ぽっちゃりママ向け卒園・卒業式、入園・入学式の服装!スーツ・セットアップの選び方は?

ぽっちゃりママさん向け卒園式入学式の服装・卒服・スーツコーデの選び方は?

昨今の状況から、どの様な形式で式典が開催されるかわからない状況かもしれませんが、卒園・卒業・入学・入園シーズンが近づいてきています。「入園の時に着たスーツがある」「七五三の時のセレモニースーツがある」と安心していたら、着られそうにない……などピンチになることも。

サイズが合わない服や、着慣れていないスーツを着るのはつらいですよね。また、式典が縮小されたとしても子どもの成長の記録として記念写真は残しておきたいですよね。子どもが主役のイベントですが、ご家族の入学式・卒業式用のスーツや式典服も早めの準備をおすすめします。

子どものハレの日に、ママのファッションが彩りをそえる入卒スーツや服装のマナー、着まわし術をお伝えします。

INDEX

• 「卒園・卒業式」「入園・入学式」の服装のマナー
• 保護者(父親・母親)向け卒業式・入学式の服装の選び方
• ぽっちゃりママにおすすめの入卒向けスカートスーツ・ワンピース
• 動きやすいパンツスーツも、保護者向け入卒スーツとしておすすめ!
• 着回しが広がる!セットアップスーツも、ぽっちゃりママ向け入卒スーツとしておすすめ!
• 手持ちですませたい保護者のための、雰囲気を変えるプラスワンアイテム
• 卒業式・入学式を迎えるママ(保護者)におすすめのアクセサリー・コサージュ・靴・バッグ
• ナチュラル/カジュアル派さん向けの慶弔フォーマルはこちら>>

「卒園・卒業式」「入園・入学式」の服装のマナー

子どもの成長と門出を祝い厳かな式典を行う「ハレの日」。ママも卒園・卒業の場にふさわしい、派手さをおさえたフォーマル度の高い落ちつきのある服装を心掛けましょう。スーツやワンピース、スカートorパンツにジャケットとインナーをコーディネートする準礼装~略礼装が卒園(卒業)式の服装の基本です。

入園(入学)式は、これから接点の増える他のママや先生方に「好印象」を与えるコーディネートを目指しましょう。卒園式と同じく、スーツやワンピース、スカートやパンツにジャケットとインナーをコーディネートする準礼装~略礼装が入園式の服装の基本です。

保護者(父親・母親)向け卒業式・入学式の服装の選び方

入学式・卒業式といった式典には、母親だけでなく父親も出席されるご家族も多いことでしょう。パパ・父親の服装は「スーツを着ていけば大丈夫でしょ!?」と思っていても、シャツやネクタイの色など、当日の服装で気になる点があるかもしれません。

ちなみにパパの式服は、式典のドレスコードに指定がない場合、ネイビーやチャコールグレイといったダークカラーでシングルのビジネススーツ着用が基本です。シャツは白もしくは水色などの薄い色を選びましょう。ボタンダウンのシャツは、正式にはネクタイをするシャツではないので注意が必要です。

ネクタイは、シルバーやグレー、水色などの明るい色で無地かストライプを選ぶと無難です。式では、着席する場面もあるので靴下の色にも注意が必要です。スーツのパンツの色、もしくは靴の色と同じ色の靴下を選びましょう。

ママの服装は、ネイビーやブラック、グレーといったベーシックカラーのスーツや、落ち着きのあるダークカラーのスーツが卒園式に適したスーツの基本です。ただし、全身ダークカラーだと重たい印象になってしまうので、インナーや小物は華やかなアイテムを選びましょう。

見落としがちなストッキングの色は、ナチュラルなベージュ着用が基本です。黒のストッキングは不祝儀を連想するので避けましょう。また、タイツはカジュアルになってしまいフォーマルな式典には、ふさわしくありません。まだまだ冷える時期に行われる卒園(卒業)式ですが、寒さをぐっとこらえてマナー違反とならない服装にしましょう。

卒園式と入学式を一緒のスーツですませたい場合は、ダークカラーのスカートやワンピースにパステル系の明るい色のジャケットがおすすめです。

ジャケットの色よりもボトムの色が暗いので、明るい色のジャケットでも落ち着いた印象を与えることができます。どのような色がいいのか迷ったときは先輩ママにアドバイスをもらっても良いでしょう。

