足のサイズの測り方&靴の選び方

ぴったりサイズの靴を選ぶなら 知っておきたい 足のサイズの測り方

通販で靴を買うのって不安、選び方が分からない…という方、多いですよね。自分の正しい足のサイズを知って、あなたにぴったりの靴を見つけましょう!

足のサイズを測る前に・・・

『自分の足のサイズをきちんと知るということ』
あなたが今ぴったりだと思っている、その靴のサイズ
あなたの思い込みかもしれません。
実は、自分の足のサイズを正しく認識していない方、
正しいサイズの靴を選んでいない方は多いのです。

『ぴったりの感動を、ぜひあなたにも体感いただきたい』
靴を買う前に、このページを参考に、自分のサイズを正確に測ってみてください。
測ったときの数値は、あくまで目安にはなりますが、
自分に合った靴を選ぶために、自分の足の足長そくちょう足囲そくいを知ることは、
あなたにぴったりの靴に出会うための大切な指標になります。

足のサイズ

サイズ表記について 靴のサイズは 足長とワイズ(足囲)が表示されています。

足のサイズの測り方まずは測定のための準備。
一人では測りにくいので、できればまわりの人に測ってもらいましょう。

■用意するもの
①足長計測シート ②鉛筆 ③厚みのある本
④はさみ ⑤セロハンテープ

測定用紙の左の帯をキリトリ線に合わせてはさみなどを使って切り取ってください。※切り取った帯は後で使用します。
A4プリンタで出力する場合は、横の切り取り線で切った後、貼り合わせてください。
※はさみをご使用の際は、怪我されないようにご注意ください。

■ご注意
※プリントの状態によって、計測シートの目盛に誤差が生じる場合があります。
定規などで誤差がないかご確認の上ご使用ください。

では、測定していきましょう。

【1】足長を測りましょう
  • 1. 横線の上に本の背の部分を合わせておきます。
  • 2. 縦線の上にかかとの中心と人差し指(第2指)の中心がくるように足を置きます。この時、本の背とかかとの一番でっぱっている部分が接するようにしてください。
  • 3. 本をつま先側にもってきて、縦線と垂直になるように本を置きます。
  • 4. 本を縦線と垂直のまま指にあたる位置まで動かします。あたった位置の線に印をつけます。印をつける時は背中をまっすぐ伸ばし、まっすぐ立つようにして下さい。親指にあたるか、人差し指(第2指)にあたるかは人によって違います。
  • 5. 印の位置の数字を見てみましょう。それが足長になります。
足長を測りましょう
【2】できれば足囲を測りましょう。
  • 1. 最初に切りとった帯を準備します。
  • 2. 裏側の白い面が上になるように置き、紙の上に親指側のでっぱり(指の付け根)と小指のでっぱりがくるように足を置きます。
  • 3. 紙を足の甲にまわしてスタートラインが片側とあう位置に印をつけます。そこが足囲となります。
足囲を測りましょう

あなたの靴のサイズをチェック!

足長cm

足囲cm

足長・足囲ともに小数第一位までご入力下さい。(例)24.8、23.2など

大変申し訳ございませんが、ベストサイズのアイテムはございませんでした。
サイズ表にて、より近いサイズのアイテムをご確認ください。

あなたの靴のベストサイズは、

cm /

あなたのベストサイズの靴を見る

単位:cm

足長 足囲(ワイズ)
E 2E 3E 4E 5E
ゆったり幅広
21.0 ~21.6 ~22.2 ~22.8
21.5 ~21.9 ~22.5 ~23.1
22.0 ~22.2 ~22.8 ~23.4
22.5 ~22.5 ~23.1 ~23.7
23.0 ~22.8 ~23.4 ~24.0 ~24.6 ~25.2
23.5 ~23.1 ~23.7 ~24.3 ~24.9 ~25.5
24.0 ~23.4 ~24.0 ~24.6 ~25.2 ~25.8
24.5 ~23.7 ~24.3 ~24.9 ~25.5 ~26.1
25.0 ~24.0 ~24.6 ~25.2 ~25.8 ~26.4
25.5 ~24.3 ~24.9 ~25.5 ~26.1 ~26.7
26.0 ~24.6 ~25.2 ~25.8 ~26.4 ~27.0
26.5 ~24.9 ~25.5 ~26.1 ~26.7 ~27.3
27.0 ~25.2 ~25.8 ~26.4 ~27.0 ~27.6

大変申し訳ございませんが、遷移先に在庫がない場合がございます。

足のタイプ

足の形には個人差があり、親指が長い人、人差し指が長い人など指先にも違いがあります。こうした特徴から足のタイプは「エジプト型」「ギリシャ型」「スクエア型」に分類されています。タイプに合ったトゥの形があります。パンプスを選ぶときには、ぜひ参考にしてください。

