足の太さをカバーしたい!スタイリスト解説【体型別】ぽっちゃりさんの細見えパンツ着こなしテク

体型も足の太さもカバーしたい!スタイリストが教える体型別ぽっちゃりさんのパンツ着こなしテク

トレンドの流れはパンツ一つとっても細かく現れます。トレンドは追いすぎても追わなすぎてもナンセンス。
トレンドのパンツを、足が太いのが気になる、上半身が気になるなどぽっちゃりさんの体型別に、自分らしく取り入れて着こなすポイントをお伝えします。

2022年のトレンドは「テーパードパンツ」。着こなしのポイントは腰まわりスッキリ&足首見せ

テーパードパンツは、腰まわりはゆったりしていますが裾に向かって細いシルエットが特徴のパンツです。程よいゆとりが生まれるテーパードは、気になるお腹周りはすっきりと見せながら、脚をまっすぐ綺麗に見せてくれます。華奢な足首がチラ見えする丈感は、ぬけ感も出てバランスがよく、特にすっきりと着痩せして見えます。

今季は特にカラフルなテーパードパンツに注目。足元から明るく彩って、春らしい旬な着こなしを楽しみましょう。

2022年のトレンドは「テーパードパンツ」。着こなしのポイントは腰まわりスッキリ&足首見せ

コーディネートの詳細はこちら>>

こちらは、ワイドパンツとテーパードパンツ(腰まわりはゆったりで裾に向かって細くなるパンツ)のいいとこどりをしたようなパンツ。ゆったり履きがらもメリハリのあるシルエットで美脚ラインを作ることができます。チェック柄も今季のトレンド。足首や足の甲が見える丈にすると、よりこなれた印象の着こなしが可能です。
テーパードパンツの着こなしについては、後から詳しくご紹介します。

足の太さをカバー!足が細く見えるパンツの着こなしポイント4つ

そもそも「足が細く見える」状態やポイントは?

そもそも「足が細く見える」とは、どういったことでしょうか。
それは一言で言うと「バランス」です。パンツだからと下半身だけで考えようとせず、姿見に全身を写した時の「シルエット」を捉えてみてください。
全身のシルエットはとても大事で、シルエット美人は着こなし美人につながります。
「Iライン」や「Yライン」といったスッキリラインや、メリハリのある「Xライン」で細く見える場合もありますし、トップスの丈感やボリュームとのバランス、色柄を含めた全体のデザインによるフォーカスポイントで細く見える(太さが気にならなくなる)場合もあります。
錯覚や錯視といった効果を上手に利用して、チャームポイントに視線を集中させ、下半身だけに視線やボリュームが集まりすぎないように注意しましょう。

足の太さが気になるからパンツを愛用している方も多いのでは。まずは足の太さをカバーする、足が細く見えるパンツの着こなしをご紹介します。ポイントは4つあります。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント1【色】

足が太いのをカバーするためには、パンツの色は暗めの引き締めカラー(収縮色)を意識しましょう。ただし、低明度の色は重量感も感じさせやすいため、特に春夏のような軽やかな季節に暗すぎる色はNG。逆の発想で、思い切って足元を明るいトーンにして軽快な印象に持って行き、代わりに色柄などのトップスで視線を上半身に集めてしまうのも手です。

コーディネートの詳細はこちら>>

足もとは明るい色で軽快にし、装いのポイントを上半身に持ってくることで視線を上部に集めるようにしたコーデ。脚が太いからといって暗い引き締め色ばかりにするだけではなく、全身コーデの中のバランスで考えて。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント2【素材】

足の太さをカバーしてくれるパンツの素材は、肉感を拾いすぎてしまわないように、適度に厚みやハリ感のあるものを選びましょう。落ち感のある素材にして縦長ラインを意識するのも、足が細く見えるのでおすすめです。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント2【素材】

