【2022春夏】体型別!スタイリストが教えるぽっちゃりさんのスカートの着こなしテクニック

【2022春夏】体型別!スタイリストが教えるぽっちゃりさんのスカートの着こなしテクニック

30〜40代になると、スカートが楽だからと選んではいませんか?
自分に似合っていたり、体型カバーしてくれたりするものの方がよりスタイルアップして見えますし、トレンドも自分らしく取り入れると、没個性から一気にオシャレさんへと変身できます。
今回は、体型別にオススメのスカートをご紹介します!

自分の体型タイプがわからない方の診断はコチラ

【2022春夏】今年のトレンドは「ビビッドカラー」「スパークリング素材」

ここ数年はリラックス感のあるパンツスタイルがメインでしたが、2022年春は、長いコロナ禍から抜け出すかのような解放的な喜びを表すことができるスカートスタイルがメインの予感。
明るい未来を思わせるようなビビッドで鮮やかなボジティブカラーや、透ける素材や光るスパークリング素材が特にホットです。

定番チェックやストライプ柄も色あざやかに楽しんで!スカートの形は様々ですが、特にミニ丈やコンパクト丈で楽しさを味わって。

【2022春夏】今年のトレンドは「ビビッドカラー」「スパークリング素材」

コーディネートの詳細はこちら>>

春には特に重たくなりがちな黒も、このようにコーデ全体にチラして用いたり、スケ素材にしたりすると軽く見えます。足首を出した靴を合わせると抜け感が出てさらにGOOD。

【Drop型】お尻&太ももががっちりな下半身ぽっちゃりさんにはAラインスカート

下半身ぽっちゃりさんには、気になるお尻や太ももをさりげなくカバーしながら、スッキリと視線が下に流れてくれるAラインスカートがおすすめ。

ロングスカートになるほど、視線が下に集中するので、大きなお尻や太い足から意識をはずすことができます。足首でカットされているスカートだと細い部分を強調できるので、着やせ効果◎です。

 

【Drop型】お尻&太ももががっちりな下半身ぽっちゃりさんにはAラインスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

定番のデニムスカートコーデですが、トップスにチェック柄やスケ素材やスパークリング素材を合わせると、今季のムードに。お尻や太ももを隠そうとして、チュニックなど隠れるトップス丈を選ぶよりも、このように思い切ってボトムにインした方がスッキリ見えることがほとんどです。

【Drop型】お尻&太ももががっちりな下半身ぽっちゃりさんにはAラインスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

落ち感のあるイレギュラーヘムのシルエットのスカートは、気になる太ももやお尻をすっきりカモフラージュしてくれます。目に留まる綺麗色のトップスを合わせれば視線が上半身に集まるので、なおさらGOODです。

【Drop型】お尻&太ももががっちりな下半身ぽっちゃりさんにはAラインスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

Aラインのミディ丈スカートコーデはDropさんにピッタリ。
視線が下に集中しますがAラインなので気になる大きいお尻や太ももをうまくカモフラージュしてくれます。
バイアスにとったチェックも視線を斜めに流してくれるので痩せ見え!
トップスも思いきってインした方が脚長効果も出ますね。

【Drop型】お尻&太ももががっちりな下半身ぽっちゃりさんにはAラインスカート

透け感のあるシアーな素材が今年っぽいスタイル。気になる太ももはしっかり隠れたコーデなので、ぽっちゃりさんでも安心です。

【Drop型】お尻&太ももががっちりな下半身ぽっちゃりさんにはAラインスカート

AラインのロングスカートのシルエットだけでもDropさんの体型カバーになるのですが、上からチュニック丈・ロング丈のワンピースと合わせるのも、体型カバーに使えるテクニック。
足元が際立ち、気になるお尻や太い太もものスッキリ見せが叶います。

【Drop型】お尻&太ももががっちりな下半身ぽっちゃりさんにはAラインスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