式典にはスーツやジャケット着用のイメージはあるけれど、実際にどのようなものを選べば良いのか、具体的に着用シーンを想像しながら考えてみましょう。

ぽっちゃりママにおすすめの入卒向けスカートスーツ・ワンピース

式典中は椅子から立ったり座ったり、お辞儀をしたりと、いろいろな動作を行わなければなりません。立ったり座ったりする動作には、膝頭が隠れるくらいの丈のフレアスカートがエレガントで動きやすいのでおすすめです。

ぽっちゃりママにおすすめの入卒向けスカートスーツ・ワンピース01

コーディネートの詳細はこちら>>

フレアスカートにジャケットが定番となりつつある入卒セレモニー向け、スカートスーツ。最近ではノーカラージャケットが主流ですが、保護者会やビジネスの場でも着まわしやすい襟付きのテーラードジャケットも人気です。

ノッチドラペルにデザインされたテーラードジャケットは、ノーカラーと同じようにソフトな印象を与えてくれるのでフォーマルな式典にもおすすめです。

ぽっちゃりママにおすすめの入卒向けスカートスーツ・ワンピース02

コーディネートの詳細はこちら>>

ワンピースは手を挙げた際や、子どもを抱っこする際に、スカートの裾も一緒に上がるので、少し長めの丈を選ぶようにしましょう。

タイトスカートもスタイリッシュなのですが、入園・卒園の式典時には硬いビジネススーツの印象を与えてしまいます。下記にご紹介するようなワンピース丈がおすすめです。

ぽっちゃりママにおすすめの入卒向けスカートスーツ・ワンピース03

コーディネートの詳細はこちら>>

ぽっちゃりママにおすすめの入卒向けスカートスーツ・ワンピース04

コーディネートの詳細はこちら>>

 

ぽっちゃりママにおすすめの入卒向けスカートスーツ・ワンピース05

コーディネートの詳細はこちら>>

ぽっちゃりさんにはヒップよりも裾幅の広いフレアスカートの方が、ソフトなボディラインによく似合います。ワンピースやジャケットのシルエットがきれいに出る、ハリ感のある素材のコクーンワンピースやロングジャケットはおなか周りがカバーできるのでぽっちゃり体型の方や妊婦さんにもおすすめです。

ぽっちゃりママにおすすめの入卒向けスカートスーツ・ワンピース06

コーディネートの詳細はこちら>>

フォーマルアンサンブルはインナー選びに迷うことがないので、コーディネートを考えるのが苦手な方にもおすすめです。

学校行事やフォーマルシーンの万能カラー「ネイビー」は好印象を与える事、間違いなしです。ワンピースのレースやフリル、シフォン素材が、ジャケットを脱いだ姿もエレガントですよ。

ぽっちゃりママにおすすめの入卒向けスカートスーツ・ワンピース07

コーディネートの詳細はこちら>>

動きやすいパンツスーツも、保護者向け入卒スーツとしておすすめ!

最近ではパンツスタイルのママも多くみられるようになりました。

「普段はパンツばかりでスカートには抵抗がある」「パンツスタイルはビジネススーツみたいで式典の場にはふさわしくないのでは」と考えている方も、フリルやシフォンといった女性らしいインナーをコーディネートしたり、ドレープ感のある柔らかな素材のパンツを選んだりすれば、フォーマルなシーンでもパンツスタイルが楽しめます。

動きやすいパンツスーツも、保護者向け入卒スーツとしておすすめ!01

コーディネートの詳細はこちら>>

式典時、立ったり座ったりの動作にも動きやすいストレッチ素材のスーツなら安心です。

蓄熱素材といった機能性に優れた素材のパンツスーツもあり、タイツNGの式典ファッションでは、足元の冷え対策としてもパンツスーツは有効です。

動きやすいパンツスーツも、保護者向け入卒スーツとしておすすめ!02

コーディネートの詳細はこちら>>

ぽっちゃりさんや下半身が気になる方で、ジャケットがショート丈の場合は、ショート丈のジャケットに裾が細くなっているペンシル型のパンツを合わせるとヒップやお腹周りが目立ってしまうので、ヒップから裾にかけて同じ太さか裾のほうが太いものを選ぶようにしましょう。