コーディネートの詳細はこちら>>

適度に厚みのあるデニムは足の肉感を拾いにくいです。また季節柄的には、このように柔らかゆる素材がやっぱり嬉しい。
サロペットにすれば、簡単に縦長Iラインのスッキリコーデが叶います。胸元のデザインポイントに加え、ハットをかぶれば、視線がより上部に集まって下半身から上手に視線をそらすことができます。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント2【素材】

コーディネートの詳細はこちら>>

適度な厚みや重量感があって、下にストンと落ちる、綺麗な落ち感のあるとろみ素材は、視線を縦長に流す効果があるのでスッキリ見えがかないます。このパンツはセンタープレスも手伝ってより一層Iライン効果が出ています。

淡い色で膨張しがちですが、綺麗なグラデーションで上から下へと視線が流れるのでそこまで気になりません。女性らしさも叶えるイチオシスタイリング。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント3【柄】

人の視線は柄ものに集中しやすいので、足が太いのをカバーしたい場合はボトムの柄選びは慎重に。
柄が細かすぎるとモアレのように膨張して見えてしまうこともあるので、視線をうまくカモフラージュできるような大きめの柄物をチョイスしましょう。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント3【柄】

コーディネートの詳細はこちら>>

柄はプリント柄だけではなく、素材の織り柄も上手に味方につけましょう。シワになりにくいランダムプリーツは足への視線を上手にカモフラージュさせ、綺麗な落ち感が縦のラインを強調。スッキリ見えも実現します。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント3【柄】

コーディネートの詳細はこちら>>

ぽっちゃりさん体型を生かしたインパクトのある大柄を合わせたメリハリコーデ。やや起毛したしっかり素材なので、気になる肉感も拾いません。合わせるトップスは短めにしてスッキリと。足元は軽やかにまとめてしまいましょう。バッグの色と合わせて明るくすることで爽やかな抜け感も出て好印象です。白いニット帽などを合わせても可愛いですね。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント4【形】

足が太いのが気になる方は、特にふくらはぎの真ん中など太さがある部分でカットされている丈感を選ぶのは避けましょう。できればカプリパンツや、クロップドパンツといったふくらはぎ下の足首の細いパーツ部分でカットされているものを選ぶと、足が細く見えるのでおすすめです。太いところと細いところにメリハリがあるテーパードパンツや、ペグトップパンツなどもスタイルアップして見えやすいですよ。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント4【形】

コーディネートの詳細はこちら>>

綺麗なカラーパンツは今季のトレンド。春めく季節は足元を軽やかに彩って。また、メリハリや立体感を感じさせるフレアパンツは美脚効果あり。センターに入ったラインも下半身の細見えに一役買ってくれます。

足の太さをカバーする!パンツの着こなしポイント4【形】

コーディネートの詳細はこちら>>

秋冬はショートブーツなどを合わせることも多くなる季節。そんな時、パンツをロールアップするなどして少しでも素肌を見せるようにすると、抜け感が出て軽やかさUP。また、脚の太さを気にして暗い色ばかり履くよりも、思い切って足元を明るく軽やかにして、色柄ものや小物をトップスに集めて視線を上部に持って行くのも効果的なやり方です。

テーパードパンツをぽっちゃりさんが着こなすテク

テーパードパンツを履いても太って見えないタイプ・似合うタイプ

一口にテーパードといっても、腰まわりのギャザーやタックといったボリュームや、ワタリ幅の太さ、丈感の選び方次第で、似合う方向にもマイナスの似合わない方向にも見せることができます。
基本的に、普通身長で骨格が張りすぎておらず、足首が適度に細い方でしたらテーパードパンツは着こなせます。加えて、サイズ感を間違わなければ美しいボディラインを実現できますので、ぜひ全体のシルエットにこだわって選んでみてください。

テーパードパンツを履いても太って見えないタイプ・似合うタイプ

コーディネートの詳細はこちら>>

腰まわりスッキリめ&丈感短めは、大体の方に似合うシルエットです。綺麗な色や今年トレンドのギンガムチェック柄のテーパードパンツをチョイスして軽やかに今年の春を満喫してみては。

