ジレコーデ|おしゃれな着こなし術を大紹介、ベストコーデとの違いも

ジレコーデ

おしゃれな着こなし術を大紹介
ベストコーデとの違いも

シーズンを超えて人気が継続しているジレは、高感度なオシャレ女子に大注目のアイテム。その秘密は、手持ち服にプラスするだけでコーデを今っぽく格上げしてくれるから。
ジレのトレンド全盛のいまは、身近なファッションとして目にする機会が増え、気にはなっているけれど取り入れ方がイマイチわからない…。そんな人も多いのではないでしょうか。そして、今年はベストもはやっています。
そこで今回は、ジレの魅力やおしゃれな着こなし術・ベストコーデなどを徹底解説します。そもそもジレとはどういうもので、何に合わせればいいのか、基本からバッチリお伝えしていきます!

目次

公開日 : 2022.12.23

更新日 : 2023.11.20

1. ジレとは? ジレの特徴は?

ジレとはどんなアイテムなのか。起源やデザインの特徴、ベストとの違いなどについて解説します。

ジレとは?ジレの特徴

ジレの語源は、フランス語で「中衣」を意味する「Gilet」に由来します。もともとはスーツのインナーとして使われていて、ジャケットの下に着る丈の短いものをジレと呼んでいました。いまは一般的にジレというと、袖のない前開きのアウターを指すことが多く、身幅のゆったりしたデザインが主流になっています。

ニットの上からでもゆったり着られる、身幅のたっぷりしたジレ。衿が付いたタイプと衿のないノーカラータイプがあり、ウールやニット、キルティングなど素材のバリエーションが豊富です。

ジレの使用時期は?

ジレと言えば秋冬が主流というイメージもありますが、マンネリしがちな春夏ファッションにアクセントとしても使える便利なアイテム。レース素材でエレガントさを演出したり、カジュアルなシャツもテーラードデザインでクールな装いに変身したり、羽織るだけでこなれ感が強まります。

定番カラーのベージュのシャツも、シンプルな黒のロングジレを合わせることでカジュアルながらも引き締まった印象に。足首がほどよく見えるストレートデニムでIラインを意識すれば、華奢見え効果も抜群です。

ジレとベストの違い

ベストの語源は英語の「Vest」に由来し、日本では「チョッキ」とも呼ばれます。前開きのものをジレと呼ぶことが多いのに対して、ベストは前開きタイプと頭から被って着るプルオーバータイプがあり、デザインの種類も豊富です。一方、ジレはベストに比べて過度な装飾のないシンプルなものが多く、合わせる相手を選ばすにさらっと着られることも現在のブームを巻き起こしている理由のひとつになっています。

プルオーバータイプのベスト。カジュアルなものからフォーマルなものまで種類が豊富なベストに対して、ジレはどんなコーデにも合わせやすいシンプルなデザインが特徴です。

ジレの着丈は?

ジレはスーツの中衣として発展したため、もともとは丈が短めのアイテムが主流でした。けれども最近は、腰回りくらいのショート丈やヒップラインが隠れるくらいのミドル丈、ひざ下くらいのロング丈から、くるぶしあたりまであるスーパーロング丈まで多く出揃っています。ジレの着丈に明確な定義はなく、基本的に袖なしの前開きのものは着丈が違ってもジレと呼ばれます。

ジャケット感覚でさっと羽織れて、体型カバーも叶うミドル丈のジレ。ひざ下まであるロング丈のジレは、手軽にIラインシルエットが作れてスタイルアップ効果が狙えます。

2. ジレは何に合わせたらいいの?ジレの着こなしポイント

ジレはオシャレ感度の高い女子から人気に火がついたこともあってか、スタイリングが難しそうと思われがちですが、着こなしのコツさえ押さえれば初心者さんも素敵に着こなせます。スタイリングのポイントを見ていきましょう。

