【ぽっちゃりさん向け】秋冬の結婚式・披露宴・二次会お呼ばれ服の選び方!パーティードレスやパンツスタイルドレスのコーデ解説も!

ぽっちゃりさんにオススメ!結婚式・お呼ばれコーデ(ドレス・パーティードレス・パンツドレス編)

朝晩に肌寒さを感じるようになってきた秋も深まる頃、ソーシャルディスタンスを保ちながら、またパーティーなどのお祝いの席も少しずつ増えてくるのではないでしょうか。
急なお呼ばれにも慌てない、ぽっちゃりさんにおすすめのお呼ばれ服やパーティードレス、またその選び方のコツをお届けします。

 

結婚式・披露宴・二次会お呼ばれ服(パーティードレス)の21-22年トレンド

いつの時代も女子のココロがわしづかみにされる「レース」ですが、2021年は特に注目の的。
大人っぽくクラシカルな印象にしたければ「はしごレース」、華やかにしたければ「ラメ入りレース」、キュートな印象にしたければ「チュールレース」、セクシーな印象にしたければレースから素肌をのぞかせるデザインにするなど…。レースと一口に言っても、様々な表情が楽しめます。
トレンドカラーとしては、イエローが台頭。とかく暗いニュースが多い世の中に光を刺してくれ、お祝いムードを盛り上げてくれます。
そして昨今のトレンドスタイルには欠かせない、グリーンやブルーも引き続き人気。ラベンダーなどのくすみカラーも上品さを演出できます。

パーティードレス

コーディネートの詳細はこちら>>

スタイリスト一押し!他の人と差がつく、トレンドお呼ばれワンピースです。
3種のレースの切り替えで、華やかさとクールさを兼ね備えた甘辛バランスがたまりません。

袖の部分がさりげなく透けているのもスッキリ見えるコツ。
普段使いから、フォーマルシーンまで幅広く使えること間違いなしです。

パーティードレス秋冬

コーディネートの詳細はこちら>>

奇をてらわないクラシカルなスタイルが逆に新鮮なパーティードレスです。普段使いでも楽しめそうですが、パーティースタイルはアクセサリーを足して華やかに。
胸元のカットや、さりげなく手首が出るデザインが痩せ見え効果につながります。
後ろウエストで絞ってあるデザインも、スッキリ見えますね。

パーティードレス秋冬
コーディネートの詳細はこちら>>

秋らしい深みのダークグリーンは、イエローベースの人にも、ブルーベースの人にもオススメできるトレンドカラー。総レースがゴージャスなのに、重たくなりすぎない透け感が軽やかで、バランスがとっても綺麗なデザインです。

秋冬の結婚式・披露宴・二次会お呼ばれ服(パーティードレス)を選ぶ際に押さえておきたいマナーやポイント

どんなに時代が変わっても基本は変わらない、結婚式マナー。
ちなみに結婚式・披露宴でのNGファッションは…

  • 肩、膝を出す(特にお式の時はNG。二次会などのカジュアルなパーティーでは可能な場合も。透けていても袖があるものは羽織などなくても大丈夫です。)
  • 花嫁さんとかぶる衣装(白いドレス)
  • 花嫁さんより目立つ服装(派手すぎる色柄など)
  • お葬式を連想させる全身黒い服装(黒いストッキングもNG)
  • つま先が出た靴、ぺたんこ靴、素肌が隠れるブーツなど
  • 殺生を連想させる革や動物柄(毛皮もフェイク&リアルともにNG)

秋・冬シーズンは、ドレスだけでは寒いのでついつい着込みたくなるもの。
行き帰りのコートや会場でのジャケットはOKだとしても、重ね着してしまうと、どうしても着膨れしてカジュアルなイメージになりがち。
カシミアなどの上質なストールを一枚持っておくと、厳粛なお式の際や、寒い時に羽織れるので便利です。

【ぽっちゃりさん向け】スタイリストが厳選!結婚式・披露宴・二次会お呼ばれ服(パーティードレス)の選び方!