ラウンドトゥパンプス

ラウンドトゥパンプスをもっと見る

スクエアトゥパンプス

スクエアトゥパンプスをもっと見る

ポインテッドトゥパンプス

ポインテッドトゥパンプスをもっと見る

ニッセンの靴は豊富なサイズ展開です

ニッセンの靴は、サイズ×ワイズのバリエーションが豊富!サイズ(足長)は21.5cm~27.0cmまで、ワイズ(足囲)は5Eまで。

サイズだけではなく、ワイズと組み合わせて靴を選ぶことで、
ぴったりサイズの靴に出会うことができます。
ニッセンでは、アンケートデータやモニター会の実施等を通じてサイズ設計を行っています。

自分に合ったサイズの靴に出会うなら、ニッセンで。

私は足の幅が広い&サイズも大きいから靴選びには苦労してます。オシャレな靴もなかなか見つかりません。

自分にぴったりなパンプスを見つけたことがない。 ブカブカだったり、かかとがカパカパしたり。

ニッセンなら、ゆったり幅広(4E~)のものですと、27.0cmまでの取り扱いがあります。カラーバリエが豊富なパンプスなどもありますので、ぜひオシャレを楽しんでください♪

それは、足長と足囲にぴったりの靴ではないのかもしれません。ぜひ一度ご自身の足のサイズを測って、ぴったりサイズのお気に入りの靴を見つけてください。

大きいサイズの靴は、ただサイズを大きくしているワケではありません。こだわりが詰まっています。

こだわりポイント01

ヒールは
低め&太めで安定感があるように

画像未着

安定感を重視して床との設置面積が大きくなるようにヒールを少し太めに設計。デザイン性とのバランスを重視しています。また、高さも7cm以下を基準としています(ウェッジ等の厚底は除く)(※一部商品を除く)

大きいサイズパンプスを見る> 大きいサイズサンダルを見る> 大きいサイズブーツを見る>

こだわりポイント02

基本的には底幅そこはばから広く

画像未着

ワイズは足囲なので、1周ぐるりの長ささえ基準を超えれば4Eと言えますが、底幅が狭いまま足囲を大きくすると底から足がはみ出すので可能な限り底幅から広く作るようにしています。(※一部商品を除く)

大きいサイズスニーカーを見る> 大きいサイズフラットシューズを見る> 大きいサイズパンプスを見る> 大きいサイズサンダルを見る> 大きいサイズブーツを見る>

こだわりポイント03

脱ぎ履きが楽になる仕様

画像未着

履き口は大きめに設計。より脱ぎ履きしやすいように、ファスナー付きで開閉できるようにしています。ロングブーツは全開できるファスナーを採用。(※一部商品を除く)

大きいサイズスニーカーを見る> 大きいサイズブーツを見る>

こだわりポイント04

ストラップは太め&長く、
バランスよく

画像未着

細すぎると食い込みがちなストラップは少し太め&長めに設計しています。デザイン性を損なわない絶妙なバランスで調整しています。ストラップの穴は、3段階調節が多い中、5~6段階で調整できてラクラク。フックは、片手で対応しやすいホック式にして脱ぎ履きが楽になる仕様にしています。(※一部商品を除く)

大きいサイズストラップパンプスを見る> 大きいサイズストラップサンダルを見る>

あなたにぴったりの靴選びのためのチェックポイント

  • かかとに靴はくっついていますか?かかとは足の中でも重要な場所。かかとがカパカパしていると歩き方も不安定になります。
    きつい場合も履き心地が苦痛に。サイズの調整が必要です。
  • つま先の形と靴の形は合っていますか?足のタイプでもご説明した通り、人にはそれぞれつま先の形が違います。つま先の形にあった形の靴を選んでみてください。
  • 足囲はフィットしていますか?靴の長さは合っていても、靴の幅が大きめだと履き心地も悪く、靴に足が擦れてしまうことも。足囲も適度にフィットする靴を選びましょう。
  • 土踏まずのアーチは合っていますか?パンプスなどのレディース靴は、土踏まずのアーチが自分の足と合っているかもポイントです。

シューズランキング

スニーカー

スニーカーをもっと見る

サンダル

サンダルをもっと見る

フラットシューズ

フラットシューズをもっと見る

大きいサイズ シューズランキング

大きいサイズ パンプス

大きいサイズ スニーカー

大きいサイズ スニーカーをもっと見る

大きいサイズ サンダル

大きいサイズ サンダルをもっと見る

大きいサイズ フラットシューズ

大きいサイズ フラットシューズをもっと見る