秋らしい装いが一気に叶うジャンパースカートコーデ。緩やかに広がる直線的なAラインシルエットが下半身ぽっちゃりさんのスッキリ見えを実現します。大きめのチェックもバランスGOOD。スカートの上からアウターを羽織るだけではなく、ニットの上にスカートを重ねてもいいので様々な表情を楽しめます。

【Drop型】お尻&太ももががっちりな下半身ぽっちゃりさんにはAラインスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

下半身ぽっちゃりさんにオススメのプリーツスカート。気になるところをふんわりとカバーするだけではなくプリーツが縦ラインを強調して痩せ見え効果が期待できます。色もデザインもトレンド感バッチリです。

Drop型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

Drop型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

フレアやギャザーは必要以上にお腹やお尻周りを強調してしまうことも。また、お尻を隠そうとして中途半端に下ろしたトップスもヘムライン(裾)がお尻の大きいところに乗っていると余計に目立ってしまうこともあります。さらに、脚が最も太くなっているところでカットしたスカート丈も、その部分を強調して見せてしまう可能性が。

Drop型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

前から見ると一見スッキリ見えるシルエットなのですが、バックスタイルがお尻の下からフレアになっていてボリューミー。意外と大きなお尻が強調されてしまうかもしれません

【Muscat型】肩幅&二の腕が気になる上半身ぽっちゃりさんにおすすめのフレアスカート

上半身の太さが気になるぽっちゃりんさんは、ボトムにボリュームを持たせて上半身とのバランスをとるのがおすすめ。上半身と下半身がアンバランスだと太って見えてしまうためです。
フレアスカートなど、ボリュームのあるアイテムは、上半身よりもスカートに視線を集めることもできます。大胆な色柄や、個性的なデザインのスカートなども同じような効果が得られるので試してみてくださいね。

【Muscat型】肩幅&二の腕が気になる上半身ぽっちゃりさんにおすすめのフレアスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

上半身はコンパクトにまとめ、フレアシルエットで下半身にボリュームを持たせた、マスカットさんへのオススメコーデ。綺麗な色目が今季のトレンド感満載で春のムードを盛り上げてくれますね。

【Muscat型】肩幅&二の腕が気になる上半身ぽっちゃりさんにおすすめのフレアスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

切り替えデザインが特徴的なプリーツスカート。デコラティブなデザインで下半身のボリュームを取り、全体的にいいバランスを作ってくれます。マスカットさんの場合、ジレはあまりお勧めしませんが、もしも身につけたい場合は色を目立たないようになじませるのがオススメ♫

【Muscat型】肩幅&二の腕が気になる上半身ぽっちゃりさんにおすすめのフレアスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

トレンドカラーの揺れるレース使いで、下半身に視線を釘付けさせしましょう。気になる肩幅や二の腕もカモフラージュできますよ。

【Muscat型】肩幅&二の腕が気になる上半身ぽっちゃりさんにおすすめのフレアスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

エコレザーのスカートを使ったコーディネート。レザーなのに軽やかに着こなしていただくことができ、クールになりがちなのにボリュームのあるフレアラインが大人っぽい女性らしさを演出してくれます。モードに寄りすぎないように、ナチュラルに見えるワッフル素材などと合わせれば、より今季っぽく着こなしていただけます。クールエレガントなイメージがミソ。

【Muscat型】肩幅&二の腕が気になる上半身ぽっちゃりさんにおすすめのフレアスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

上半身はコンパクトにスッキリまとめて、下半身にボリュームをもたせたメリハリコーデ。ラグランスリーブ調のコクーンカットソーは着心地もラクで、気になる肩幅をさりげなくカモフラージュしてくれるのでオススメです。ロングフレアのチュールスカートは、エレガントさを追加してくれるだけではなく、ボリューミーな上半身とのバランスを上手に取ってくれます。

【Muscat型】肩幅&二の腕が気になる上半身ぽっちゃりさんにおすすめのフレアスカート

レオパード柄なのにチュール付き、という甘辛バランスがGOOD。
アースカラーのミックスカラーが定番色なのに個性的でなおGOOD。体型をカバーしつつ、MUSCATさんの「らしさ」を活かし、トレンド感もありながら人と差別化を図れる・・・といった秀逸アイテムです。