テーパードパンツで太って見えるタイプ・似合わないタイプ

腰や太ももが張りすぎている人は、腰まわりのボリュームで太って見えてしまうことも。
腰まわりにギャザーやタックがあまりついていないテーパードパンツを選びましょう。
また、足首があまりない(太い)方も、逆にその部分を強調してしまう可能性もあるので、裾が細すぎないデザインを選びましょう。
また、低身長さんや足が短い方は丈感にこだわって、ヒールのある靴と合わせながらスッキリ見える丈で調整するように注意してみましょう。

テーパードパンツのOKな着こなし例

テーパードパンツで太って見えるタイプ・似合わないタイプ

コーディネートの詳細はこちら>>

(先ほどのアイテムより)さらに腰まわりスッキリ&伸び感ラクラクで、テーパードが似合いにくい体型の方にもおすすめできるシルエット。丈感が長い場合は、裾をロールアップして調節してみてください。

テーパードパンツのNGな着こなし例

テーパードパンツで太って見えるタイプ・似合わないタイプ

コーディネートの詳細はこちら>>

リブのテーパードパンツは、違った方向に足首を強調してしまうのと、もたつきが気になる場合も…。サイズ感を慎重に選びましょう。

ワイドパンツ、スキニーパンツをぽっちゃりさんが着こなすテク

ワイドパンツの着こなしに関しては、こちらの記事に詳しくまとめています。


スキニーパンツについても、こちらの記事に詳しくまとめています。


それでは、これから、体型別にオススメのパンツを見てまいりましょう。

【Drop型】下半身ぽっちゃりさんは視線を上手にカバー

●オススメ着こなしバランス
下半身に視線を集中させないように、上半身や頭頂部にポイントを持ってくる。
●おすすめパンツ
すっきりとしたデザインで、肉感を拾わないワイドパンツ(タックやギャザーやプリーツ、その他デコラティブなデザインなどで生地の量を増やしすぎない)。
下半身ぽっちゃりさんは、視線が下半身に集まらないように上手にカモフラージュ。下半身はスッキリとシンプルにまとめるのが足が細く見えるのでおすすめです。

【Drop型】下半身ぽっちゃりさんは視線を上手にカバー

コーディネートの詳細はこちら>>

トップスにトレンドの付け襟を持ってきて視線を顔まわりに集めたコーデ。その分、下半身をスッキリさせて上手に足の太さをカモフラージュ。視線を上手に操れば、スタイリングは怖いもの無しです。

【Drop型】下半身ぽっちゃりさんは視線を上手にカバー

コーディネートの詳細はこちら>>

ハットをかぶったり、アクセントカラーの小物を用いたりするのも足が細く見え明るくて鮮やかなブライトトーンやビビッドトーンの、キラキラ揺れるアクセサリーやファッション小物も有効活用できます。

【Drop型】下半身ぽっちゃりさんは視線を上手にカバー

コーディネートの詳細はこちら>>

ネイチャームードタップリのスタイリングは今季の「Theトレンド」。
裾広がりのAラインのシルエットがDROPさんにもピッタリです。特に、このようにワントーンコーデでまとめると、大人っぽい上質な印象が漂います。

【Drop型】下半身ぽっちゃりさんは視線を上手にカバー

下半身ぽっちゃりさんは、足首にかけて緩やかに広がるセンタープレス入りのパンツもオススメ。Iライン効果が出て、スッキリ縦長に見えます。
足首が出ていると、ヌケ感も出るので尚GOOD。今年トレンドのホワイトパンツも、上半身にインパクトのある色を持って来れば視線が上に集まりますね。

【Drop型】下半身ぽっちゃりさんは視線を上手にカバー

コーディネートの詳細はこちら>>

ゆったりヒップのワイドパンツは、気になるところをカバーしながらも、縦長で裾広がりのシルエットが、スッキリとしたAラインを作ってくれます。
上半身をコンパクトな丈でまとめれば、より一層、足長効果が倍増します。

