気温10度の服装|気温別秋/11月、冬/12月1月2月、春/3月の服装コーデ

気温10度の服装コーデ

気温別 秋/11月、冬/12月1月2月
春/3月の服装

秋・冬・春と季節が変わって天気と気温を確認しながらコーディネートを考える時期。朝晩の通勤や外は寒いけれど電車やオフィスの中では暖房が効いていたりと、何を着ていいか悩むことも多いのではないでしょうか。
東京や大阪の11月12月の平均気温は、最高でも13度程度、最低気温は6度を下回る日も少なくありません。また1月に突入すると最高気温が10度以下の寒い日が続くこともあります。

そこで今回は、秋~春にかけての服装を気温別にご紹介!季節の変化の服装に悩んでいる方は、ぜひこれからのコーデの参考にしてみてください。

目次

公開日 : 2021.2.9

更新日 : 2023.10.20

1. 11月~4月/秋・冬・春にかけての気温の変化・服装まとめ

まずは秋・冬・春の季節の変化における気温の傾向を把握しておきましょう。(東京・大阪の気温になります)

10月下旬~11月上旬:平均気温15~17℃、最高気温20℃程度、最低気温11~13℃

本格的な秋。一番穏やかでコーディネートも楽しめる時期です。長袖に軽めのアウターや羽織があれば十分。

11月下旬~12月上旬:平均気温10℃前後、最高気温15℃前後、最低気温5℃強

冬の始まり。本格的な真冬まではいかないですが、軽めのアウターよりも厚手のコートや羽織が必要な時期。ブラウスよりもニットが重宝されます。

12月下旬:平均気温5℃強、最高気温10℃強、最低気温5℃程度

本格的な冬。風が強く吹くと気温以上に寒く感じることもあり、防寒コートや防寒具など真冬の一番寒い時期の服装が必要です。

1月~2月上旬:平均気温5℃前後、最高気温10℃程度、最低気温5℃以下

真冬の一番寒い時期。一番の防寒コートや発熱タイプのインナー、マフラーや手袋をなど、素肌を出さない時期。

2月下旬:平均気温8℃程度、最高気温12~13℃、最低気温5℃以下

真冬の終わり。引き続きしっかりとした防寒対策が必要ですが、日中は暖かい日も増えてくるので、トップスに春を先取りした明るいカラーを取り入れても。

3月上旬:平均気温10℃弱、最高気温15℃弱、最低気温5℃前後

春先の暖かくなってくる時期。とはいえまだ朝晩は特に冷えるので防寒できるコートなどが必要。日中はどんどん暖かくなってきます。

3月下旬:平均気温12℃程度、最高気温17℃程度、最低気温7~8℃

春本番。防寒コートから軽めのアウターにシフトする時期。トップスやボトムスも徐々に軽めのものを取り入れて、全体のトーンを春らしくチェンジしましょう。

4月上旬:平均気温12~13℃、最高気温17~18℃、最低気温7~8℃

昔の暦だと夏とされる時期でだいぶ暖かくなってきます。日中は羽織もいらない日も。軽めのコートや羽織、長袖などコーディネートを楽しめる時期です。

2. 最高気温20度程度・最低気温10度程度。1日の寒暖差のある【11月前半~中盤】秋の服装

最高気温が20度をきってくる秋。日中は日差しがあれば暖かくも感じますが、日陰や朝夜は冷え込んできますので11月からは軽めアウターが必要に。日差しや時間帯によって寒さが異なってくるので、脱ぎ着できる軽めのアウターや、レイヤード・重ね着コーデがを楽しむのがおすすめです。

軽めのジャケットや羽織もの(裏地無など風通し良くてOK)+長袖トップス+ボトムスなど、一年で一番オシャレできる時期です。

秋ならではのレイヤードコーデ

ロング丈のケーブル編みカーディガンは、細身のパンツの上からゆるっと羽織るのが正解。インナーは、きれいめにもカジュアルにも使えるUネックトップスでリラクシーに。ボトムスはデニムパンツもよいですが、裾にスリットが入ったセンターシーム入りのジョガーパンツなら、抜け感と美脚見せの両方を叶えてくれます。

  • カーディガン
  • パンツ
  • 秋らしいカラーのリブニットでレイヤードスタイルが楽しめるのもこの時期ならでは。鮮やかなブラッドオレンジのリブニットは、脇と裾のスリットに入った太目のリブが大人のカジュアルをこなれた雰囲気に格上げします。デニムのスキニーパンツを合わせて、Vネックの首元と裾からインナーをチラ見せして抜け感を出せば今しかできないコーデの完成です。

