ビジネスシーンもスキニーで!仕事用スキニーパンツでオフィスカジュアルコーデ

ビジネスシーンもスキニーで!

仕事用スキニーパンツで
オフィスカジュアルコーデ

スキニーパンツはシンプルでスタイルアップが叶う優秀なアイテム。
カラーや素材感を意識すれば、スキニーパンツこそオフィスカジュアルの強い味方に。シンプルなのでトップスや小物、カラー次第でイメージも変わり着回し力も抜群です!
ポイントを押さえ、オフィスカジュアルの相棒にしてみてはいかがでしょうか。

今回はオフィスカジュアルで使えるスキニーの選び方と、スリムパンツを含むスキニーを軸としたオフィスカジュアルコーデをご紹介します!

目次

1. オフィスで履くスキニー!選ぶ際のポイント

日頃から愛用しているスキニーパンツをオフィスで履きたい場合、カジュアルになり過ぎないように注意しましょう。スキニーパンツは素材や色によって雰囲気が大きく変わります。ポイントとしては次の2つです。

・雰囲気に合わせた素材
・ベーシックなカラー

①.演出したい雰囲気に合わせて素材を変える
スキニーパンツをオフィスカジュアルとして取り入れる際に重要なのが「素材」です。

化繊素材のスキニーパンツはオフィス感を演出

化学繊維であるレーヨンやポリエステル素材の場合は、パンツスーツに近い雰囲気になります。
綿混素材のパンツとの大きな違いは、表面感。化繊は表面に光沢感やツルツル感があるので、よりきちんと感を演出でき、オフィスカジュアルにもおすすめです。

綿混素材のスキニーパンツは合わせ次第で雰囲気を自由自在に

綿素材でできた定番のスキニーパンツは、ON/OFF様々なシーンで使えます。合わせ方次第でどんな雰囲気も作り出すことができる万能タイプのスキニーといえるでしょう。

ジャケットを合わせるとオフィス感は上がるし、ブラウスでもカットソーでもトップスを選ばないとことも優秀です。
オフィスで使用するなら、黒・ネイビーなどダークな色味がベター。

やはり一番人気なのは「黒」。定番の黒スキニーは、綿素材・化繊素材どちらも1本は押さえておきたいアイテムです。

②.オフィスカジュアル向きのスキニーの定番カラーは黒、ネイビー、グレー、白の4色
もう1点、オフィスカジュアルに仕上がるスキニーのポイントは「色味」です。

黒やネイビー、グレー、白といった落ち着いたベーシックカラーがオフィスカジュアルに向いています。
ネイビーはしっかりとオフィス感を演出でき、黒やグレーはどんなトップスとも合うのでおすすめです。夏なら白も爽やかになります。

2. ビジネスシーンでのスキニーコーデのNGポイント

ビジネスシーンでは、清潔感・きちんと感が周りから好印象を持たれます。
カジュアル過ぎるコーデにならないように注意が必要です。

オフィスカジュアルでのスキニーパンツNGコーデ例

オーバーサイズのトップスとスキニーを合わすコーデがスキニーの定番ですが、ルーズ過ぎるトップスはカジュアルな印象を与えてしまうまため、控えたほうが無難です。
また、派手色のカラースキニーパンツもビジネスシーンでは避けたほうがよいでしょう。

3. 黒スキニーパンツで作る!万能オフィスカジュアルコーデ

それでは、スキニーを軸としたオフィスカジュアルコーデをご紹介します。

シンプルなスリムパンツは、ペプラムラインのトップスだときれい見えが抜群です。スキニーほどピタピタし過ぎず、ストレートやテーパードよりも細身の縦ラインを強調しいいとこどり。シンプルはシャツでももちろん合いますが、ペプラムラインだと上品で女性らいいオフィスコーデになります。

  • アンクル丈のスリムパンツはよりすっきり感を出してくれます。トッパーカーディガンを合わせとIラインも強調。アンクル丈なのでロングカーディガンよりバランスが取れます。足長効果をさらに出すにはヌードカラーのヒールがすっきりして細見え効果も高まるのでお勧めです。

