別簡単ヘアアレンジ 【通勤バッグ】オフィスカジュアルに似合う女性用プチプラ通勤バッグ。A4、軽量、多収納バッグも 【パーソナルカラー診断】似合う色を使いこなして洗練された印象に。コーデ・メイク・ヘアスタイルも診断 【カラー診断:春/スプリングタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:夏/サマータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:秋/オータムタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:冬/ウィンタータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【気温10度の日のコーデ】11月後半~2月にかけて冬コーデを気温別に紹介 【ベージュコーデ】上品で女性らしさを演出するベージュ。タイプ別に似合うベージュコーデや配色をご紹介 【アースカラーコーデ】普段使いにもオフィスにもなじむアースカラーの着こなし方、色の組み合わせ方をご紹介 【気温15度の日のコーデ】春~初夏にかけて気温別の着こなしのコツをご紹介します。 【気温20~30度の日のコーデ】夏・晩夏のコーデ、真夏の暑さ対策コーデのポイントをご紹介 【コンサバスタイル】好感度バツグンで上品見えするオフィススタイルの定番コンサバ。最旬のコンサバスタイルをチェック 【春のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、春のオフィスカジュアルコーデ 【夏のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、夏のオフィスカジュアルコーデ 【秋のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、秋のオフィスカジュアルコーデ 【セットアップをおしゃれに】スーツをもっと素敵に着こなしたい!オシャレな女性のスーツコーデテクニック 【スーツ×スニーカー】スーツにスニーカーでできる、大人カジュアルな通勤コーデ 【スーツ×コート】スーツにぴったりの季節別コートコーデ 【スーツは何着必要?】就活生や新入社員に最適な枚数・長いシーズン着られるスーツをご紹介 【営業女子のスーツスタイル】スタイリスト直伝、好感度アップのレディーススーツの着こなしを紹介 【白シャツコーデ】1枚でも羽織にも大活躍の白シャツは間違えると古い印象に。白シャツを素敵に着こなすコツをご紹介 【レイヤードスタイル】こなれ感を演出できるレイヤード・重ね着スタイル。今年のおすすめレイヤードスタイルをご紹介 【くすみカラー(ニュアンスカラー)】で落ち着いた大人っぽく洗練されたコーデを作るコツを紹介します 【パンツスタイル】マンネリ化やカジュアル過ぎて手抜き感が出てしまわないための、最旬のパンツスタイルのコツご紹介 【オーバーサイズコーデ】流行りのビッグシルエットアイテムを気太りやだらしなく見せないための着こなし方をご紹介 【マニッシュコーデ】メンズライクなのに女性らしさを引き立たせるマニッシュコーデ。コーデ作りのポイントをご紹介します 【ロンTコーデ】ベーシックだからこそおしゃれに着こなすのが難しいロンTコーデのコツをご紹介 【顔タイプ診断の診断内容を解説】どのように顔タイプを分けていったのかを解説します 【顔タイプ診断】自分のお顔のタイプで似合う洋服のテイスト・髪型がわかります!さっそく診断してみて! 【チェックパンツコーデ】オフィスでもカジュアルでもチェックパンツは大活躍!チェックパンツの着こなしをご紹介 【トレンチコートコーデ】春・秋・冬とロングシーズン着こなせるトンレンチコートの着こなし方をご紹介 【カーディガンコーデ】コーデの主役にも引き立役にもなるカーディガンを使ったコーディネートをご紹介 【ジャケットコーデ】トラッド系・きれいめなど、羽織るだけでコーデを引き締めてくれるジャケットを使ったコーディネートをご紹介 【シャツコーデ】トレンドを押さえた大人女子におすすめのシャツコーデを、色柄や素材別にご紹介 【足が細く見えるパンツ】体型カバーが叶う着痩せコーデをご紹介します。スタイルアップを狙いたい方はぜひチェック! 【ジレコーデ】目にする機会が増えたトレンドアイテムのジレの魅力やおしゃれな着こなし術を徹底解説します。 【骨格診断】骨格タイプで似合うファッションスタイルや素材・髪型などがわかります!今すぐチェック 【ワイドパンツコーデ】カジュアル見えしがちなワイドパンツコーデのOK・NGポイント、きれい見えポイントをご紹介します 【ロングスカートコーデ】体型カバーもできるけれど間違えるとダサ見え・太って見えるロングスカート。きれい見えポイントを伝授します。 【Tシャツコーデ】大人女子のためのTシャツコーデ。夏に大活躍のTシャツをきれいめにこなれ感ある着こなしにするコツご紹介します 【40代のカジュアルファッション】40代のカジュアルファッションを垢抜けさせるポイントをご紹介 【30代ファッション】似合う服装も変化してきた30代におすすめしたいプチプラできれいめなコーデをご紹介します。 【40・50代の夏コーデ】大人女子におすすめな体型カバー&トレンドを押さえた夏コーデをご紹介します 【白パンツコーデ】合わせるアイテムによってはぼやけたこーでになる白パンツを素敵に着こなすコツをご紹介します 【ジャンパースカートコーデ】大人こそ極めてほしい体型カバーにもよいジャンパースカートコーデ 【大人ワンピース】大人世代がワンピースを素敵に着こなすヒントを体型別・色別・季節別にご紹介します。 【秋冬コーデ】今季真似したい大人女子向けの秋冬コーデをご紹介します。