また、パンツの色を暗い色にすれば、暗い色の収縮色効果でヒップやお腹まわりをスッキリと見せることができます。

フォーマル4点セット(ジャケット+ブラウス+ワイドパンツ+ワンピース)
コーディネートの詳細はこちら>>

動きやすいパンツスーツも、保護者向け入卒スーツとしておすすめ!03

コーディネートの詳細はこちら>>

下半身やお尻・腰回りはすっきりしている上半身ぽっちゃりタイプの人には、反対にテーパードパンツタイプのスーツがおすすめです。特に上半身はレースブラウスなどで装い、下半身はスッキリさせるとスタイルアップしてみえますよ。

動きやすいパンツスーツも、保護者向け入卒スーツとしておすすめ!04

コーディネートの詳細はこちら>>

動きやすいパンツスーツも、保護者向け入卒スーツとしておすすめ!05

コーディネートの詳細はこちら>>

着回しが広がる!セットアップスーツも、ぽっちゃりママ向け入卒スーツとしておすすめ!

ジャケットやスカート(ボトム)、インナーなどが複数点セットになったセットスーツやラインで揃えられるセットアップスーツは、卒入の式典時だけでなく、保護者会やママ友ランチ、お仕事といった様々なシーンで表情を変えて着まわせる便利アイテム。

1セットあれば、コーディネートが迷わず決まるので、慌ただしく身支度を整えなくてはならないママにおすすめしたいスーツです。一枚で普段使いできるアイテムも多いので、コーディネートの幅も広がります。

着回しが広がる!セットアップスーツも、ぽっちゃりママ向け入卒スーツとしておすすめ!01

コーディネートの詳細はこちら>>

トップスとボトムスのサイズが違う方は、大きい方のサイズに合わせてスーツを購入し、合わないサイズを我慢して着ているという方もおられますが、だぼだぼのスーツはフォーマルの場では浮いてしまうことも。

例えばスカートがきつい小さいサイズだと、立ったり座ったりする機会が多いので動きが悪かったり、裾があがってきて足が丸見えになることもあります。

同一サイズのセットスーツの購入が難しい場合は、ジャケットだけ、フォーマルワンピースだけなど、サイズがあった単品を新調することをお勧めします。

上下のサイズが別売りのセットアップになるスーツや同素材でスーツとしてコーディネート可能なジャケットやボトムの単品販売もされているので、そちらをチェックするのもいいでしょう。

着回しが広がる!セットアップスーツも、ぽっちゃりママ向け入卒スーツとしておすすめ!02

コーディネートの詳細はこちら>>

着回しが広がる!セットアップスーツも、ぽっちゃりママ向け入卒スーツとしておすすめ!03

コーディネートの詳細はこちら>>

トップス「グレー系」×ボトム「黒」のコーディネートは落ち着いた印象を、トップス「黒」×ボトム「グレー系」のコーディネートは若々しくさわやかな印象を相手に与えます。

ツィード調ジャケットは、デニムなどのカジュアルなボトムにも合わせやすいので、入卒の式だけでなく、園行事や保護者会、通勤、ママ友とのランチといった様々なシーンで活用できます。

手持ちですませたい保護者のための、雰囲気を変えるプラスワンアイテム

入園(入学)式・卒園(卒業)式の服装は、手持ちのアイテムですませたい、なるべくコストを抑えたいなど、スーツはすでにある方やきょうだいの入園(入学)・卒園(卒業)式に着まわせ、旬なコーディネートになるおすすめのプラスワンアイテムを紹介します。

ツイードのジャケット

カットソーツイードジャケット

アイテムの詳細はこちら>>

ツイードのジャケット01

アイテムの詳細はこちら>>

ツイードはカジュアルな素材の印象がありますが、最近はフォーマルなシーンでも着用できるラメの糸が織り込まれているものが多く出ているので、ダークなカラーワントーンで地味になってしまいがちな式典ファッションを華やかな雰囲気に引き上げてくれます。

例えば、ジャケットがツイードでボトムがシフォンスカートといったセットアップはフェミニンな印象となり人気があります。

ツイード素材は生地に厚みがあり洋服のラインがきれいに出るので、ボディラインが気になるぽっちゃりさんにもおすすめの素材です。

カラージャケット

カラージャケット

アイテムの詳細はこちら>>

手持ちのネイビーやブラックのワンピースにワンアイテムをプラスしてセレモニースタイルを作りたい方におすすめなのは、ホワイトやパステル系といった明るい色のカラージャケット。