  • マウンテンパーカーもこの時期に大活躍するアイテム。裏地がないタイプなら秋・春に活躍し、裏地ありタイプは冬の初めまで使えます。トレンドのゆったりトップスに合わせやすいように、ふんわりラインのものを選ぶのがおすすめです。

  • カーディガン感覚で羽織れるロングパーカーコート。秋の少し肌寒い時期にちょうどいい羽織ものです。ストンとしたデザインのロング丈着やせ効果も。

  • 3. 最高気温15度程度・最低気温5度強・平均気温10度の冬の始まり【11月後半~12月前半】の服装

    最高気温が15度ほどの日でも、11月後半からは防寒アウターが必須。冬の始まりは軽めのコートや、さっと脱ぎ着して温度調節ができるアウターを取り入れたコーデがおすすめです。

    軽めのコート(裏地有りなど風は防ぐタイプがよい)+少し厚めのトップス+ボトムスなど、本格的に冬になる前に一番コーディネートを楽しめる時期でもあります。

    冬の始まりならではのアウターコーデを満喫しよう

    軽めのコートでありながら蓄熱素材を使ったコート。防風・撥水機能もあるので自転車や散歩などにも丁度良いコートです。ウエストにドロストがあるので絞って痩せ見え効果も期待できます。

  • 薄くて軽いのに防風や蓄熱機能が付いて、しっかり寒さ対策ができるキルティングコート。この時期から真冬まで長く着回せます。冬の始まりはニットの上からさっと羽織って、袖を折り上げて着るのがおすすめ。カーキ×イエローの表地と裏地の配色が、ダークになりがちな冬のコーデに華を添えてくれます。

  • 驚くほど軽く、ふわふわでやさしい肌触りのフリースブルゾン。配色ポケットとニットの色を合わせた、おしゃれ上級者なグラデーションコーデです。冬の始まりのこの時期は全身冬装備ではなく、トップにボリュームのあるアウターをもってきたら、足元はブーツではなくスニーカーやパンプスを合わせた方が重くなりすぎずこなれて見えます。

  • 冬の始まり。アウターの中はトレンドを意識したコーデに

    冬の始まりは防寒対策もまだ軽め。今しかできない冬コーデを楽しみましょう。

    大きめボタンがアクセントのトレンドのビッグカラーのプルオーバーは、アウターの下からちらっと見えるだけでも存在感を発揮すること間違いなし。ボタンを閉じても開けてもコーデがキマり、真冬は中にハイネックニットを重ねてもかわいく着こなせます。今年らしいチェック柄のフレアスカートを合わせて、最旬スタイルに仕上げましょう。

  • トップス
  • 裏起毛とセンターシームでタイツいらずの美脚見えが叶うピンクパンツ。トレンドのカラーパンツは、コーデが重くなりがちな冬こそおすすめです。ハイネックニットを合わせたピンク×グレーの配色コーデは、女性らしく上品な印象に。黒のジレでIラインをつくれば、着痩せ効果も抜群です。

  • リバーシブルとしても使えるゆったりラインの薄手ニット。同素材のスカートと合わせると流行りのセットアップスタイルコーデとしても使えます。

  • トップス
  • スカート
  • トレンドのニットベストとシャツワンピのセット。ニットベストは今年はジャガード柄や編み柄がついたものなどにアップデートしましょう。ベスト単品をパンツと合わせたり、シャツを羽織りコーデにも使えるつがいがっての良いアイテムです。

  • 片方の腕がシャツ素材になったドッキングニット。1枚でこなれ感ある着こなしが完成します。

  • コーデセット
  • 4. 最高気温10度以下・最低気温5度以下。【12月後半~2月】真冬の服装

    12月も半ばを過ぎると、最高気温が10度を下回る日も。そんな12月・1月の真冬の服装をご紹介します。

    最高気温が10℃をきってくると、昼間でも肌寒く、朝夜はもっと寒くなります。
    真冬用のコートやアウターなどの防寒具+ニットや発熱タイプのインナーを活用+厚手のボトムス+靴下やタイツ+マフラーや手袋といった、素肌を見せないような一番温かい服装が必要です。