Muscat型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

Muscat型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

上半身に視線が集まるようなデザインは避け、できるだけ目線が下に集まるように、下半身にポイントのあるデザインやボリュームを持ってきましょう。

Muscat型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

今季トレンドのベスト合わせコーデですが、上半身にボリュームがあるマスカットさんは、ボリュームが出すぎてしまう可能性があるので注意。トレンドのレトロワンピを強調するように一枚仕立てで着こなして頂いた方がスッキリして見えます。ベストを合わせるなら、ロングジレがオススメ。

【Egg型】全体的にコロンと丸めのぽっちゃりさんにはアシンメトリーorイレギュラーヘムスカート

全体的に丸めのEggタイプさんは、メリハリのあるコーディネートを作ることが大事!
気になるお腹周りをふんわりカバーしつつ、手首・足首・首元はしっかり出してメリハリをつけましょう。
おすすめアイテムは細い足首周りを強調することができるアシンメトリーやイレギュラーヘムのスカートです。

【Egg型】全体的にコロンと丸めのぽっちゃりさんにはアシンメトリーorイレギュラーヘムスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

歩くたびに視線が揺れるイレギュラーヘムで上手にめくらまし。装いに立体感やメリハリが出てきます。特に「ナナメ」はコロンとしたぽっちゃりさんにはオススメのラインです。

【Egg型】全体的にコロンと丸めのぽっちゃりさんにはアシンメトリーorイレギュラーヘムスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

アシンメトリーな左右非対称のデザインが魅力のスカート。全体的にまあるいエッグさんにとってはメリハリがつきますし、歩くたびに一部が揺れるデザインで、上手な目くらまし効果が期待できます。手首や足首はスッキリ出すとなおGOOD。

【Egg型】全体的にコロンと丸めのぽっちゃりさんにはアシンメトリーorイレギュラーヘムスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

今季らしいセルリアンブルーのすっきりブラウスに、イレギュラーヘムのスカートを合わせたコーデは、メリハリがついてEgg型さんにオススメです。

【Egg型】全体的にコロンと丸めのぽっちゃりさんにはアシンメトリーorイレギュラーヘムスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

どちらも今季らしい花柄スカートコーデ。全体的に淡い色でボケてしまいそうな時は、アウターを羽織ることでメリハリコーデが作れます。Egg型さんは、手首や足首をしっかり出して強調しましょう。

【Egg型】全体的にコロンと丸めのぽっちゃりさんにはアシンメトリーorイレギュラーヘムスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

Egg型さんの気になるお腹周りをふんわりカバーしつつ、手首や足首は出して作る抜け感コーデがポイント。ビビッドな色でコーデにメリハリをつけるのもオススメです。

【Egg型】全体的にコロンと丸めのぽっちゃりさんにはアシンメトリーorイレギュラーヘムスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

全体的にコロンとした丸めのぽっちゃりさんには、ロングスカートでもコーデのメリハリを意識してあげるとGOOD。スカートの切り返しがリズミカルなコーデを演出してくれます。

【Egg型】全体的にコロンと丸めのぽっちゃりさんにはアシンメトリーorイレギュラーヘムスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

トレンドのチェック。コロンと丸めのぽっちゃりさんは、小柄だとモアレのようになって余計に膨張して見えてしまう可能性があるので、大柄がオススメ。また、普通のチェックはどっしりとした安定感が出てしまいがちですが、斜めに並んだバイアスチェックにすることで視線が斜めにスッキリ流れてくれて、上手にカモフラージュできます。

Egg型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

Egg型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

首や腰のくびれ、手首足首を隠した全身ボリューミーなコーデは、エッグさんにとっては着膨れして見えてしまう可能性大です。メリハリや抜け感といったスッキリ感を意識してコーディネートを組んでみてください。