ポイント①:ジレに合わせるアイテム・下に着るもの

もともとは中衣としてジャケットの下に着るのが基本でしたが、現在は何を合わせてもかまいません。カジュアルやきれいめ、インフォーマルなどさまざまなコーデに使えて、どんなアイテムとも合わせやすいのがジレの魅力です。ジレと相性のいい定番のニットと合わせれば、シンプルながらもアクセントの効いた着こなしに。きれいめな白のブラウスと合わせれば、お呼ばれや食事会など様々なシーンで使えるフォーマルなコーディネートが完成します。合わせる相手を限定しないので、いつものコーデにプラスワンするだけで雰囲気をガラリと変えられたり、おしゃれに鮮度アップできたりするのが最大のメリット。ジレを取り入れることで、着こなしの幅は無限大に広がります。

ポイント②:AラインやIラインシルエットを意識する

どんなアイテムとも相性抜群のジレですが、基本的にショート丈やミドル丈のジレはAラインシルエットのワイドパンツやフレアスカートが合わせやすく、ロング丈のジレはIラインシルエットのタイトスカートやストレートパンツが合わせやすいです。ジレを合わせることでAラインやIラインが強調されてバランスが整うとともに、体型カバーやスタイルアップが叶います。

Aラインシルエットのワンピースにショート丈のジレを合わせたコーデ。ジレがあることでコーデにメリハリが生まれています。Iラインシルエットのストレートパンツにロング丈のジレを合わせたコーデは、縦のラインが強調されて細見え効果が抜群。

ポイント③:基本は前開けでウエストラインを見せる

身幅がたっぷりしたジレは、前を開けてウエストラインを見せたほうがスタイルよく見えます。スカートスタイルもパンツスタイルも、トップスインしてすっきり着こなしましょう。特にコンパクトなトップスにゆるめのボトムスを合わせるのが主流の今は、トップスインしたほうがメリハリもつきやすいです。

  • ポイント④:変化をつけるなら閉じてウエストマーク

    前を開けてさらっと着られるのがジレの魅力ですが、変化をつけたい場合は前を閉じてベルトなどでウエストマークするのもおすすめです。特に衿のついたジレなら、デザインが強調されてオシャレ見えします。ボリューム袖やビックカラーなどインナーのデザインを生かしたい場合も前を閉じた方が、インナーの特徴が出やすいです。

  • 3. 秋冬のジレコーデ

    秋冬はニットの上からジレを羽織るだけで、シンプルコーデが一気にサマ見えします。ジレがダークカラーの場合は、明るいカラーのニットやカラーパンプスなどを差し色にしてメリハリをつけましょう。また、ふわふわ&もこもこ素材がトレンドの今年は、フェイクファーなど秋冬らしさが演出できるジレも豊作。取り入れるだけでコーデが鮮度アップします。

    配色デザインのニットでアクセントをプラス

    ブラウンのニット×ワイドパンツのシンプルなコーデも、ジレをプラスするだけでグンと印象が冴えます。ダークカラー同士のシックなカラーコーディネートですが、配色ニットの袖口の赤がアクセントになり、単調に見えません。足元は明るめの茶色のパンプスで抜け感を出しています。

  • 黒のニットワンピのモード感をロングジレで引き算

    ゆったりしながらも重たく見えない黒のニットワンピースは1枚でさらっと着るのも素敵ですが、ロングジレをレイヤードすることでこなれ感が演出できます。黒×ベージュのベーシックカラーならきちんと感があり、ワンピースのモード感を程よく抑えて通勤にもぴったりなスタイルに。

  • ジレコーデをスカーフでエレガントに

    1枚プラスするだけでコーデの味付けが決まるジレですが、さらにスカーフをプラスするのも◎。ジレコーデにスカーフが入ることで、雰囲気が一気に女性らしくなります。スカーフの中の色と靴の色を合わせて統一感を出すと、バランスよくまとまります。

  • 旬のもこふわ素材のジレで今年らしく

    1点投入するだけでコーデが華やぐ、トレンドのフェイクファージレベスト。カジュアルにデニムやシャツワンピースと合わせるのもかわいいですが、モノトーンコーデがトレンドの今年は、白のニットと黒パンツでまとめて小物も黒で統一すると一段と鮮度アップします。

  • 4. ジレコーデ好きにおすすめ、ベストコーデ

    ジレ同様にトレンドなのがベスト。今年はベストコーデもおすすめです。ベストもジレと同じように、コーデに表情や変化をつけてくれるアイテム。特に今年豊作のふわふわ&もこもこ素材のベストは、のっぺりしがちな秋冬のニットコーデに奥行きを出し、立体的に魅せてくれます。