  • トップス
  • 黒スキニーは、ボリューム感のあるトップスをスッキリ着こなしたいときにもおすすめ。特に着丈長めのボリュームトップスは、合わせ次第では着膨れして見えかねませんが、黒スキニーでつなげば下半身がきゅっと引き締まって見えます。上半身との対比で、脚の細さが強調されるのもうれしいですね。

  • トップス
  • パンツ
  • 一番使いやすい黒スキニーパンツとシンプル白Tシャツはオフィスにもぴったり。Vネックラインだとよりシャープにかっこよく着こなせます。細身のベルトをしてもコーデが引き締まります。

  • 今顔のぽわん袖のカットソーと黒スキニーの組み合わせ。黒スキニーの優秀なところはコーデの引き締め役になり、メリハリの効いた着こなしを叶えてくれること。デザイン性のあるトップスとのコンビでは、黒スキニーがトップスを引き立てて着映え効果が抜群です。

  • パンツ
  • 黒が苦手な方はネイビーのスキニーパンツをセレクトして。黒やネイビーのスキニーだとスニーカーをあわせてもオフィス仕様に。カジュアル過ぎないように、Tシャツではなくブラウスをチョイスしてバランスを取りましょう。

    生地に光沢があり、オフィス感を演出できるポリエステル95%のスリムパンツ。太ももやひざ周りにほどよいゆとりがあり脚のラインを拾わないので、黒スキニーに抵抗がある方にもおすすめです。今年らしいノーカラーのロングジレをプラスするだけでコーデが一気にあか抜け。ヒップラインもしっかりカバーできちゃいます。

  • パンツ
  • ロングカーデをプラスした黒スキニーパンツのオフィスコーデ。ロングカーディンガンはスキニースタイルの強い味方!体型カバーしたい方はぜひ活用しましょう。自信がない方はコーデで横のラインを切ってしまいIラインを作りましょう。全体の色味をおさえ、ベルトをプラスすることで大人感あるスキニーコーデになります。

  • カーディガン
  • パンツ
  • 4. 黒スキニー×ジャケットのスキニーパンツスーツコーデ

    主張しすぎず、コーデの名わき役になってくれる黒スキニー。ジャケットを羽織るだけで、きちんと感のあるオフィスカジュアルが完成します。

    細みのストレートパンツのスーツはビジネス感満載。膨張色でもあるライトカラーでスタイルの良さを強調するのもありです。スーツやジャケットにはピタピタ感が増すとカジュアルダウンしてしまうので、少しタックのあるものなど程よいスリム感がビジネスにはちょうど良いラインです。

  • 黒スキニーは引き締め効果が高いので、明るい色のジャケットがよく映えます。ライトグレーのテーラードジャケットを羽織ったオフィスカジュアルコーデは、顔映りもよく軽やか。胸元のタックが女性らしい白のブラウスをインして、きれいめに仕上げましょう。

  • トップス
  • パンツ
  • 黒スキニーに涼し気なリネンライクのサマージャケットを合わせたオフィスカジュアルコーデ。黒スキニーは、営業職などで夏でもジャケットが手放せないという方にもおすすめ。センターシームの入ったタイプなら、きっちり感が演出できてジャケットと好相性です。

  • 5. 白スキニーパンツ、グレースキニーパンツで優し気オフィスコーデ

    白スキニーパンツはどんなカラーも受け止めて、きれいめな印象を与えてくれるアイテム。グレースキニーは合わせ次第でイメージがガラリと変わり、幅広いコーデが楽しめるのが魅力です。

    グレー系のデニムスキニーパンツに、袖コンシャスな黒のブラウスを合わせたオフィスカジュアルコーデ。ブラック寄りのスキニーにブラックのトップスを合わせることで、モードな雰囲気に仕上げています。進化系白シャツが当たり年の今年は、進化系黒シャツも豊作。あえて黒をチョイスして、周りと差をつけるのもおすすめですよ。

