レディーススーツ×スニーカーでできる!大人カジュアルな通勤コーデ

レディーススーツ×スニーカーでできる!

大人カジュアルな
通勤コーデ

スーツの靴といえば、パンプスコーデ。パンプスは簡単にオフィス感が出せますが、一日中履いていると足が疲れてしまいます。スニーカーで通勤できたら歩きやすくて楽ですが、いつものスーツにどう合わせたらいいか、マナー違反にならないか、初めてだと戸惑いますよね。

レディーススーツとスニーカーはポイントをおさえればバランスの良い着こなしが可能です!
今回はスニーカーを取り入れた通勤コーデとポイントを見ていきましょう。

目次

1. レディーススーツ×スニーカーコーデを着こなす5つのポイント

まずは、誰でも簡単にこなれ感のあるコーデに仕上がる5つのポイントをご紹介していきます。トライしやすい組み合わせで、レディーススーツ×スニーカーコーデに挑戦してみましょう。

全身を2~3色以内に抑えて統一感を出す

レディーススーツ×スニーカーコーデは、全身を2~3色以内に抑えることが大切。色で統一感を出すことで、チグハグに見えそうなスーツとスニーカーの組み合わせがバランスよく馴染みます。
また、色選びも重要なポイント。カラフルになるほどラフに見えてしまうため、ネイビー×白やグレー×黒など、定番色をベースに使って清潔感のある配色を心がけましょう。

  • ジャケット
  • パンツ
  • ストライプやチェック柄のスーツで遊び心をプラス

    カジュアルなスニーカーと、きちんと感がありすぎるスーツの相性はイマイチ……。リクルートスーツや冠婚葬祭用のパリッとしたスーツに、スニーカーを合わせるのは避けた方が良さそうです。
    一方、遊び心を感じるストライプやチェック柄のスーツと合わせれば、トラッドなこなれコーデに。派手すぎない配色や柄なら上品さもしっかりと演出できるので、オフィスシーンにもぴったりです。

  • スーツのインナーにカジュアルダウンを取り入れて

    パンプスに合うフォーマル感のあるスーツに、そのままスニーカーを合わせてしまうとチグハグな印象を与えてしまうかもしれません。そのため、ジャケット、インナー、パンツのどれかをカジュアルダウンさせることで、バランスのとれたコーディネートになります。
    取り入れやすいのはインナーを変えること。インナーを襟付きのブラウスからTシャツやノーカラー、クルーネックタイプに変えると、キメすぎずスニーカーのリラックス感と相性がよくなります。

  • パンツ
  • ジャケット
  • 細身・アンクル丈のパンツスタイルが鉄板

    スニーカーにワイドパンツを合わせるコーディネートは上級者向けです。
    初心者は、細身でアンクル丈のスリムパンツやテーパードパンツのほうがバランスがとりやすいのでおすすめです。
    足首を見せることで抜け感が生まれ、全体のバランスがとりやすくなります。

  • パンツ
  • ジャケット
  • カジュアルスーツを活用

    カジュアルスーツは、名前の通りカジュアルな要素を取り入れたスーツです。そのため、スニーカーとの相性が抜群。全体の印象やバランスを考えなくても、レディーススーツ×スニーカーコーデがピタリと決まり、簡単にこなれ感も演出できます。

  • 2. スーツ・ビジネスシーンに合うスニーカー選び。ポイントはシンプルさと清潔感

    スニーカーコーデに興味があるけど抵抗がある、どんなスニーカーを履けばいいのかわからないという方は色や素材を絞るとコーデがまとまりやすいです。

    ローカットのコンパクトなスニーカーがマスト

    スニーカーは、くるぶしが見えるローカットを選ぶのがマスト。足首を肌見せすることで、スーツとバランスを取りやすく女性らしい印象を与えてくれます。
    また、ゴツめのハイテクスニーカーや厚底のタイプはカジュアルダウンしすぎてしまうので要注意!通勤コーデに取り入れるなら、なるべくスリムでコンパクトなデザインを選ぶことが大切です。

    定番色のスニーカーでシンプルに

    通勤コーデにおいて、スニーカーもカラフルなアイテムは派手に見えてしまうのでNG!2色以内の配色になったデザインを選ぶのが無難でしょう。
    特におすすめは、白系のスニーカー!同系色はもちろん、ネイビーやグレーなど引き締めカラーのスーツとの相性も抜群です。
    また、靴紐だってスニーカーと同系色を選ぶようにしましょう。全体的にワンカラーでまとめると、カジュアル過ぎない大人の余裕を漂わせてくれます。