    存在感のあるフェイクファーベストでかっこよく

    表情の違う2パターンのファーの組み合わせがおしゃれなフェイクファーベストブルゾン。存在感が抜群なので、個性強めなレザー風フレアロングスカートと合わせることでコーデがクールに格上げされます。スカートの雰囲気と合わせて黒のショートブーツでつないだら、耳元と首元にややごつめなシルバーのアクセサリーをプラスしてかっこよく決めましょう。

  • 上品な印象のフェイクファーベストできれいめコーデ

    同じような白系のフェイクファーベストでも、ファーの表情が違うだけでガラリと雰囲気の違うコーデが完成します。やや光沢感のあるきれいめなフェイクファーベストに黒の花柄フレアスカートを合わせたコーデは、フェミニン派の方におすすめ。こちらのベストは白のハイネックニットとアンサンブルなので、それぞれ単体でも着回せて秋冬のコーデに大活躍してくれます

  • ベスト
  • スカート
  • 毛足長めのフェイクファーベストで大人カジュアル

    こちらも上品な印象の毛足長めなフェイクファーベスト。きれいめなスカートを合わせてエレガントにまとめるのもおすすめですが、チェックのワイドパンツを合わせれば、おしゃれ上級者の雰囲気が漂うモードな大人カジュアルに。ベストとパンツを同じ色味でつなぐと、統一感が出てよりGOODです。

  • パンツ
  • ツイード調の主役級ベストでクールなモードコーデ

    ドロップショルダーの落ち感がコーデをこなれ感たっぷりに格上げしてくれる、ツイード調のチェック柄Vネックベスト。1枚で着映える主役級ベストなので、トップスやボトムスはシンプルにまとめるとバランスが整います。プチハイネックの白のカットソーと黒のワイドパンツで、クールなモードコーデに仕上げましょう。

  • 配色ラインが効いたベスト

    配色ラインがかわいいニットベスト。Tシャツやシャツなど様々なアイテムと相性もよいです。ネックラインを配色ラインが強調してくれるので、柄ものを中にきてもしっかりセパレートしてくれるので、一癖ありそうでとても使いやすいベストです。

  • ベスト
  • 夏も使いやすいカットソー素材のベスト

    カットソー素材のシンプルなベスト。お尻回りが気になる人はスキニーパンツにチュニック代わりとしてベストをプラスしてもいいですし、テーパードパンツにも合います。ジレ同様、コーデを格上げしてくれるのでオフィスコーデにもおすすめです。

  • ジレと同じように使えるセットアップ

    ベストもジレと同じように使えます。同素材のパンツとあわせてセットアップスタイルにするとカジュアルスーツのように着こなせます。

  • ベスト
  • パンツ
  • 柄パンツにもプラスすると一気に今っぽコーデに。柄パンツを合わせるときは、トップスはシンプルに差し引きが必要です。

  • ベスト
  • 真夏はタンクトップとあわせても涼しく決まる

    シャツ・Tシャツだけでなく、タンクトップだけでもベストはOK。ワンピース・パンツ・スカートにもあわせられる最強の着回しアイテムです。

  • ジレ
  • パンツ
  • 5. ロングジレコーデ

    すっきりした縦長シルエットで、誰でも簡単にスタイルアップが狙えるのがロングジレのメリットです。最旬のトレンドを取り入れたロングジレコーデをご紹介します。

    グレージュのロングジレで軽やかに

    フロントを閉じてワンピースとしても着用できる2WAYロングジレ。布の面積が大きなロングジレはコーデによっては重見えしかねませんが、グレージュなら軽やかに着こなせます。オレンジ色のニットなど秋冬らしいカラーアイテムとも相性がよく、季節感が演出しやすいのもポイント。セミワイドパンツと合わせた程よくカジュアル感のあるコーデは、通勤にもおすすめです。