  • パンツ
  • 長めの後着丈でヒップラインが隠れるスキッパーシャツは、スキニーで美脚見せを叶えつつ体型もしっかりカバーしたいという方にぴったり。こちらはサイドタックが入った立体的なシルエットなので、スキニーと合わせると下半身の細さが強調されてスタイルアップ効果が抜群。シャープな雰囲気の黒シャツに、無地ではなくチェック柄のグレースキニーを合わせて、華やかさと優しさをプラスした夏のオフィスカジュアルです。

  • パンツ
  • トップス
  • グレンチェックのスキニーパンツも女性らしいコーディネートに最適です。甘すぎない絶妙なバランスを保ってくれるのがグレンチェック。フェミニン派には特におすすめの柄になります。

  • グレーのスリムパンツに黒のブラウスをあわせてクールなオフィスカジュアルコーデに。オフィスなので全身黒というわけにはいきません。ライトグレーで白よりコントラストが優しくまとまります。アンクル丈で足首が見えると美脚効果があり、スッキリとしたコーデに仕上がります。

  • オールホワイトの爽やかなコーディネート。ポイントは、アンクル丈のスリムパンツですっきり感を出しつつ、カットソーにシアーシャツをプラスした異素材ミックスにしているところです。同じ白でも素材感を変えることでメリハリが生まれますので、同色コーデをするときは素材感をMIXするようにしましょう。

    スキニーとテーパードパンツのいいところどりをした、ゆるフィットスキニーパンツ。オフホワイトなので真っ白なパンツが苦手な方にもおすすめです。どんなカラーも引き立ててくれる白スキニーですが、ライトグレーのカーディガンだと夏らしく爽やで涼しげなコーディネートに。パンプスも白でつなげば、透明感もグンとアップします。

  • カーディガン
  • パンツ
  • オフホワイトのスキニーと黒のブラウスのモノトーンコーデ。白スキニーに黒のトップスを合わせるときは、甘めのデザインをチョイスすると、かっちりしすぎずレディライクなオフィスカジュアルに仕上がります。こちらの黒ブラウスはお尻周りが隠れるバックスタイルだから、ボディラインがくっきりした白スキニーで脚長に見せつつ、気になる部分はしっかりカバーできますよ。

  • トップス
  • パンツ
  • オフホワイトのスキニーは、きっちり感が出るためオフィスカジュアルに最適です。トップスはあえてインすることでこなれ感を演出できます。ジャケットは差し色でベージュを選択し、できる大人の雰囲気を演出したオフィスカジュアルコーデに仕上がります。

    6. 落ち着いた色味のカラースキニーでオフィスカジュアルコーデ

    スキニーは黒、白、グレー以外にもカラーが豊富。彩度の高いビビットなカラー以外なら、オフィスカジュアルに取り入れて問題ありません。スキニーならではのカラーバリエーションを味方につけて、日々のコーデの幅を広げましょう。

    爽やかなライトブルーのスキニーパンツに白ブラウスをコーディネートしたオフィスコーデ。ライトカラーなので黒のサンダルをあわせると引き締まり効果が。スリムパンツにはオーバーサイズのシャツがピッタリ。シャツも袖をまくってしっかり手首を見せ、こなれ感を出して下さい。

  • パンツ
  • 可愛らしい薄いピンクのスリムパンツ。やわらかい印象になるように白のゆったりラインのトップスをあわせて。シャツやブラウスよりもニットやカットソー素材の方がカジュアルな印象になりますが、シンプルなデザインでネックラインも詰まったものだとカジュアル過ぎずオフィスコーデにも合いますよ。

  • パンツ
  • トップス
  • ベージュパンツはルーズシルエットやボリューム感のあるものだとカジュアル感が強くなりますが、スキニーなら合わせ方次第できれいめに着こなせます。白トップスにラベンダーカラーのカーディガンを合わせるだけで、きちんと感のあるオフィスライクなコーデに。