  • レザーやスエードなど高級感のある素材をセレクト

    ビジネスシーンで使用するスニーカーはレザーやスエードなど上質な素材を選ぶと、カジュアルなキャンバス生地のスニーカーよりもコンサバティブにまとまるので、大人の女性でも履きやすいです。
    通勤コーデは、“きちんと感”があるかどうかが重要なポイントに。スニーカーは、素材選びで上品さが決まると言っても過言ではないのでオフィスシーンに使うときは特に気を付けてセレクトしましょう。

  • 結論として、一番使いやすいのは、レザータイプの白スニーカー。
    レザーの高級感・きちんと感はスーツのフォーマル感とも相性がよいです。スーツのインナーを白にすると、黒やネイビーなどの濃い色のスーツでも白スニーカーと合います。スーツのインナーに色物などを持ってこずに、色を少なくすることがオフィス感あるコーデにまとめるポイントです。
    もしくは、黒・ネイビー・グレーのスニーカーとスーツのトーンをまとめてコーデの色数をおさえるのもおすすめです。

  • 3. これでばっちり旬コーデ!レディーススーツ×スニーカー

    それでは、おすすめのスーツとスニーカーコーデをご紹介します。

    リネンライクスーツ×白スニーカーで涼やかに

    リラックスして着られるストレッチの効いたリネンライクスーツは、スニーカースタイルと好相性。インナーはあえてカジュアルダウンせずに、スーツと同素材のブラウスを合わせています。きちんとしたスタイルですが、スニーカーを履いてもチグハグに見えないのは、スーツの素材感と馴染んでいるから。スモーキーブルー×白の爽やかな配色は、これからの季節にぴったりです。

  • ネイビーストライプ×配色スニーカーで遊び心たっぷりに

    無地に見えて細めのラインが入ったトライプ柄のスーツも堅苦しすぎず、スニーカーに馴染みやすいアイテムです。白スニーカーが良く合いますが、思い切って配色スニーカーを合わせるのもアリ。黒と緑のシンプルなデザインなら派手見えせず、足元からトレンド感が醸し出せます。バッグも緑にして統一感を出しましょう。

  • 黒×白スニーカーのモノトーンコーデ

    夏に着たい、軽くて涼しいジャージー素材のパンツスーツ。カジュアルにもセミフォーマルにも着回せるブラックスーツなので、白スニーカーと合わせたスタイルもしっくり馴染みます。単調になりがちなモノトーンコーデですが、ロゴTシャツをインすることで奥行きを出し、スタイリッシュに仕上げています。

  • 夏らしいライトカラースーツ×白スニーカーで爽やかに

    夏らしいグレージュのセットアップに白スニーカーを合わせたスーツコーデ。Uネックのノーカラージャケットとワイドパンツでセットアップでカジュアルダウンした分、スニーカーとの相性もGOOD。濃い色のスーツだけではなくたまには明るめスーツも取り入れてみては。

  • ジャケット
  • パンツ
  • スカートスーツもスニーカーOK

    スカートスーツもインナーをカジュアルにすればスニーカーを合わせてもOK。ネイビーのスカートスーツに今年トレンドのボーダーTシャツをとりいれマリン風に。トレンド感・こなれ感あるスーツスタイルになりますよ。

  • ダブルブレストジャケットははスニーカーとの相性よし

    トレンドのダブルブレストジャケットはスニーカーとの相性が良いです。大き目のジャケットで簡単におじコーデに。王道のブラックスーツはモノトーンでまとめるとかっちりし過ぎた印象にもなるため、Tシャツ・スニーカーで遊び心をプラスするのもおすすめです。コーデ全体が3色以内に収まるようにすると全体感もまとまりますよ。

  • ダブルブレストジャケット×ロングタイトスカートの旬顔スーツ

    オーバーサイズのダブルブレストジャケットは、こなれた着崩し感を演出できる旬シルエット。ボトムはすっきり見えのロングタイトスカートでバランスよく、女性らしさもプラス。スニーカーを合わせることで程よくカジュアルダウンした雰囲気に!

  • 着崩しすぎないチェック柄のスーツコーデ

    チェック柄のスーツは、スニーカーコーデとの相性抜群!ただし、派手に見られると仕事で好印象をゲットできない可能性もあるため要注意。大人っぽいグレンチェックやコントラストがあまりない淡いトーンのデザインを選ぶことが大切です。
    ライトグレーのセットアップスーツなら、オールシーズン着やすく上品さを忘れません。あえてトップスはブラウン系で引き締めてこなれ感を漂わせましょう。
    スニーカーは、トップスに色味を合わせると全体がまとまっておしゃれ度がアップしますよ!