  • ジレ
  • パンツ
  • セミフォーマルにも使える二刀流ロングジレ

    ニュアンスのあるフレンチスリーブとクルーネックがかわいいロングジレ。取り外し可能なベルトが付いていて、前を閉じてウエストマークしてワンピースとして着るとエレガントな印象になります。ロングジレとして着用する場合は、明るい色のトップスを合わせて抜け感を出しましょう。同素材のボトムスとセットアップとしても着用でき、袖コンシャスな白のブラウスをインしてテーパードパンツを合わせたスタイルは、セミフォーマルなシーンにも最適です。

  • ロングジレ×カラーパンツで今っぽく

    ビビットなピンクのテーパードパンツを合わせたロングジレコーデです。カラーパンツはシーズンを超えてトレンド継続中の今年らしいアイテムですが、派手な色は苦手という方はロングジレをプラスするのがおすすめ。特にベーシックカラーなら、パンツの色味をほどよく抑えて取り入れやすくなります。ジレの前を開いてゆるっと羽織り、コンパクトなグレーのニットをウエストインしたスタイルは脚長効果も狙えます。

  • ジレ
  • パンツ
  • 肩に沿うゆるシルエットのロングジレでフェミニンに

    旬のプリーツスカートに、袖コンシャスなブラウスをウエストインしたロングジレコーデ。ジレは深いVネックか、かっちりした衿が付いたハンサムなものが多いですが、首回りが丸く開いたタイプはレディライクに着こなせます。また、サイドスリットが入っていると動きや軽さが出てソフトな印象になり、特に布の面積が大きいロングジレはサイドスリットがあることで抜け感も生まれます。

  • ジレ
  • スカート
  • 前閉じ&ウエストマークでスタイルアップ

    裾がイレギュラーなマキシ丈スカートとロングジレのモノトーンコーデ。ジレの前を閉じてウエストマークし、Aラインシルエットを強調して華奢見えを叶えています。前をきっちり閉じることで、インナーのカーキ×レッドの配色デザインを際立たせ、重くなりがちなモノトーンコーデを洒落見せした上級者の着こなしです。

  • ジレ
  • 6. ジレのセットアップコーデ

    ジレを初めて取り入れるなら、コーデに悩まずにスタイリングが決まるセットアップもおすすめです。特にジレとパンツのセットアップなら、クールでスタイリッシュなコーデが着るだけで即完成します。同素材で統一感が出せて、それぞれ単品で着てもかっこよく着こなせます。

    ブラウスも付いた着回し力抜群のセットアップ

    ボウタイブラウスとジレのセットアップ。流行りのリボンブラウスもジレを合わせることで甘さを抑えた仕上がりになります。柔らかなベージュカラーなら、季節もシーンも選ばず着回し抜群です。ジレの前を閉めて付属のベルトを捲けば、よりクールなスタイルに。シーンによってスタイルを変えられる万能なセットアップは、ワードローブに加えたい1枚です。

  • きちんと感のあるネイビーで即オフィスカジュアル

    ネイビーのテーラードジレと、ややワイドなストレートパンツのセットアップ。ネイビーと相性のいいグレーのニットを仕込むだけで、即オフィスカジュアルが完成します。バッグの色を変えたり、パンプスをチェック柄にするなどして、単調になりすぎないようにしましょう。

  • 汎用性の高いブラックをこなれたスタイルに

    きちんとした見た目ながらもリラックス感のある着用感で、オンオフ問わず使いまわせるブラックのジレ。すとんと落ちる素材感で、体のラインを拾いにくいのも嬉しいポイント。カジュアルなロゴTにサッと羽織るだけでこなれたスタイルが完成。フェミニンなブラウスを合わせれば、通勤スタイルにもかしこまりすぎない学校行事にもぴったりのきちんとコーデに仕上がります。

  • 同じ黒のセットアップにゆるっとビッグサイズのボーダーTシャツをあわせたリラックスコーデも、ジレのおかげでラフ過ぎない大人カジュアルに。ジレを投入することでコーデが引き締まります。

  • 千鳥格子のセットアップでマニッシュコーデ

    千鳥格子のノーカラーロングジレと、裾スリットが入った旬顔のフレアパンツのセットアップは、着るだけでクールなスタイルが楽しめます。ベレー帽やクラッチバッグをプラスして、マニッシュに着こなしましょう。縦のラインが強調されるロングジレは、身長を高く見せたい小柄な人にもおすすめです。特に上下揃いのセットアップはすらりとして見え、トップスインしてウエストを高い位置でマークすることでスタイルアップ効果がさらに高まります。