Egg型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

モコモコ、ふわふわの全身ボリューミーなコーデは、余計に着膨れして見えてしまいます。アウターの丈感を短めにしたり、ジャストサイズにしてコンパクトにする、手首&足首を出す、などしてメリハリを意識してみましょう。

Egg型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

手首や足首を隠しすぎたり、黒を使い過ぎたり横に広がるボーダーコーデはEgg型さんには重たく感じてしまいます。全体的にコロンと丸いEggタイプさんには、もったいないスタイリングといえるでしょう。

【Bee型】ウエストがしっかりあるぽっちゃりさんにはウエストマークできるスカート

ウエストがしっかりあるBee型さんは、チャームポイントである細いウエストをちゃんと強調すべき。そのためには、ベルトやリボンで、ウエストマークされているデザインがおすすめ。
ウエストにデザイン性のあるものやメリハリのあるシルエットのスカートで、ウエストがギュギュっと細く見えるスタイルを実現してしまいましょう♪

【Bee型】ウエストがしっかりあるぽっちゃりさんにはウエストマークできるスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

ウエストにリボンがあるスカートにしっかりトップスインしてウエストを強調したスタイリング。アウターの丈もショートなところがバランスが取れていていいですね。

【Bee型】ウエストがしっかりあるぽっちゃりさんにはウエストマークできるスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

リボンでウエストマークし、トップスをインしたメリハリコーデ。BEEさんのいいところを強調した、BEEさんにピッタリのスタイリングです。全体にコンパクトなシルエットも今年らしいです。

【Bee型】ウエストがしっかりあるぽっちゃりさんにはウエストマークできるスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

ウエストで切り替わるタイプのジャンパ―スカートはウエストを強調したいBeeさんにおすすめ。
ハイウエストのデザインがスタイルアップして見せてくれるだけではなく、中央のボタンラインが縦ラインを強調し着痩せ効果も。

【Bee型】ウエストがしっかりあるぽっちゃりさんにはウエストマークできるスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

デニムスカートのプリーツであるデニムプリーツは今季らしいトレンドアイテム。
ウエストがあるタイプのBee型さんは、トップスを短めにしたり、インしたりすることで、しっかりウエストをマークするようにしましょう。良さが引き立ちます。

【Bee型】ウエストがしっかりあるぽっちゃりさんにはウエストマークできるスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

Bee型さんお得意のウエストマークのフレアスタイルコーデ。ジャケットを着なくてもフレアスカートが引き立ち、スッキリとしたコーデになります。

【Bee型】ウエストがしっかりあるぽっちゃりさんにはウエストマークできるスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

フレアスカートに、とろみシャツを合わせたレディライクなコーデですが、秋らしい渋い色なのでそこまで甘くなりすぎず、大人の上品な雰囲気を醸し出しています。こちらはビッグシルエットのチュニックシャツですが、思い切ってウエストインしてしまった方が特にBeeさんはすっきり見えます。この場合は特にフレアスカートなので、インした方がメリハリがついてスッキリ見えます。

【Bee型】ウエストがしっかりあるぽっちゃりさんにはウエストマークできるスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

トップスはスッキリボトムにインしてコンパクトにまとめ、ウエストをしっかり強調してあげたコーデ。
こちらはドルマンニットのロングカーデですが、同じアイテムでも、着こなし方で随分と自分テイストに変えることができます。個性的なベルトでさらに強調してあげてもさらにGOOD。バックルなど、キラっと光るアイテムで強調してあげればチャームポイントがさらに華やぎます。

【Bee型】ウエストがしっかりあるぽっちゃりさんにはウエストマークできるスカート

秋らしい色柄のコーデに、ビビッドな赤のベルトやバッグが粋なアクセントになっていて、とってもオシャレ。
一気に玄人レベルのコーデへとステップアップできます。
ウエストをすっきり強調したいBeeさんならではの一推しコーデです。

Bee型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

Bee型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

ウエストを隠してしまうことでBeeさんのチャームポイントが隠れて寸胴に見え、なおかつトップスが長いことで胴長に見えてしまうコーデ。のっぺりとした残念な印象になってしまいます。