  • サックスブルーのような明るいカラーのスキニーをオフィスカジュアルに取り入れるなら、落ち着いたカラーのトップスと合わせるか、きれいめのトップスと合わせるのがベター。写真のようにTシャツとの組み合わせなら、カジュアルになりすぎないようにジャケットを羽織るとGOODです。

  • 7. クロップド丈のスキニーで華奢見えオフィスカジュアル

    ふくらはぎ下~くるぶし上で短めにカットされたクロップド丈のスキニーも、脚長・華奢見え効果があります。細い足首に視線を集めて女性らしさが演出でき、全体のシルエットが上品に見えるのでオフィスカジュアルに取り入れやすいアイテムです。

    ふくらはぎ下でカットされた短め丈のスリムパンツは、コーデに軽さを出したいときにおすすめ。ダークブラウンのような暗めの色のパンツも軽やかに着こなせます。トップスは前だけインが正解。オールアウトする場合は、短め丈のトップスを合わせるとバランスが整いやすいです。

  • ベーシックな黒のスキニーもクロプト丈にするだけで雰囲気がぐっと変わります。トレンドのポコポコ素材トップスを合わせるとすっきりした下半身と存在感のあるトップスでメリハリコーデの完成。クロプトパンツのコーデはシンプルになりやすい分、トップスに主張あるものを持ってくるとコーデがさみしくなりません。

    8. ジーンズ・デニムスキニーのオフィスカジュアル

    最後に、ビジネスシーンでは難しいデニムスキニーを使った、オフィスカジュアルコーデを紹介します。
    デニム・ジーンズ素材はNGの職場が多いですが、自由な職場やカジュアルデーのみOKのところも。ですが、やはりビジネスシーンなので、好印象を持たれるように最低限のマナーを押さえましょう。

    ジーンズ選びのポイントは、ネイビーに限りなく近いデニム・ジーンズ。
    ネイビーはオフィス感を高めるカラーなので、ジーンズ素材でもオフィスカジュアルコーデとして活躍します。また、ブラウスやジャケットを合わせるときっちり感が出るのでおすすめです。
    ただし、加工されたデニムは、濃いネイビーでもNGです。カジュアル感が強く出てしまい、オフィスには不向きなスタイルになってしまいます。清潔感のあるオフィスカジュアルには、シンプルさが重要となるので注意しましょう。

    コーデのアイテムも重要です。ジャケットを合わせる、パンプスを合わせるなど、スキニー以外のアイテムできちんと感を演出するのもポイントです。

    優しげなピンクに濃いブルーのデニムスキニーをコーディネート。ドルマンシルエットのニットはデニムスキニーと好相性です。デニムはカジュアルなアイテムに分類されますが、洗い加工の無い濃い色目にトップスにきれいめなアイテムを合わせることでオフィスコーデとしても活用できます。パンプスなどきれいめなアイテムをあわせることもお忘れなく。

  • トップス
  • パンツ
  • ネイビーのデニムスキニーに、ストライプ柄のシフォントップスを合わせたオフィスカジュアルコーデ。とろみ感や落ち感のあるシフォン素材は、デニムのカジュアルさを抑えてオフィス感を高めてくれます。夏はパンプスの代わりに、ヒールのあるサンダルでもOKです。

  • ネイビーでなくても、きれいめのブラウスを合わせることでカジュアル度を下げることができます。程よい透け感が今年らしいたっぷりしたフリル袖のブラウスは、黒をチョイスして仕事向きに甘さを引き算。こちらのパンツは幅広ウエストで腰位置が高見えするので、トップスインしてしっかり脚長効果も狙っちゃいましょう。

  • デニムスキニーとTシャツで、普段着でも使えるシンプルで動きやすい装いに。上にグレーのジャケットを羽織るだけできっちり感を演出しています。小物やTシャツはシンプルなものにし、足元はオフィス定番のヒールがおすすめです。