    最低気温5度以下の寒い日でもあったかアウターコーデでかわいく

    シンプルで上品なウール調のノーカラーコート。ひざ上丈なのでどんな着こなしにも対応でき、縦落ちのコクーンシルエットは真冬にスーツの上から羽織ってもすっきり見えます。寒さが一番厳しいこの時期は、全身ダークカラーにしてもさほど重たい印象にはなりません。モカブラウンのコートにブラウンのタートルニットを重ねたグラデーション配色は、見ためにも暖かです。

  • くすみカラーがトレンドの今季は、こちらのようなモーブグリーンのコートが旬顔。ベルトなしでバサッと羽織るだけでこなれた雰囲気になり、ベルトでウエストマークするとドラマティックなケープデザインが女性らしく仕上げてくれます。高見えするウール調で裏地もしっかりしていて、防寒もバッチリ。

  • バックスタイルが印象的なフーディーコート。冬はコートが主役となるのでこのコートなら全方位可愛く決まります。
    ひざ下のロング丈タイプなのでパンツと相性が◎。お尻もすっぽり隠れるので温かいですね。

  • 最低気温5度以下の寒い日はコートの中もあったかコーデ

    真冬はニットのインナーにタートルネックを重ねて着るのも今っぽくておすすめ。ニットの丈は短めをチョイスして、写真のように幾何学模様のグリーンの配色ニットから白のタートルネックをのぞかせるなどメリハリを効かせると、すっきり感が出てまとまりやすいです。

  • トップス
  • ニットの上からざっくり着られる厚手のジャンバースカートは、真冬の一番寒い時期に活躍してくれるアイテム。深めのVネックはタートルニットと相性が良く、顔周りをすっきり見せる効果も。ボタンを外せばロングジレとしても使える2WAYタイプなので、秋口から春先までロングシーズン着回せる1枚です。

  • 身体にフィットするスキニーパンツも冬は強い味方。真冬は裏起毛タイプが暖かくてオススメ。ですが裏起毛や裏フリースのスキニーは身体にフィットすると気太りして見えるのが難点。こちらのスキニーはゆるフィットタイプのスキニーなので身体のラインに程よくフィットし、程よくゆるっとしているので気太りしにくいです。
    白パンツはトップスの色を選ばない万能カラー。1枚持っておくと便利です。

  • パンツ
  • きれい見えする裏起毛のワイドパンツ。セミワイドタイプなので隙間で足元がスース—することもないです。オフィスで使用するならシンプル目のニットを合わすのが正解。

  • パンツ
  • トップス
  • ブラウスは真冬には寒く感じますが、こちらは裏地が起毛したタイプのブラウス。さらにジャケットを上から羽織ったり、カーディガンを羽織るとしっかり防寒できます。

  • スッキリ見えのオフィスには発熱インナーであたたかく

    特に真冬は、インナー選びも大切。汗や湿気をしっかりと吸収して発熱してくれる肌着なら、薄手のニットでも暖かく体を保温してくれます。
    あったかインナーは襟ぐりが深あきのものを選ぶのもポイント。オフィスカジュアルコーデに便利なVネックニットや背中の開いたトップスの邪魔をせず、さりげなく防寒対策ができます。

    5. 平均気温10度前後・最高気温15度前後・最低気温5度強。【2月下旬~3月】春先の服装

    2月下旬から真冬から徐々に春に移り変わり気温が上がってきます。ですが最低気温が真冬並みになる日もある3月上旬は冬物のアウターが手放せません。だんだんと寒さがやわらいで最高気温が15度を超えてくる3月中旬以降は、徐々に春を意識したコーデにチェンジする時期。肌寒い日はトップスの下にカットソーを重ねて明るい色の軽めのアウターを羽織るなど、春らしいコーデを目指しましょう。

    春本番を迎える3月下旬からは、本格的に春のおしゃれが楽しめる時期。トップスもボトムスも軽めのものにシフトして、全身春モードに仕上げましょう。

    冬物コートの中は春カラーで

    2月下旬はまだ冬物コートが離せない時期ですが、冬カラーばかりはつまらないので春の装いを取り入れましょう。明るめカラーのパンツにトップスは重ね着風をコーディネート。1枚でレイヤードコーデでおしゃれでこなれ感もでて、寒さが気になるなら下に発熱インナーを仕込めばOKです。