ぽっちゃりさんが秋冬のお呼ばれ服・パーティードレスを選ぶ際は、横(水平)の切り替えのデザインはできるだけ避け、縦(垂直)のラインが生きているデザインを選びましょう。
また、隠そう隠そうとすると、余計に着膨れしたイメージになってしまうことも。
肌はチラ見せさせるくらいが、スッキリ見えるコツです。
太って見えないように、レイヤード(重ね)が多いデザインよりも、スッキリとしたデザインを選ぶこともポイント。オーバーサイズよりもジャストサイズを選ぶことも心がけましょう。
また、肉感を拾ってしまわないように適度に厚みのある生地もおすすめです。
秋らしい深みのある色は、収縮効果(着やせ効果)も期待できます。

パーティードレス秋冬

コーディネートの詳細はこちら>>

スッキリとしたコクーンワンピースで気になる体型をスッキリカバー。
ケープが気になる二の腕もカバーしてくれて便利です。

ワンピースの丈は、膝下であればもちろん一番安心感はありますが、友人の結婚式や二次会などでしたら、膝上5cmくらいまででしたら大丈夫です。(それ以上短いのは避けたほうが良いです。)親族などの身内の場合の結婚式に参列する場合は、膝を出しすぎないよう膝丈くらいがベストです。
デザインのポイントが上部に集まっているので、背が低めのぽっちゃりさんにもオススメのデザインです。

パーティードレス秋冬

コーディネートの詳細はこちら>>

ぽっちゃりさんのパーティードレスの装いとして、横のラインよりも縦のラインが強調されたスッキリデザインがおすすめです。
気になる二の腕も隠しきってしまい、腕(特に細い手首)を強調することで、コーデのぬけ感も出ます。
歩くたびに揺れる袖がエレガントで、目くらまし効果もあります。

パーティードレス秋冬

コーディネートの詳細はこちら>>

スカート部分にはトレンドのはしごレースが使われている、着るだけで上品な雰囲気が漂うワンピースドレス。ウエスト部分はゴムが入っているので締め付けが苦手な方や、ウエストまわりが気になる方にもおすすめです。

パーティードレスレース

コーディネートの詳細はこちら>>

クラシカルなイメージが今季らしいデザインのワンピースドレスです。
縦につらなるヨーク(切り替え)のラインが、縦長効果を醸し出し、スッキリ見えが期待できます。
手首が出る袖丈やデザインも抜け感が出ていいですね。

パーティードレス秋冬
コーディネートの詳細はこちら>>

上半身に上手な透け感を与えることで、視線が上部に集まりやすくなり、全体的にスッキリと見えるパーティードレスです。
裾(ヘムライン)はあえてVなどの斜めのラインにすることで、目くらまし効果につながり、水平な裾のラインよりも痩せ見えする効果があります。

パーティードレス秋冬

コーディネートの詳細はこちら>>

シンプルな縦長のスリット入りデザインも下半身のスッキリ見え効果が高いです。気になる膝をカバーしてくれる丈感は、お呼ばれやパーティーのシーンだけでなく、きちんと感を出したい日の装いにもおすすめです。

背が低いぽっちゃりさん向け、おすすめパーティードレス

背が低い方は、全身ワントーンコーデにすると視線が縦に流れやすくなるのでスッキリとして見えます。
加えて、ハイウエストを心がけたり、上半身にデザインのポイントがあるものを選ぶと、視線が上部に集まるので、背の低さが気になりません。
髪の毛もロングにして垂らすのではなく、ハーフアップやアップなどコンパクトにまとめるようにすると、よりバランスが良くなります。
華やかなまとめ髪にした後は、キラキラとしたヘアアクセなども上手に用いて、視線を上の方に集める工夫をされてみてくださいね。

パーティードレス秋冬

コーディネートの詳細はこちら>>

上半身はレースデザインで華やかに、切り替え部分から下は軽やかな印象のパーティードレスです。背が低めで下半身が気になるぽっちゃりさんも、プリーツスカートのAラインでキレイなシルエットが叶いますよ。

パーティードレス秋冬

コーディネートの詳細はこちら>>

はしごレースが縦ラインを強調してスッキリ見えが叶うパーティードレス。気になる二の腕も、上品なレースと色味で大人可愛くカバーできます。

【ぽっちゃりさん向け】フォーマルな場にぴったりのパンツスタイルドレス!

クールに決まるパンツドレスは、昨今女性に大人気。
気になる下半身をカバーしやすいのも嬉しいですし、車の運転をする方やお子さんが小さい方にも動きやすくて便利。
女性らしさを感じさせるとろみ感や落ち感のあるもの、一部分にレースの透け感があるものを選べば、色っぽい甘辛パンツスタイルの出来上がりです。

パーティーパンツドレス

コーディネートの詳細はこちら>>
背が低い方だけではなく、ぽっちゃりさん全体に言えるのは、やはり全身ワントーンにまとめたほうがスッキリ見えるということ。こちらのオールインワンパンツドレスは、キレイなシルエットと繊細なレースで、痩せ見せだけでなく上品見えも叶う一枚です。
ワイドパンツでスタイリッシュに決まる、パンツドレスに一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