【Muscat型】上半身ぽっちゃりさんはボトムにボリュームを

●オススメ着こなしバランス
下半身にボリュームを持たせて上半身とのバランスを取る。
●おすすめパンツ
タックやギャザーやプリーツ、その他デコラティブなデザインなどボリュームのあるパンツ。
上半身ぽっちゃりさんは、ボトムにインパクトやボリュームのあるものを持ってくるとGOOD。ワイドなパンツなど、ボトムにボリュームを持たせることによる対比効果で、上半身のボリュームをカバー。ボトムにボリュームを持たせたとしても、足首は出した方がスッキリ見えます。
逆に、下半身の細さや足のラインの綺麗さがチャームポイントであれば、タイトなパンツでその部分を強調するのもアリです!

【Muscat型】上半身ぽっちゃりさんはボトムにボリュームを

コーディネートの詳細はこちら>>

ゆったりワイドパンツで下半身にボリュームを持ってきたコーデ。着流しのカーデも自然と裾広がりのAラインを作ってくれます。全身1トーンコーデも視線が縦に流れるのでスッキリ見えにつながります。

【Muscat型】上半身ぽっちゃりさんはボトムにボリュームを

コーディネートの詳細はこちら>>

2タックのボリュームパンツを合わせたオフィスでも通用する綺麗めコーデ。淡い色も手伝って、下半身に程よいボリュームが出ています。体型カバーをしながら、女性らしさも演出できて一石二鳥。上半身を引き締めカラーでコンパクトに、下半身にボリュームをもたせたマスカットさんにオススメのコーデです。

【Muscat型】上半身ぽっちゃりさんはボトムにボリュームを

コーディネートの詳細はこちら>>

トップの色を明るめ、ボトムの色を暗めの色にすると安定感のあるコーデが出来上がります。
上下の明るさの対比効果で上半身に、より抜け感が出るので上半身ぽっちゃりさんにもオススメのコーデです。

【Muscat型】上半身ぽっちゃりさんはボトムにボリュームを

コーディネートの詳細はこちら>>

サロペットワイドパンツは、着用するだけで全体にAラインシルエットが完成する頼もしいアイテム。マスカットさんの体型を上手にカバーしてくれます。上半身は深めのVラインですっきり演出し、視線を下に集めるように工夫。
今年トレンドの花柄ワンピをスプリングコートのように羽織れば縦長のIラインも強調で着痩せ効果も大。大人可愛いコーデの完成です。

【Muscat型】上半身ぽっちゃりさんはボトムにボリュームを

コーディネートの詳細はこちら>>

上半身をタイトめに、下半身をワイドめに。
これも上半身ぽっちゃりのMuscatさんにおすすめシルエットです。
ガウチョパンツのようにボトムにボリュームがあって細い足首の見えるようなデザインのパンツもお似合いになります。

【Muscat型】上半身ぽっちゃりさんはボトムにボリュームを

コーディネートの詳細はこちら>>

Muscatさんの綺麗な足を強調した、足首が出るクロップド丈の細身パンツで、スッキリとまとめたコーデ。
Muscatさんはボトムにボリュームを持ってきたいのですが、パンツでそれが叶わない場合は、パンツに合わせるワンピースやチュニックでボリュームを出してしまう、というのも一つの手。
クラシックブルーを意識した配色も今季らしさいっぱいです。小物も涼やかにまとまっていていいですね。

【Egg型】全体的に丸いぽっちゃりさんは足首で華奢見えに

●オススメ着こなしバランス
足首を出したり、足の甲を見せたりと、軽やかな抜け感を作ったコーデ。
●おすすめパンツ
クロップドパンツ、カプリパンツ、サブリナパンツなどの短めパンツ。
卵型さんは、細い手首や足首を強調してあげるのがおすすめ。お腹周りはさりげなくカバーしながらも、全体のシルエットにメリハリが出るように創意工夫。
パンツの場合は、足首が出る短めのクロップド丈や、足首の部分が細くなっているテーパードパンツやペグトップ型を選んでみましょう。パンツ丈が長かったり、足首の部分が細くなっていないシルエットで、なおかつロールアップしてもおかしくないデザインの場合は、すその部分にわざとタックを入れながらロールアップしたりして着こなすのも手ですよ。