  • トップス
  • パンツ
  • 春先はカーディガンが大活躍

    きれいカラーカーディガンをこの時期は大活躍しましょう。1枚できてもOKですし、中にトップスを重ね着して温かくするのもおすすめ。トレンチコートの中に仕込めばコーディネートも華やかになります。年中使いまわせるカーディガンを春は早めに手に入れましょう。

  • カーディガン
  • アウター
  • きれい色スカートをコートから見せる

    ボトムスはコートを着ていても見えるので、春っぽいコーデにアップデートするのに最適です。Iラインスカートをきれいカラーに変えて、トップスはレイヤードすれば肌寒い時期も温かく過ごせます。重ね着用に長めで裾がラウンドになったトップスを1枚持っておくと年中使えて便利ですよ。

  • スカート
  • 重ね着トップス
  • ベストは今春も大活躍

    ベストの人気はまだ継続。この時期は温かくなる上におしゃれにもなるので大活躍します。真冬は寒かったデニムも春先になると人気が出てくるアイテム。レイヤードの下にぜひ仕込んでください。

  • ワンピース
  • パンツ
  • 3月中旬からは春のアウターを楽しむ

    3月も中旬を過ぎるとだいぶ春を感じられるように。冬物コートから春コートに変更していきましょう。とはいえまだ寒い日もあるのでコートの中は温かく重ね着がおすすめです。春カラーコートだとコーディネートも一気に華やぎます。

    ベストも大活躍します。春物コートでは寒く感じるときは中にベストを取り入れましょう。コーディネートがおしゃれにそして温かくなります。もっと温かくなる4月の春先はコートを辞めてベストだけでも過ごせるようになります。

  • 気温15度。春~初夏の気温別コーデはこちら>>

    6. まとめ

    真冬でもおしゃれでいたい働く大人女子に向けて、今回は気温別の冬のオフィスカジュアルコーデをご紹介しました。
    カジュアルになりがちなアウターもキレイめなスカートや透け感のあるトップスを合わせればオフィス向けに着こなすことができます。ぜひ取り入れてみてくださいね。