    デニムスキニーの上に、こなれ感のあるたっぷり身幅のシャツをさらっと着こなしたスタイル。モスグリーンもネイビーも青の仲間なので、統一感が出て上品にまとまります。黒バックやパンプスできちんと感を演出すれば、オフィスにぴったりなコーデのできあがりです。

  • トップス
  • パンツ
  • 濃いめのデニムスキニーに、きれいめのブラウスを合わせたコーデ。スニーカーやバレエシューズなどではなく、ベージュのパンプス、ゴールドのシンプルイヤリングを合わせることでオフィス仕様のきれいめにまとめています。コーデ全体の色味をおさえるのがすっきり見せることがポイントです。

  • ネイビーのデニムスキニーと、ふんわりブラウジングしたように見えるきれいめブラウスの組み合わせ。着映えする胸元のゴールドパーツが、アクセなしでもオフィス感を高めてくれます。ネイビーにはきれいな色が映えるので、オフィスカジュアルを華やかに格上げしてくれますよ。

  • トップス
  • パンツ
  • 9. まとめ

    動きやすくスタイリッシュなスキニーパンツはスタイルアップも叶えてくれます。シンプルなものでポイントを押さえたらオフィスカジュアルにはもってこいのアイテムです。

    ぜひ、オフィスカジュアルの場面でスキニーパンツを取り入れてみてくださいね。

    公開日 : 2020.10.8

    更新日 : 2023.7.27

    スキニー・スリムパンツ一覧

    シャツ・ブラウス一覧

    ジャケット一覧

    カーディガン一覧

    RANKINGランキング

    COORDINATEコーディネイト

    NEW ARRIVALS新着商品

    HOT CONTENTS

    オフィスカジュアルの正解って? オフィスカジュアルは「カジュアル過ぎないきちんと感」が大切。トレンドを程よく取り入れ、仕事もおしゃれも楽しむオフィススタイルをご提案。
    やぼったいスーツスタイルから進化するコツ 【20代のオフィスカジュアル】リアルな声からわかったキーワードはキレイ・清潔感 【40代のオフィスカジュアル】のリアルと理想。落ち着き上品コーデできっちり&きれいめに 【オフィスカジュアルで挑む面接】好感度をあげるコーデとポイント 【ビジネスシーンもスキニーで】着回し力抜群のスキニーパンツでオフィスカジュアルコーデ 【冬のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、冬のオフィスカジュアルコーデ 【スーツでオフィスカジュアル】セットアップを使った着回し術 【オフィスカジュアル向けの髪型】ミディアム・ロング・ショート別簡単ヘアアレンジ 【通勤バッグ】オフィスカジュアルに似合う女性用プチプラ通勤バッグ。A4、軽量、多収納バッグも 【パーソナルカラー診断】似合う色を使いこなして洗練された印象に。コーデ・メイク・ヘアスタイルも診断 【カラー診断:春/スプリングタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:夏/サマータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:秋/オータムタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:冬/ウィンタータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【気温10度の日のコーデ】11月後半~2月にかけて冬コーデを気温別に紹介 【ベージュコーデ】上品で女性らしさを演出するベージュ。タイプ別に似合うベージュコーデや配色をご紹介 【アースカラーコーデ】普段使いにもオフィスにもなじむアースカラーの着こなし方、色の組み合わせ方をご紹介 【気温15度の日のコーデ】春~初夏にかけて気温別の着こなしのコツをご紹介します。 【気温20~30度の日のコーデ】夏・晩夏のコーデ、真夏の暑さ対策コーデのポイントをご紹介 【コンサバスタイル】好感度バツグンで上品見えするオフィススタイルの定番コンサバ。