  • パンツ
  • かしこまった服装もジレなら今っぽく

    ミドル丈のツイード素材のモノトーンコーデなら、オフィスカジュアルにもかしこまったお食事やフォーマルにも。特にフォーマルのかっちり感やジャケットが苦手な方には今っぽいコーディネートとしておすすめです。

  • 7. ジレ+ワンピースのコーデ

    ワンピースは一枚でさらりと着られる反面、コーデが単調になってしまいがち。でも、ジレさえあれば雰囲気がガラリと変えられて、いつもと違ったオシャレが楽しめます。

    トレンドのフードフェイクファーベストで今年らしく

    フードの付いたアイテムをモードに着こなすスタイルがトレンドの今年は、もこふわなフードフェイクファーベストも登場しています。肌ざわりのよい上品な印象のファーはきれいめのワンピースと相性がよく、ボリューミーなフードが全体のバランスを整えてくれます。エレガントな色味のモカが絶妙な抜け感を作り、重たく見えないので、ボリュームのあるボトムスと合わせるのもおすすめです。

  • リボンロングワンピースの甘さをジレで引き算

    トレンドのリボンモチーフのロングワンピース。1枚で着るには甘すぎるという場合は、ロングジレを羽織って甘さを引き算してみましょう。ネックラインの開きが控えめのノーカラージレなら、リボンの華やかさを生かしつつシャープな印象に仕上げてくれます。靴もパンプスではなく、ショートブーツを合わせて辛口な味付けを。

  • ジレ
  • ワンピース
  • 甘い白ワンピにジレでマニッシュな味付け

    ゆったり袖が今っぽいAラインシルエットのマキシ丈ワンピに、ノーカラージレでマニッシュな要素を足したコーデ。柔らかい色同士では印象がぼやけてしまいがちですが、小物を黒で統一してみると、優しい空気を保ちつつも全体が引き締まります。

  • ジレ
  • ワンピース
  • 女性らしい総レースワンピをクールに味付け

  • エレガントな総レースのワンピースは華やかなシーンで大活躍してくれますが、それ以外ではなかなか出番がないなんていうことも。上からジレを羽織るだけで表情が変わり、着こなしの場がグンと広がります。セミフォーマルなシーンでは、前を閉じてきちんと感を出しましょう。

    8. 春夏のジレコーデ

    春夏のコーデにジレを取り入れるなら、コーデ全体が重たくなりすぎないように、レースなどの透け感のある素材をセレクトするのがおすすめです。また、Tシャツなどのカジュアルコーデでも、ジレをプラスすることで大人っぽくカチッと感のある着こなしが叶います。

    テーラードカラーでスタイリッシュに

    テーラードカラーのジレながら、サイドがオープンスタイルで軽やかな着こなしも可能。ボーダーシャツにワイドパンツは、そのままでは幼い印象になりがちですが、ジレ一枚で引き締まった大人カジュアルに。ベルトでシルエットの調整も可能なので、ゆったりとしたボトムに羽織っても全体がバランスよくまとまります。

    ノーカラージレに襟付きシャツをイン

    ジレにはTシャツやカットソーなど、ネックラインがすっきりしたクルーネックなどを合わせることが多いですが、あえて下からシャツの襟をだすのもありです。引き締まったコーディネートに格上げしてくれます。とはいえ、Yシャツのようなかしこまったシャツではなく、袖コンシャスブラウスなどを合わせてこなれ感を出しましょう。

  • 9. まとめ

    羽織るだけで簡単にコーデを格上げできて体型カバー力も抜群のジレは、スタイルよくおしゃれを楽しみたい人の心強い味方です。身体のラインが出やすいコンパクトなトップスやニットワンピースも、ジレがあることで取り入れやすくなり、なかなか手が出せないカラーパンツや柄物のアイテムにも挑戦しやすくなるなど、メリットだらけです。デニムとTシャツの何気ない着こなしだって、ジレをプラスすることでシンプルなカジュアルコーデから、きれいめコーデに一気にあか抜けします。ぜひ、普段の着こなしにジレを取り入れて、表情の変化を楽しんでみてください。