【Egg型】全体的に丸いぽっちゃりさんは足首で華奢見えに

コーディネートの詳細はこちら>>

Eggさんにオススメの、コントラストをつけたメリハリコーデ。足首を見せるようにロールアップするのもGOOD。トップスに色柄を持ってきて、下半身をシンプルにまとめれば、視線が上部に集まるので、下半身から視線を上手に外すことができます。顔や頭まわりにハットやメガネなどの小物を活用すると余計に視線を上に集めることができます。

【Egg型】全体的に丸いぽっちゃりさんは足首で華奢見えに

コーディネートの詳細はこちら>>

ゆったりヒップなのにアンクル丈のパンツが、EGGさんの体型を活かしながらスッキリ見えに成功。全体に丸みのあるEggさんにオススメしたいのが、首という首を出す着こなし。首元(鎖骨やうなじも含む)、手首&足首は思い切って出しましょう!
ジャケットやアウターは手首を見せるようにして羽織るとヌケ感が出てさらにGOOD。パンツはモノトーン系のカラーラインナップですが、女性らしいやわらか綺麗色で合わせたり、アースカラーで合わせると、今年流の雰囲気に寄せることができます。

【Egg型】全体的に丸いぽっちゃりさんは足首で華奢見えに

クロップドパンツやロールアップなどで足首や足の甲を出すのは王道ですが、足元レースで軽やかに見せるのも一つの手です。秋冬の季節はスウェードのパンプスやブーティで合わせるのも素敵。人は透け感のある所に視線が集まりやすいですし、レースで足元から色気を演出できるのは女性ならではのスタイリングですよね。

【Egg型】全体的に丸いぽっちゃりさんは足首で華奢見えに

ボトムをヌーディーな色でまとめ、トップスにインパクトのある色や柄物を持ってくると自然に視線が上半身に集まるので、下半身が気にならなくなります。
キャップやハットをかぶったり、キラキラとしたヘアアクセサリーを頭に持ってきたりしてポイントを上にまとめたコーデにするとなお良しです。

【Egg型】全体的に丸いぽっちゃりさんは足首で華奢見えに

コーディネートの詳細はこちら>>

ワイドカーブパンツも引き続きトレンドです。
足のラインを拾わないので、いい感じにスタイルアップして見えます。
Eggさんは、アシンメトリーなどのイレギュラーヘムのシルエットもとてもオススメ。合わせるトップスなどもあえて大胆にアシンメトリーにして動きをつけると、すっきり見えが完成します。

【Egg型】全体的に丸いぽっちゃりさんは足首で華奢見えに

コーディネートの詳細はこちら>>

今季らしいくすみブルーのコートに合わせたクロップドパンツ。
足首すっきり見えで、Eggさんにはとってもオススメのシルエットです。
ショートブーツや、パンプスなどのコンパクトなシューズで合わせて、細い足首を強調しましょう。センタープレスも手伝って、すっきり痩せ見えします。

【Bee型】くびれバッチリなぽっちゃりさんはウエストを強調

●オススメ着こなしバランス
ベルトやリボンなどでウエストを強調した着こなし、またはトップス短めか、トップスをボトムにインした着こなし。
●おすすめパンツ
ウエストリボンやベルト付きパンツ
ウエストのくびれがバッチリなBee型さんは、ウエストをしっかり強調してあげましょう。もともとあるくびれはチャームポイントとしてしっかり強調。
全ての着こなしに言えることですが、チャームポイントを強調することで、逆にウィークポイントが気にならなくなる、ということがよくあります。細いウエストをベルトで強調してあげたり、ベルト以外にもお気に入りの大判スカーフなどでウエストマークしてデザインのポイントを持ってきてもGOODです。