最旬のコンサバスタイルをチェック 【春のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、春のオフィスカジュアルコーデ 【夏のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、夏のオフィスカジュアルコーデ 【秋のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、秋のオフィスカジュアルコーデ 【セットアップをおしゃれに】スーツをもっと素敵に着こなしたい!オシャレな女性のスーツコーデテクニック 【スーツ×スニーカー】スーツにスニーカーでできる、大人カジュアルな通勤コーデ 【スーツ×コート】スーツにぴったりの季節別コートコーデ 【スーツは何着必要?】就活生や新入社員に最適な枚数・長いシーズン着られるスーツをご紹介 【営業女子のスーツスタイル】スタイリスト直伝、好感度アップのレディーススーツの着こなしを紹介 【白シャツコーデ】1枚でも羽織にも大活躍の白シャツは間違えると古い印象に。白シャツを素敵に着こなすコツをご紹介 【レイヤードスタイル】こなれ感を演出できるレイヤード・重ね着スタイル。今年のおすすめレイヤードスタイルをご紹介 【くすみカラー(ニュアンスカラー)】で落ち着いた大人っぽく洗練されたコーデを作るコツを紹介します 【パンツスタイル】マンネリ化やカジュアル過ぎて手抜き感が出てしまわないための、最旬のパンツスタイルのコツご紹介 【オーバーサイズコーデ】流行りのビッグシルエットアイテムを気太りやだらしなく見せないための着こなし方をご紹介 【マニッシュコーデ】メンズライクなのに女性らしさを引き立たせるマニッシュコーデ。コーデ作りのポイントをご紹介します 【ロンTコーデ】ベーシックだからこそおしゃれに着こなすのが難しいロンTコーデのコツをご紹介 【顔タイプ診断の診断内容を解説】どのように顔タイプを分けていったのかを解説します 【顔タイプ診断】自分のお顔のタイプで似合う洋服のテイスト・髪型がわかります!さっそく診断してみて! 【チェックパンツコーデ】オフィスでもカジュアルでもチェックパンツは大活躍!チェックパンツの着こなしをご紹介 【トレンチコートコーデ】春・秋・冬とロングシーズン着こなせるトンレンチコートの着こなし方をご紹介 【カーディガンコーデ】コーデの主役にも引き立役にもなるカーディガンを使ったコーディネートをご紹介 【ジャケットコーデ】トラッド系・きれいめなど、羽織るだけでコーデを引き締めてくれるジャケットを使ったコーディネートをご紹介 【シャツコーデ】トレンドを押さえた大人女子におすすめのシャツコーデを、色柄や素材別にご紹介 【足が細く見えるパンツ】体型カバーが叶う着痩せコーデをご紹介します。スタイルアップを狙いたい方はぜひチェック! 【ジレコーデ】目にする機会が増えたトレンドアイテムのジレの魅力やおしゃれな着こなし術を徹底解説します。 【骨格診断】骨格タイプで似合うファッションスタイルや素材・髪型などがわかります!今すぐチェック 【ワイドパンツコーデ】カジュアル見えしがちなワイドパンツコーデのOK・NGポイント、きれい見えポイントをご紹介します 【ロングスカートコーデ】体型カバーもできるけれど間違えるとダサ見え・太って見えるロングスカート。きれい見えポイントを伝授します。 【Tシャツコーデ】大人女子のためのTシャツコーデ。夏に大活躍のTシャツをきれいめにこなれ感ある着こなしにするコツご紹介します 【40代のカジュアルファッション】40代のカジュアルファッションを垢抜けさせるポイントをご紹介 【30代ファッション】似合う服装も変化してきた30代におすすめしたいプチプラできれいめなコーデをご紹介します。 【40・50代の夏コーデ】大人女子におすすめな体型カバー&トレンドを押さえた夏コーデをご紹介します 【白パンツコーデ】合わせるアイテムによってはぼやけたこーでになる白パンツを素敵に着こなすコツをご紹介します 【ジャンパースカートコーデ】大人こそ極めてほしい体型カバーにもよいジャンパースカートコーデ 【大人ワンピース】大人世代がワンピースを素敵に着こなすヒントを体型別・色別・季節別にご紹介します。 【秋冬コーデ】今季真似したい大人女子向けの秋冬コーデをご紹介します。