    *******
    執筆者:ゆみ
    フリーライター。広告制作プロダクションを経て独立し、Webや雑誌でファッション、グルメなど幅広いジャンルで執筆。先住猫と保護猫2匹との生活を満喫中。

    ベスト一覧

    Tシャツ・カットソー一覧

    ニット・セーター一覧

    ベスト一覧

    こなれたオシャレを楽しむ女性に寄り添う、新鮮なリアルクローズ

    きれいめカジュアルファッションRanking

    • 1

      【ブラウス見え】前後2WAYカットソー

      ¥1,991 (税込¥2,190)〜

    • 2

      裾プリーツ重ね着風チュニック

      ¥2,490 (税込¥2,739)〜

    • 3

      花粉が落ちやすいステンカラーコート【防花粉・撥水・防汚】

      ¥6,990 (税込¥7,689)〜

    • 4

      ベストセットアップ(ポケット付ベスト+パンツ)

      ¥4,599 (税込¥5,058)〜

    • 5

      フーデットロングトレンチコート

      ¥5,390 (税込¥5,929)〜

    • 6

      6枚ハギドラマティックチュールマキシ丈スカート

      ¥1,999 (税込¥2,198)〜

    きれい目カジュアルファッションをもっと見る >

    メンズライクで洗練されたカジュアル×モードMIXスタイル

    カジュアル×モードMIXファッションRanking

    • 1

      ガーゼ裏毛 重ね着風長袖トップス [Soiunique]

      ¥2,699 (税込¥2,968)〜

    • 2

      ナイロンモッズコート(フード取り外し可能) [Soiunique]

      ¥4,199 (税込¥4,618)〜

    • 3

      コクーンシルエット裏毛カーディガン [Soiunique]

      ¥3,990 (税込¥4,389)

    • 4

      オーバーサイズデニムジャケット [Soiunique]

      ¥3,990 (税込¥4,389)

    • 5

      綿100%ゆったりVネックニット [Soiunique]

      ¥2,699 (税込¥2,968)〜

    • 6

      綿100%ゆるシルエット超ワイドパンツ [Soiunique]

      ¥3,490 (税込¥3,839)〜

    カジュアル×モードMIXファッションをもっと見る >

    ひとさじの甘さを加えた大人のリラックススタイル

    大人可愛いナチュラル服Ranking

    • 1

      裾プリーツ重ね着風チュニック

      ¥2,490 (税込¥2,739)〜

    • 2

      UVカット指穴付ジップアップパーカー【私の味方服】

      ¥2,990 (税込¥3,289)〜

    • 3

      綿100%長袖プリントTシャツ(UVカット)

      ¥1,290 (税込¥1,419)〜

    • 4

      バックレース使いスキッパーコクーンシャツワンピース

      ¥2,990 (税込¥3,289)〜

    • 5

      美脚見えストレッチレギンスパンツ(選べる2レングス)

      ¥1,790 (税込¥1,969)〜

    • 6

      サイドボタン異素材切替カットソーワンピース

      ¥2,990 (税込¥3,289)〜

    大人可愛いナチュラル服をもっと見る >

    スイートな可愛らしさと上品さをもつフェミニンスタイル

    大人のフェミニンファッションRanking

    • 1

      袖プリーツスタンドカラーブラウス

      ¥2,990 (税込¥3,289)〜

    • 2

      【毛玉になりにくい】洗えるデザイン編み柄パフスリーブニット(もちもち綿混)(セットアップ対応)

      ¥2,990 (税込¥3,289)〜

    • 3

      配色フレア袖ブラウス(カットソー裏地付)

      ¥2,490 (税込¥2,739)〜

    大人のフェミニンファッションをもっと見る >

    こだわって改良し続ける、世代を超えて愛されるnissen オリジナル服

    進化するBASICな服Ranking

    • 1

      綿混シンプルニットカーディガン(UVカット・毛玉になりにくい)

      ¥2,490 (税込¥2,739)〜

    • 2

      すごく伸びるデニムスキニーパンツ(選べる3レングス)