デザインはショート丈がおすすめです。縦長のIラインを作り出すワンピースに明るい色のショート丈ジャケットを羽織ることで、視線が上に集まりやすくスタイルアップが期待できます。

ノーカラーのロングジャケット

胸元をスッキリと見せるノーカラージャケットはブイゾーンをタイトにまとめるので、胸のボリュームが気になるぽっちゃりさんに特におすすめです。

また、ロング丈のジャケットは、気になるお腹周りと腰回りをカバーし、袖を折って着こなせば、手首が見えるので着痩せ効果があります。

襟元にスカーフやストールを添えると縦のラインが出てスタイルアップにもつながり、スカーフやストールの綺麗な色で顔周りが明るくなり華やかな雰囲気になりおすすめです。

ノーカラーロングジャケット

コーディネートの詳細はこちら>>

寒い会場にプラスワンのストール

寒い会場にプラスワンのストール01
アイテムの詳細はこちら>>

小学校・中学校の体育館が会場の場合、3・4月は底冷えもします。

ストールやスカーフ、カジュアルになりすぎないカーディガンを1枚準備しておくと、式典時はひざ掛けとしても活用でき、式典が終わって装いの雰囲気を変えたいときに簡単にイメージチェンジができて便利です。

イベント後も使えるインナー

卒園の式典時、スーツやジャケットのインナーとして着用したアイテムは普段使いして、いつものファッションを格上げしましょう。

イベント後も使えるインナー01

アイテムの詳細はこちら>>

寒がりさんには、式典時に限らずあったか裏起毛のインナーが嬉しいですよね。

バーアクセサリーは取り外し可能なので、有り無しでコーディネートの幅がひろがります。胸元のプリーツは縦ラインをプラスしてくれるので、ジャケットのデザインを選ばずデコルテ周りをすっきり見せてくれる効果があります。

イベント後も使えるインナー02

アイテムの詳細はこちら>>

入卒ファッションも、トレンドを取り入れたいですよね。

ファッショントレンドでもあるクラシックスタイルを叶えてくれるリボンボウタイ。カットソー素材でもリボンボウタイが、きちんとした装いに格上げし、お仕事で着ているいつものスーツを式典時の装いに変えてくれます。

カットソー素材は、動きやすいのも嬉しいですね。

イベント後も使えるインナー04

アイテムの詳細はこちら>>

1枚で華やぐブラウス。式典時にも、普段使いもしやすいアイテムです。

イベント後も使えるインナー03

アイテムの詳細はこちら>>

アクセサリーなしで顔周りが華やかになるネックデザインは、普段のファッションをスタイリッシュに格上げするアイテムです。

ノースリーブなので、ジャケットを着ても腕周りがきつくなりません。素材は適度な落ち感とドレープ性があるので、しなやかな高級感を出すことができます。吸湿速乾と消臭機能が備わっているので、フォーマルな場でも快適に過ごせそうですね。

紹介したインナーは、ボトムの中に裾をinしなくても良いデザインなので、お腹や腰回りのカバーができます。ただし、式典時に着用する際は、ジャケットの着丈とのバランスでinしたほうが良い場合もあるので、必ず、姿見で全体のコーディネートバランスを見るようにしましょう。

その際、靴やカバンも合せてみてください。着用時の姿を自撮りして客観視するのもおすすめです。客観視して、あれ!?ここ、なんか変だな。と、思ったところは補正するようにしましょう。

普段から、姿見でコーディネート全体の確認をすると、自分のボディラインで出したほうが良いところ、カバーしたほうが良いところがわかり、よりおしゃれが楽しくなります。

卒業式・入学式を迎えるママ(保護者)におすすめのアクセサリー・コサージュ・靴・バッグ

上下同じ色のスーツスタイルは着こなしにメリハリが乏しくなりがちです。アクセサリーを上手に使って、視線を上に集め、華やかさと縦長スッキリ効果を目指しましょう。

ただし、式典時は、アクセサリーのつけ過ぎは禁物。上品で控えめなアクセサリーづかいを心掛けましょう。真珠は、入学式や卒業式といった式典の場にふさわしい上品で控えめなアクセサリー。フォーマルな装いにも、悪目立ちしない心強いアイテムです。