    ##監修者プロフィール
    吉村すみれ
    パーソナルスタイリスト。女性向けコラムライター

    冬のオフィスカジュアルコーデはこちら>>

    気温15度。春~初夏の気温別コーデはこちら>>

    気温20・25・30度。初夏~初秋の気温別コーデはこちら>>

    ニット・セーター一覧

    カーディガン一覧

    トップス一覧

    ジャケット一覧

    コート一覧

    RANKINGランキング

    COORDINATEコーディネイト

    NEW ARRIVALS新着商品

    HOT CONTENTS

    オフィスカジュアルの正解って? オフィスカジュアルは「カジュアル過ぎないきちんと感」が大切。トレンドを程よく取り入れ、仕事もおしゃれも楽しむオフィススタイルをご提案。
    やぼったいスーツスタイルから進化するコツ 【20代のオフィスカジュアル】リアルな声からわかったキーワードはキレイ・清潔感 【40代のオフィスカジュアル】のリアルと理想。落ち着き上品コーデできっちり&きれいめに 【オフィスカジュアルで挑む面接】好感度をあげるコーデとポイント 【ビジネスシーンもスキニーで】着回し力抜群のスキニーパンツでオフィスカジュアルコーデ 【冬のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、冬のオフィスカジュアルコーデ 【スーツでオフィスカジュアル】セットアップを使った着回し術 【オフィスカジュアル向けの髪型】ミディアム・ロング・ショート別簡単ヘアアレンジ 【通勤バッグ】オフィスカジュアルに似合う女性用プチプラ通勤バッグ。A4、軽量、多収納バッグも 【パーソナルカラー診断】似合う色を使いこなして洗練された印象に。コーデ・メイク・ヘアスタイルも診断 【カラー診断:春/スプリングタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:夏/サマータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:秋/オータムタイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【カラー診断:冬/ウィンタータイプ】のオフィスコーデ・スーツを紹介 【気温10度の日のコーデ】11月後半~2月にかけて冬コーデを気温別に紹介 【ベージュコーデ】上品で女性らしさを演出するベージュ。タイプ別に似合うベージュコーデや配色をご紹介 【アースカラーコーデ】普段使いにもオフィスにもなじむアースカラーの着こなし方、色の組み合わせ方をご紹介 【気温15度の日のコーデ】春~初夏にかけて気温別の着こなしのコツをご紹介します。 【気温20~30度の日のコーデ】夏・晩夏のコーデ、真夏の暑さ対策コーデのポイントをご紹介 【コンサバスタイル】好感度バツグンで上品見えするオフィススタイルの定番コンサバ。最旬のコンサバスタイルをチェック 【春のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、春のオフィスカジュアルコーデ 【夏のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、夏のオフィスカジュアルコーデ 【秋のオフィスカジュアル】職場のカジュアル度別、秋のオフィスカジュアルコーデ 【セットアップをおしゃれに】スーツをもっと素敵に着こなしたい!オシャレな女性のスーツコーデテクニック 【スーツ×スニーカー】スーツにスニーカーでできる、大人カジュアルな通勤コーデ 【スーツ×コート】スーツにぴったりの季節別コートコーデ 【スーツは何着必要?】就活生や新入社員に最適な枚数・長いシーズン着られるスーツをご紹介 【営業女子のスーツスタイル】スタイリスト直伝、好感度アップのレディーススーツの着こなしを紹介 【白シャツコーデ】1枚でも羽織にも大活躍の白シャツは間違えると古い印象に。白シャツを素敵に着こなすコツをご紹介 【レイヤードスタイル】こなれ感を演出できるレイヤード・重ね着スタイル。今年のおすすめレイヤードスタイルをご紹介 【くすみカラー(ニュアンスカラー)】で落ち着いた大人っぽく洗練されたコーデを作るコツを紹介します 【パンツスタイル】マンネリ化やカジュアル過ぎて手抜き感が出てしまわないための、最旬のパンツスタイルのコツご紹介 【オーバーサイズコーデ】流行りのビッグシルエットアイテムを気太りやだらしなく見せないための着こなし方をご紹介 【マニッシュコーデ】メンズライクなのに女性らしさを引き立たせるマニッシュコーデ。コーデ作りのポイントをご紹介します 【ロンTコーデ】ベーシックだからこそおしゃれに着こなすのが難しいロンTコーデのコツをご紹介 【顔タイプ診断の診断内容を解説】どのように顔タイプを分けていったのかを解説します 【顔タイプ診断】自分のお顔のタイプで似合う洋服のテイスト・髪型がわかります!さっそく診断してみて! 【チェックパンツコーデ】オフィスでもカジュアルでもチェックパンツは大活躍!チェックパンツの着こなしをご紹介 【トレンチコートコーデ】春・秋・冬とロングシーズン着こなせるトンレンチコートの着こなし方をご紹介 【カーディガンコーデ】コーデの主役にも引き立役にもなるカーディガンを使ったコーディネートをご紹介 【ジャケットコーデ】トラッド系・きれいめなど、羽織るだけでコーデを引き締めてくれるジャケットを使ったコーディネートをご紹介 【シャツコーデ】トレンドを押さえた大人女子におすすめのシャツコーデを、色柄や素材別にご紹介 【足が細く見えるパンツ】体型カバーが叶う着痩せコーデをご紹介します。スタイルアップを狙いたい方はぜひチェック! 【ジレコーデ】目にする機会が増えたトレンドアイテムのジレの魅力やおしゃれな着こなし術を徹底解説します。 【骨格診断】骨格タイプで似合うファッションスタイルや素材・髪型などがわかります!今すぐチェック 【ワイドパンツコーデ】カジュアル見えしがちなワイドパンツコーデのOK・NGポイント、きれい見えポイントをご紹介します 【ロングスカートコーデ】体型カバーもできるけれど間違えるとダサ見え・太って見えるロングスカート。きれい見えポイントを伝授します。 【Tシャツコーデ】大人女子のためのTシャツコーデ。夏に大活躍のTシャツをきれいめにこなれ感ある着こなしにするコツご紹介します 【40代のカジュアルファッション】40代のカジュアルファッションを垢抜けさせるポイントをご紹介 【30代ファッション】似合う服装も変化してきた30代におすすめしたいプチプラできれいめなコーデをご紹介します。 【40・50代の夏コーデ】大人女子におすすめな体型カバー&トレンドを押さえた夏コーデをご紹介します 【白パンツコーデ】合わせるアイテムによってはぼやけたこーでになる白パンツを素敵に着こなすコツをご紹介します 【ジャンパースカートコーデ】大人こそ極めてほしい体型カバーにもよいジャンパースカートコーデ 【大人ワンピース】大人世代がワンピースを素敵に着こなすヒントを体型別・色別・季節別にご紹介します。 【秋冬コーデ】今季真似したい大人女子向けの秋冬コーデをご紹介します。