【Bee型】くびれバッチリなぽっちゃりさんはウエストを強調

コーディネートの詳細はこちら>>

ちょっとしたお出掛け仕様にしなってくれるセットアップパンツ。ウエストマークのリボンがウエストを強調してくれるので、メリハリのあるシルエットを作ることができます。 上下単品使いができて、着こなしの幅が広がるところもいいですね。

【Bee型】くびれバッチリなぽっちゃりさんはウエストを強調

コーディネートの詳細はこちら>>

パンツはカットソー素材で伸縮性があるのが嬉しい。フロントにセンターステッチが入っているのでスッキリ見えも叶います。大きめの襟やフラップ付きポッケというデザイン性のあるトップスを合わせることで視線が上半身に集まります。ウエストマークでウエストを強調してメリハリをつけたり、個性的な小物でアクセントをつけているところもGOOD。

【Bee型】くびれバッチリなぽっちゃりさんはウエストを強調

コーディネートの詳細はこちら>>

テーパードパンツは、足首ギリギリのラインでカットするとよりスッキリ見え、美足パンツの本領を発揮してくれます。
Beeさんは、(例えばこのコーデのように)ウエスト周りにデザインのポイントがあるトップスを持って来てもOK。ウエスト周りに視線が集まるのでチャームポイントアップです。
トップスのシャツをインして着るとなおGOOD。

【Bee型】くびれバッチリなぽっちゃりさんはウエストを強調

コーディネートの詳細はこちら>>

どんなパンツでもトップスをインしてウエストを強調した着こなしはBeeさんにオススメ。
このライトチノはラインナップにピンクカラーがあるので、今季は思い切ってピンクをチョイスすると、トレンド感UPです。

【Bee型】くびれバッチリなぽっちゃりさんはウエストを強調

ウエストを強調する方法はいくつかありますが、このようにウエスト部分に大胆な切り替えがあるトップスはEgg型体型さんにオススメです。視線を切り替え部分に集中させるのでチャームポイントが引き立ちます。
ジャストウエストよりも高めの位置になっているところも注目したいポイント。上半身にボリュームがあるため、下半身はタイト&コンパクトにまとめ、メリハリが出ているのもいいですね。

【Bee型】くびれバッチリなぽっちゃりさんはウエストを強調

コーディネートの詳細はこちら>>

Beeさんは、オーバーシルエットの装いでも、ベルト一つでウエストマークするだけで、より一層持ち味が映えます。
ベルトを使ったウエストマークは、今季の着こなしトレンドの一つでもありますので、お手持ちのベルトでもぜひトライしてみてください。

「背が低い」「足首が太い」コンプレックスをカバーするパンツコーデはこれ!

低身長さんにおすすめコーデ:視線を上に集める

背が低くてコーデのバランスがとりづらいとお困りの方は、コーディネートのデザインのポイントを上部に持ってきましょう!
視線が上の方に集中するので、スッキリ見えます。

「背が低い」「足首が太い」コンプレックスをカバーするパンツコーデはこれ!

コーディネートの詳細はこちら>>

人は、透けていたり揺れたりするものに視線が集まりやすいものです。こちらは、レースの軽やかな質感でトップスに視線を集めたコーデ。足首や足の甲を出して足元を軽やかに演出しているのもとっても良いですね。

低身長さんにおすすめコーデ:視線を上に集める

コーディネートの詳細はこちら>>

視線が行きやすい柄物に、さらに視線が集まりやすいビビッドトーンのアクセントカラーを羽織って、さらに、メガネなどの小物を合わせ、視線を上部に上手に集めています。トップスのシャツは、思い切ってウエストインしてコンパクトにまとめたほうが、小柄さんはよりバランスよくまとまります。シャツの裾をウエストで結んでも可愛いですね。