Bee型さんに似合わないスカート・太って見えてしまうスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

中途半端な丈のトップスを外に出した着こなしはBeeさんには勿体無いです。出すならウエストあたりで切れるコンパクトな丈感にするか、ベルトなどでウエストマークするのがオススメです。

腰回りやお尻が大きい、骨盤が広い、足が太いという悩みに、スカートでお尻カバーするテクニック

プリーツやタックやギャザーなど、必要以上にボリュームのあるデザインは、大きいお尻や腰回りといった骨盤の広さを余計に強調してしまうのでNG。
そのようなデザインを着る場合は、上からワンピースやチュニックをかぶせてレイヤード風にして必要以上の広がりを抑え、裾から覗かせる程度にしましょう。揺れる裾で視線を足元に集中させることで、気になる大きなお尻や腰周り、広い骨盤周りから視線を外し、足の太さをカバーすることができます。

スカートを単品で用いるなら、綺麗に落ち感のある生地を用いたAラインや、適度なハリ感のある直線的なシルエットのスカートの方が、気になるお尻や骨盤、足の太さをカバーできてオススメです。今季は特にコンパクトなラインがトレンドですので、着膨れするくらいなら、思い切って春らしいタイトなデザインで軽快に見せるのも着痩せにオススメです。

腰回りやお尻が大きい、骨盤が広い、足が太いという悩みに、スカートでお尻カバーするテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

今季トレンドのチェックスカート。タイトでコンパクトなシルエットも今年らしいです。ぽっちゃり感は、中途半端に隠すくらいなら、潔く出したりコンパクトにまとめた方がスッキリ見えることもあることをお忘れなく♫

腰回りやお尻が大きい、骨盤が広い、足が太いという悩みに、スカートでお尻カバーするテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

今季トレンドのチェックを、今季らしいビビッドカラーで組み合わせたコーデ。色みがはっきりとしたビビッドカラーは引き締め効果も期待できるのでオススメです。

腰回りやお尻が大きい、骨盤が広い、足が太いという悩みに、スカートでお尻カバーするテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

トレンドのエコレザーを使ったフレアスカートですが、上からビッグシルエットのチュニックをかぶせることで余分な広がりを抑えています。こちらのモデルさんのように色素が明るく温かみのある方は黒やレザーが重たくなりがちですが、このように似合う色や素材を上からかぶせてしまうことで上手にカモフラージュ。似合わない色の似合わせをしながらトレンドのコーデもかなう、一石二鳥のお洒落コーデです。

お尻が大きい、骨盤が広いという悩みに、スカートでお尻カバーするテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

適度にハリ感のある生地で広がりすぎず、シルエットも直線的なので全体的にスッキリ見えます。VラインやXラインなどのシャープな斜めのポイントが前後ろ共に上半身にあるので、気になる下半身から視線を上手にハズしてくれます。綺麗な色目のものを上半身に持ってくれば、なおさら視線をトップスに集めることができますよ。

「太って見える」を攻略!スカート別・痩せて見える着こなし方

ナロースカート・タイトスカートの太って見える要因と対策

ナロースカートとタイトスカート。どちらもコンパクトなシルエットに変わりはないですが、ナロースカートは膝下〜足首くらいまでの長めのスカートで、タイトスカートは膝丈くらいまでのスカートです。

ナロースカートやタイトスカートが太って見えてしまう原因は、サイズ感や素材感。コンパクトなシルエットだからといって、実際よりも小さめのサイズは危険です。ジャストサイズを選びましょう。また、生地感が薄かったり肉感を拾ってしまうようなものだったりすると、ボディラインが強調されてしまうので、適度な厚みやハリ感がある生地が着痩せにオススメです。
また、タイトスカートで注意が必要なのが横ジワ。キツイところには横のシワが出やすいので横ジワが出ない素材感やサイズ感を選ぶようにしましょう