  • パンツ
  • ジャケット
  • 4. 楽ちんでスーツに合う靴・フラットシューズ×レディーススーツ

    スニーカーだとカジュアル過ぎるという方は、フラットシューズをレディーススーツに合わせてみませんか?
    ラクチンだけれどエレガントさをしっかりと演出してくれるフラットシューズ×レディーススーツのおすすめコーデをチェックしていきましょう。

    グレージュローファー×白パンツでエレガントに

    これからは白やアイボリーなど、涼し気なカラーのスーツやセットアップが着たくなる季節。そんな時季におすすめなのがグレージュのローファーです。基本的にどんなカラーの服装とも合いますが、白との組み合わせはエレガントな雰囲気が演出できます。デニムとの相性も良く、休日のスタイリングでも活躍してくれますよ。

    上品なチャンキーヒールのローファーできれい見え

    スニーカーもフラットシューズも抵抗があるという方は、ヒールが太めなチャンキーヒールのローファーがおすすめ。上品でおしゃれに見えつつ安定感もあり、スーツ姿で歩きまわっても疲れにくいのが特徴です。スカートスーツとも合わせやすく、足元に華やかさをプラスしてくれます。

  • エナメルローファーは雨の日にも

    配色使いのローファーならスーツスタイルのワンポイントに。エナメル調だと雨の日でも足元が気になりにくいです。

  • きれいめローファー×テーパードパンツの定番スタイル

    フラットシューズの中でも一番通勤コーデに取り入れやすいのがきれいめローファー。つま先が尖ったデザインならフラットシューズでもきちんと感が出やすく、スーツやオフィスカジュアルとも相性抜群です。
    スニーカー同様、足首を肌見せすることでバランスがとりやすくおすすめ。アンクル丈のテーパードパンツで、抜け感を演出しましょう。

  • バレエシューズを使って大人ガーリーに

    オンオフ問わず使えるバレエシューズは、1足持っておきたいマストアイテム。コロンとしたフォルムがキュートで、かっちりしすぎた通勤コーデを大人可愛くまとめてくれます。
    意外と使いやすいカラーがシルバーやゴールド。ナチュラルにコーデのアクセントをつけてくれ、どんなアイテムとも合わせやすいですよ。

  • 5. アポの無い日に。スーツジャケットにスニーカーコーデ

    スーツやビジネスカジュアルは基本的に取引先への訪問にも対応できる服装ですが、社内で過ごすことを想定したオフィスカジュアルなら、上下揃いのスーツやセットアップでなくても問題ありません。スーツジャケットや単品のジャケットを使ったスニーカーコーデをご紹介します。

    オーバーサイズジャケットとデニムパンツのスニーカーコーデ

    アポ予定の無い日なら、スニーカーと相性抜群のデニムパンツを合わせたコーデはいかがでしょう。ゆったりとしたオーバーサイズのカジュアルスーツのジャケットとのコーデは、トレンド感を押さえつつ、スニーカーが明るく元気な印象をプラスしてくれます。スーツと合わせるときと同様に、デニムは足首を見せて抜け感を出すのがポイントです。

  • かっちりコーデをスニーカーでカジュアルダウン

    春夏に着たいライトベージュのジャケットと黒のタイトスカートのコーデも、足元をスニーカーにするだけでアクティブな印象のコーデに仕上げることができます。ベーシックカラー同士の組み合わせなので、ビジネスシーンにもなじみやすいスタイルにまとまります。

  • ネイビージャケット×白スニーカーで爽やかオフィスカジュアル

    デニムパンツとスニーカーを白で統一してネイビージャケットをオンすれば、爽やかで誠実感あふれるスタイルに。ブルーのストライプシャツをインして全身を3色以内でまとめれば、カジュアルになりすぎることはありません。ジャケットとシャツの袖を折り上げて抜け感を出すと、こなれた雰囲気が演出できます。

    ジャケット×スニーカーでリラックスコーデ

    1日社内で過ごす日は、なるべく楽な服装にしたいですよね。ジャケットとスニーカーの組み合わせはきちんと感がありつつリラックス感もあって、ゆるっとおしゃれにまとまります。黒ジャケットなら王道の白のスニーカーが、抜け感が出ておすすめ。パンツは足首が見えるアンクル丈のものを合わせると、スニーカーが引き立ちます。

  • 6. オフィスにスニーカーはNG?履いていく前に確認すること

    スニーカー通勤する前に、スニーカーがOKな職場か確認しておきましょう。
    規程として、NGの場合はパンプスを持って行き、出勤後にパンプスに履きかえれば問題ありません。

    またスニーカーがOKの職場でも、重要な案件・商談がある場合は避けたほうが無難。オフィスだけで過ごせる日、重要な案件・商談・面談がない日など、失礼に思われないようTPOは押さえましょう。

    またスニーカーコーデの場合、靴下が見えるのは子どもっぽく見えてしまうためミスマッチです。この場合は、靴から見えないスニーカーソックス(くるぶし丈ソックス)や素足っぽく見えるストッキングがおすすめです。