低身長さんにおすすめのコーデ:長さをつくる縦長Iラインコーデ

全身をワントーンにまとめて視線を上下につなげたり、Iラインの縦長コーデを意識するのも低身長さんにはおすすめのテクニックです。

低身長さんにおすすめのコーデ:長さをつくる縦長Iラインコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

淡いグリーンが春らしいワンピース。合わせたのはゆったりヒップのソフトワイドパンツ。決め手はバッグの色とワイドパンツの色をお揃いにして色数を絞ることで、よりスッキリとしたIラインの縦長コーデが叶います。視線が下に行かないように、パンツの色を靴と同じような明るい色でまとめてもなおGOOD。

低身長さんにおすすめのコーデ:長さをつくる縦長Iラインコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

ワンピースだけだと寒くてレギンスや細身のパンツを合わせる場合も、小柄さんは同系色でつないであげると、綺麗なIラインができて視線がスッキリ縦に流れてくれます。逆にヘアスタイルはあまりロングにせず、このようにコンパクトにまとめてあげるとバランス良く見えます。キラキラのヘッドアクセやピアスなどで視線集めてあげるとなおGOOD。

足首の太さをカバーしたい方にオススメのコーデ:パンツと靴を同色でつなげる

本来、足首は思い切って見せてしまった方が、抜け感が出てスッキリと見えます。しかしそれでも足首を見せるのが嫌な方は、思い切って隠してしまいましょう。中途半端に足首が見え隠れするのは、避けた方が無難です。

足首の太さをカバーしたい方にオススメのコーデ:パンツと靴を同色でつなげる

コーディネートの詳細はこちら>>

パンツと靴を同じ色でつなぐと、靴まで脚が繋がって見えるので、脚が長いと錯覚させることができます。こちらのコーデはトップスまで同系色なので視線が顔に集まりやすく、スッキリとした縦長のIラインコーデとしても成立しています。

足首の太さをカバーしたい方にオススメのコーデ:パンツと靴を同色でつなげる

コーディネートの詳細はこちら>>

縦の線が無数に入ったプリーツセミワイドパンツは縦長効果をさらに助長。透け感のあるトップスに目が行くので、気になる足首からより視線をハズすこともできています。
靴も同系色で繋いであげると、つま先までが脚だと錯覚するので脚長効果に。

まとめ:奥が深いパンツ選びにはコツが必要

ボトム選びってものすごく奥が深いですよね…。同じように見えるパンツにも、その微妙なシルエットにトレンドの変化が現れています。
自分に似合うシルエット選びもコツをつかめると、トレンドファッションも自分らしく取り入れることができるようになります。
また、キツイところには横のシワが、ユルイところには縦のシワが入るものです。自分のサイズや体型が分かれば、余計なシワも入らず、足が細く見えるシルエットが見つかるはずですよ。
また、同じパンツでも、裾をロールアップするしない、トップスインするしない、ウエストマークするしない、合わせる靴の種類(特にヒールのあるなし、ヒールの太さ)…等で、いかようにでも魅せ方を変えることができます。
着こなしは「気になるところを隠す」ことだけが能ではありません。逆の発想で「チャームポイントを活かす」ことが、足が太いなど気になるところも気にならなくなる、ということも大いにあります。
全身が映る鏡の前で、自分の体型を活かしながら綺麗に見えるシルエットを、楽しみながら研究してみてくださいね。繰り返しますが、シルエット美人は、着こなし美人につながりますヨ。

ニッセンのパンツ一覧はこちら>>

こちらの記事もオススメ

人気の記事

都外川 八恵

都外川 八恵

色と波動のスタイリスト。COCOLOR(ココカラー)代表。https://cocolor.biz 企業向けコンサルや研修はもちろん、 内面の波動から「十人十色」の個性を見極め「なりたい」を実現するスタイリングが得意。 似合う色のみならず、似合う質感(パーソナルテクスチャー®︎)、似合う柄(パーソナルパターン®︎)、 似合う形(パーソナルライン&シルエット®︎)を768タイプから診断しています。 著書12冊、メディア出演多数。

ページの先頭へ