パーティーパンツドレス

コーディネートの詳細はこちら>>
ラグランスリーブに見える斜めのカットが、女性らしさとスッキリ見えの両方を確立。肩幅や二の腕が気になる方にオススメできるデザインです。

手首や足首が出る丈感も抜け感が出てGOOD。手首や足首はやはり出してあげたほうが、抜け感が出て、よりスッキリと見えます。
また、暖色系よりも寒色系の方が、収縮効果(着やせ効果)が期待できます。

【秋冬のパーティー向け】1枚もっておけば便利なドレススタイルにおすすめのジャケット・ボレロ

ノースリーブのワンピース着用時に、いつも同じショールで肌の露出を隠していませんか?
大人の女性はジャケットやボレロを1枚持っていると便利です。ドレススタイルにおすすめのジャケットを紹介します。

パーティードレスジャケット

コーディネートの詳細はこちら>>

総レースのワンピースがなんとも贅沢でエレガント。
ジャケットもノーカラーなので、スッキリと着こなしていただけます。
ありそうでなかった、品のあるレースワンピースドレスのセットアップ。

ジャケットを羽織ればきちんとしたフォーマルな印象になり、ジャケットを脱げば華やかなパーティー仕様に早変わり。こちらのジャケットの代わりに、お手持ちのカジュアルなジャケットやGジャンやスタジャンなどと組み合わせてあえてスニーカーなどと合わせても、甘辛コーデになってとっても素敵です。

パーティードレスボレロ

コーディネートの詳細はこちら>>

長袖のラメ入りのボレロは1枚あったら便利なアイテム。秋冬のパーティーシーンはやはり寒い時期なので、ドレスだけでは心もとないときに羽織れます。ラメ入りなのでパーティーシーンはもちろん、使いやすいデザインのためデイリーにも活躍できます。

小物でランクアップ! 大人の女性を演出しよう

ぽっちゃりさんは、華奢なアクセサリーをつけてしまうと、自分が余計に大きく見えてしまうので注意。大ぶりのアクセにした方がバランスを取りやすくなります。
また、ヒールもあまり細いものだとアンバランスに見えてしまうので、太めのヒールにするのがおすすめです。

パーティードレスパールネックレス

コーディネートの詳細はこちら>>

ロングパールはどんなシーンでも本当に大活躍するので一つ持っておくと便利です。フォーマルなシーンはもちろんのこと、デニムなどでカジュアルに合わせても素敵。

一連にも二連にもできるので合わせるアイテムによって調節して。今年はデコルテや背中周りにゴージャスなレースやリボンをあしらったデザインなどが多いので、あえて手首にぐるぐる巻きにしてみても素敵ですよ。

パーティードレス
コーディネートの詳細はこちら>>

サテンのプリーツが華やかなバッグ。小さいながらもご祝儀袋や携帯・お財布も一緒に収められるサイズ感なので安心です。チェーンは取り外しも可能なのでクラッチバッグとしても使える2WAYです。パーティーシーンだけでなく、オシャレなレストランやお出かけにも役立つバッグです。

パーティードレスパンプス

コーディネートの詳細はこちら>>

総レース仕様のパンプス。グリッターヒールになっているのでパーティーシーンに華やぐデザインです。6cmヒールですが太目のヒールになっているので安定感もあります。ワイズも4E、26.5cmまであるので大き目サイズの方にもおすすめのパンプスです。

パーティードレスやお呼ばれ服は、カジュアルダウンも意識しよう

結婚式・披露宴だからと、あえてかしこまらずに上手にカジュアルダウンすることも意識されると、着こなしやオシャレの幅がグンと広がります。
それには、合わせるジャケットやアクセサリーなどの小物、バッグや靴、ヘアスタイルがモノを言います。

「太っているから」と気になるところだけに視線をフォーカスせずに、常に全身が映る姿見で小物も合わせ、全体像をイメージしながらコーディネートしてみてくださいね。
この客観的な視点がオシャレ上級者への道です。

ニッセンのお呼ばれ服一覧>>

こちらの記事もオススメ

都外川 八恵

都外川 八恵

色と波動のスタイリスト。COCOLOR(ココカラー)代表。https://cocolor.biz 企業向けコンサルや研修はもちろん、 内面の波動から「十人十色」の個性を見極め「なりたい」を実現するスタイリングが得意。 似合う色のみならず、似合う質感(パーソナルテクスチャー®︎)、似合う柄(パーソナルパターン®︎)、 似合う形(パーソナルライン&シルエット®︎)を768タイプから診断しています。 著書12冊、メディア出演多数。

ページの先頭へ