    7. まとめ

    かっちりした印象のスーツであっても、アイテムを少し入れ替えるだけでスニーカーも似合う抜け感のあるオフィスカジュアルが完成します。

    スニーカーコーデは、動きやすく、足の疲れも軽減されて、そしてこなれたスーツ上級コーデを楽しめるのが嬉しいですよね。はずしポイントを上手に取り入れてアクティブな通勤スタイルを楽しみましょう。

    *******
    監修者:sumire
    女性向けコラムサイトWebライター&パーソナルスタイリスト。大人女子向けのコーデやパーソナルカラー・骨格に合ったファッションに関する記事をこれまでに100本以上執筆。他にも恋愛やウェディング、ライフスタイルなどさまざまな女性向けコラムサイトで情報を発信しながら、現在はパーソナルスタイリストとしても活動している。

    公開日 : 2020.10.15

    更新日 : 2023.4.19

    パンツスーツ一覧

    スニーカー・スリッポン一覧

    NEW ARRIVAL

    More

    RANKING

    More

    STYLING

    HOT CONTENTS

    気分もアガル⤴スーツ専門SHOP ベーシックなデザインから少し遊び心のあるトレンドデザインまで、サイズも豊富に品揃え。
    スーチングも多数!
    やぼったいスーツスタイルから進化するコツ 【20代のオフィスカジュアル】リアルな声からわかったキーワードはキレイ・清潔感 【40代のオフィスカジュアル】のリアルと理想。落ち着き上品コーデできっちり&きれいめに 【オフィスカジュアルで挑む面接】好感度をあげるコーデとポイント 【ビジネスシーンもスキニーで】着回し力抜群のスキニーパンツでオフィスカジュアルコーデ 【冬のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、冬のオフィスカジュアルコーデ 【スーツでオフィスカジュアル】セットアップを使った着回し術 【オフィスカジュアル向けの髪型】ミディアム・ロング・ショート別簡単ヘアアレンジ 【通勤バッグ】オフィスカジュアルに似合う女性用プチプラ通勤バッグ。A4、軽量、多収納バッグも 【パーソナルカラー診断】似合う色を使いこなして洗練された印象に。コーデ・メイク・ヘアスタイルも診断 【カラー診断:春/スプリングタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:夏/サマータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:秋/オータムタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:冬/ウィンタータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【気温10度の日のコーデ】11月後半~2月にかけて冬コーデを気温別に紹介 【ベージュコーデ】上品で女性らしさを演出するベージュ。タイプ別に似合うベージュコーデや配色をご紹介 【アースカラーコーデ】普段使いにもオフィスにもなじむアースカラーの着こなし方、色の組み合わせ方をご紹介 【気温15度の日のコーデ】春~初夏にかけて気温別の着こなしのコツをご紹介します。 【気温20~30度の日のコーデ】夏・晩夏のコーデ、真夏の暑さ対策コーデのポイントをご紹介 【コンサバスタイル】好感度バツグンで上品見えするオフィススタイルの定番コンサバ。最旬のコンサバスタイルをチェック 【春のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、春のオフィスカジュアルコーデ 【夏のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、夏のオフィスカジュアルコーデ 【秋のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、秋のオフィスカジュアルコーデ 【セットアップをおしゃれに】スーツをもっと素敵に着こなしたい!オシャレな女性のスーツコーデテクニック 【スーツ×スニーカー】スーツにスニーカーでできる、大人カジュアルな通勤コーデ 【スーツ×コート】スーツにぴったりの季節別コートコーデ 【スーツは何着必要?】就活生や新入社員に最適な枚数・長いシーズン着られるスーツをご紹介 【営業女子のスーツスタイル】スタイリスト直伝、好感度アップのレディーススーツの着こなしを紹介 【40代ママの卒業式・卒園式の服装】40代ママの卒業式・卒園式におすすめの服装、コーデ集、アイテムを紹介 【ドレスコード】結婚式、会食、ビジネスパーティーなど会場やイベントにあるドレスコード。服装マナーを覚えておきましょう 【スマートカジュアルとは】格食事会や会合・パーティーによく使われる大人のスマートカジュアルコーデを知っておこう 【結婚挨拶&顔合わせのマナーと服装】結婚の意思が固まってからの挨拶や顔合わせで必要なマナーと服装をご紹介 【平服とは?】慶事・弔事それぞれでの「平服」の服装マナーやポイントをご紹介します 【セミフォーマル】実は着用する機会の多いセミフォーマル。昼・夜での違いやドレス・スーツの使用方法、ポイントをご紹介 【結婚式・二次会の服装】二次会にお呼ばれしたときの服装に困ったことはありませんか?二次会の服装の選び方のポイントをご紹介します。 【大人上品なパーティードレス】大人世代のパーティードレスのセレクトポイントを年代別、デザイン別にお伝えします。