      ¥1,999 (税込¥2,198)〜

    • 3

      すごく伸びる綿混スキニーパンツ(選べる3レングス)

      ¥2,499 (税込¥2,748)〜

    • 4

      【花粉がつきにくい】トレンチコート(裏地ストライプ・共布ベルト付)(はっ水・防汚機能)

      ¥5,299 (税込¥5,828)〜

    • 5

      裏側フリースロング丈パーカー

      ¥2,990 (税込¥3,289)〜

    • 6

      【花粉がつきにくい】Dカンサイドベルトロングコート(裏地ストライプ)(はっ水・防汚機能)

      ¥6,990 (税込¥7,689)〜

    進化するBASICな服をもっと見る >

    HOT CONTENTS

    【白シャツコーデ】1枚でも羽織にも大活躍の白シャツは間違えると古い印象に。白シャツを素敵に着こなすコツをご紹介 【レイヤードスタイル】こなれ感を演出できるレイヤード・重ね着スタイル。今年のおすすめレイヤードスタイルをご紹介 【くすみカラー(ニュアンスカラー)】で落ち着いた大人っぽく洗練されたコーデを作るコツを紹介します 【パンツスタイル】マンネリ化やカジュアル過ぎて手抜き感が出てしまわないための、最旬のパンツスタイルのコツご紹介 【オーバーサイズコーデ】流行りのビッグシルエットアイテムを気太りやだらしなく見せないための着こなし方をご紹介 【マニッシュコーデ】メンズライクなのに女性らしさを引き立たせるマニッシュコーデ。コーデ作りのポイントをご紹介します 【ロンTコーデ】ベーシックだからこそおしゃれに着こなすのが難しいロンTコーデのコツをご紹介 【顔タイプ診断】自分のお顔のタイプで似合う洋服のテイスト・髪型がわかります!さっそく診断してみて! 【チェックパンツコーデ】オフィスでもカジュアルでもチェックパンツは大活躍!チェックパンツの着こなしをご紹介 【トレンチコートコーデ】春・秋・冬とロングシーズン着こなせるトンレンチコートの着こなし方をご紹介 【カーディガンコーデ】コーデの主役にも引き立役にもなるカーディガンを使ったコーディネートをご紹介 【ジャケットコーデ】トラッド系・きれいめなど、羽織るだけでコーデを引き締めてくれるジャケットを使ったコーディネートをご紹介 【シャツコーデ】トレンドを押さえた大人女子におすすめのシャツコーデを、色柄や素材別にご紹介 【足が細く見えるパンツ】体型カバーが叶う着痩せコーデをご紹介します。スタイルアップを狙いたい方はぜひチェック! 【ジレコーデ】目にする機会が増えたトレンドアイテムのジレの魅力やおしゃれな着こなし術を徹底解説します。 【骨格診断】骨格タイプで似合うファッションスタイルや素材・髪型などがわかります!今すぐチェック 【ワイドパンツコーデ】カジュアル見えしがちなワイドパンツコーデのOK・NGポイント、きれい見えポイントをご紹介します 【ロングスカートコーデ】体型カバーもできるけれど間違えるとダサ見え・太って見えるロングスカート。きれい見えポイントを伝授します。 【Tシャツコーデ】大人女子のためのTシャツコーデ。夏に大活躍のTシャツをきれいめにこなれ感ある着こなしにするコツご紹介します 【40代のカジュアルファッション】40代のカジュアルファッションを垢抜けさせるポイントをご紹介 【30代ファッション】似合う服装も変化してきた30代におすすめしたいプチプラできれいめなコーデをご紹介します。 【40・50代の夏コーデ】大人女子におすすめな体型カバー&トレンドを押さえた夏コーデをご紹介します 【白パンツコーデ】合わせるアイテムによってはぼやけたこーでになる白パンツを素敵に着こなすコツをご紹介します 【ジャンパースカートコーデ】大人こそ極めてほしい体型カバーにもよいジャンパースカートコーデ 【大人ワンピース】大人世代がワンピースを素敵に着こなすヒントを体型別・色別・季節別にご紹介します。 【秋冬コーデ】今季真似したい大人女子向けの秋冬コーデをご紹介します。