ナロースカート・タイトスカートの太って見える要因と対策

コーディネートの詳細はこちら>>

直線的で縦長のIラインシルエットに加え、胸元や足元など、このようにナナメのラインを追加するとスッキリ見えることもあります。二の腕はさりげなく隠したほうがよりスッキリ見えますネ。

フレアスカートの太って見える要因と対策

お腹・お尻周りにもボリュームのあるようなボリューミーなフレアスカートだとふとってみえてしまう要因になります。お腹やお尻周りがもたつくような過剰なフレは避け、裾に向かってフレアのボリュームが増加するようなものを選ぶと、全体的にメリハリがついて着膨れを防ぐことができます。

フレアスカートの太って見える要因と対策

コーディネートの詳細はこちら>>

お腹やお尻周りは適度にふんわり程度に抑え、裾に行くにつれてボリュームがでるフレアで視線を下に集めるテクニック。トップスにデザインのポイントがあることもメリハリの功を奏しています。

ジャンパースカートの太って見える要因と対策

ジャンパースカートが太って見えてしまう原因はメリハリがない事。メリハリがないとやはりのっぺりして見えてしまいます。VやYラインなどのナナメのラインや、ウエストマークなどのメリハリをつけてあげるとスッキリ見えます。

ジャンパースカートの太って見える要因と対策

コーディネートの詳細はこちら>>

胸元のカッティングがスッキリ見えを実現。襟なしでデコルテがあくトップスだとなおGOOD。全身明るい色だと膨張して見えてしまうこともあるので、その場合は、このように濃い色を組み合わせてメリハリをつけてあげると良いでしょう。

ハイウエストスカートの太って見える要因と対策

ハイウエストスカートの太って見える要因と対策

コーディネートの詳細はこちら>>

フロントタックのフレアスカート。ウエストゴムで、後ろはシンプルな設計です。ふんわりタックが、広がりすぎないようにお腹周りを上手にカバーしてくれることを期待できます。

マーメイドスカートの太って見える要因と対策

マーメイドスカートの太って見えてしまう原因は、体型にあったデザインを選んでいないから。腹やお尻、太もも周りがコンパクトなマーメイドスカートは、サイズ感や生地感が命。あまりタイトになりすぎないことと、厚手の生地で肉感を拾わないように注意すれば、メリハリのあるシルエットが完成します。

 

ハイウエストスカートの太って見える要因と対策

コーディネートの詳細はこちら>>

厚手のデニム素材は頼もしいアイテム。タイト過ぎないデザインでお尻周りを強調すうこともありません。カジュアルでラフになりがちなデニムスカートもマーメードラインにすると、レディライクな印象で甘辛バランスも絶妙です。

まとめ

スカートを着こなすコツは、自分の体型によく注目してみること。自分の良さを発揮できるコーデはたくさんあります。色が明るいとコーデ全体が膨張して余計に大きく見えてしまう…などとあまり恐れずに。色が暗すぎると、逆に重たく見えてしまうこともありますよ。

オシャレは足元から。コーディネートのポイントとしては、スカート単体だけで考えようとせず、もちろん全身のバランスで考えて。
お尻が大きい、お腹が出ている、骨盤が広い、足が太い…など気にしているところだけに注目せず、全体のシルエットで客観的に捉えてみるクセをつけてみましょう。

太い部分を隠すことだけに集中せず、足元は素敵な印象を演出できる場所と捉えて、ぜひトレンドも自分らしく取り入れながらファションを楽しんでみてくださいね。

ニッセンのスカート一覧→

こちらの記事もオススメ

人気の記事

都外川 八恵

都外川 八恵

色と波動のスタイリスト。COCOLOR(ココカラー)代表。https://cocolor.biz 企業向けコンサルや研修はもちろん、 内面の波動から「十人十色」の個性を見極め「なりたい」を実現するスタイリングが得意。 似合う色のみならず、似合う質感(パーソナルテクスチャー®︎)、似合う柄(パーソナルパターン®︎)、 似合う形(パーソナルライン&シルエット®︎)を768タイプから診断しています。 著書12冊、メディア出演多数。

ページの先頭へ