卒園式後に謝恩のパーティーがある際は、アクセサリーをプラスして華やかさと彩りを添えるのもおすすめです。

ぽっちゃりさんが、チョーカーや華奢なネックレスをつけるとデコルテからお顔周りのバランスが悪くなってしまう場合もあるので、アクセサリーをつける際は、必ず、姿見で全体のバランスを見るようにしましょう。

真珠のアクセサリー

式典や冠婚葬祭といったフォーマルな場から普段まで使えるパールの1連ネックレス。ファッションを選ばず使え、着けると上品で優しい雰囲気のママファッションに格上げしてくれるオールマイティーなアクセサリー。

更に、真珠のアクセサリーは、2021年春夏ファッショントレンドの1つにも挙げられているので、1つあると、ファッションの幅が広がります。

真珠のアクセサリー01

アイテムの詳細はこちら>>

アジャスターがついていて、装いに合った長さに調節できるのがおすすめのポイント。ネックレスとおそろいのイヤリングがセットになっていて、子どものハレの日にふさわしい上品な華やかさのある装いに仕上がります。

真珠のアクセサリー02

アイテムの詳細はこちら>>

ハレの日だから使える2連パールのネックレス。子どものハレの日に上品で控えめな輝きをまとって過ごすのも素敵ですよね。

1連のパールネックレスとしても使えるので、式典が終わってもファッションに合わせてアレンジが楽しめます。1連にすれば、ハレの日だけでなく不祝儀でも使えます。

コサージュ

コサージュは、19世紀後半頃のフランスでお祝い事の時に女性が装飾のために身頃に花をつけたことに由来しています。胸元に付けるだけでシンプルなスーツでも華やかでフォーマルな装いにしてくれるので式典時にふさわしいおすすめのアクセサリーです。

コサージュ01

アイテムの詳細はこちら>>

式典時にダークカラーのスーツを着る際は、パステルカラーのコサージュを着けると明るく華やかな雰囲気がアップしておすすめです。つける位置は、特に決まりはありませんが、一般的には左側の鎖骨のあたりに着けるとコサージュに視線が集まりやすくスタイルアップも叶います。

また、髪の毛をまとめた際、髪飾りとして使えるのでコサージュとしてだけでなくヘアアクセサリーとしてもおすすめです。

ヘアアクセサリー

ラグジュアリーに上品華やぐヘアバレッタ/ヘアクリップ

アイテムの詳細はこちら>>

式典の頃にもマスクは手放せそうもなく、顔周りの髪の毛がマスクにかかるのは避けたいですよね。式典時はお辞儀をする場面が何度かあります。お辞儀をする際、髪が、顔やマスクにかからないようにヘアスタイルも気を付けたいところ。

セミロングやロングの方は、華やかなバレッタでハーフアップやまとめ髪にしてフォーマル感をアップさせましょう。パールやビジューが使われたバレッタは、美容院に行かなくても、華やかさをプラスすることができます。

靴・パンプス

ブーツやサンダル、ピンヒールは避け、つま先の隠れるパンプスが基本です。上履きやスリッパに履き替える事もあるので、ストラップの無い脱ぎ履きしやすい靴で服装に合わせた色を選びましょう。

また、ベージュのパンプスは足長効果も期待できます。アニマル柄は、殺生をイメージするのでフォーマルな場にはNGです。

靴・パンプス01

アイテムの詳細はこちら>>

2021年春夏も引き続き、トレンド素材としてレースがあげられています。レースは上品で女性らしい印象を与えるので、式典時はもちろんですが、普段使いにもトレンドを取り入れた汎用性の高いシューズとしてもおすすめです。

靴・パンプス02

アイテムの詳細はこちら>>

式典時、意外とみられている後ろ姿。かかとのリボンがアクセントとなったシンプルなパンプスは、フェミニンで優しいママの装いによく合います。

 

ラウンドトゥチャンキーヒールパンプス

アイテムの詳細はこちら>>

バック

バック

アイテムの詳細はこちら>>

フォーマルサブバッグ

アイテムの詳細はこちら>>

服装に合わせた色のフォーマルで小ぶりのものを選びましょう。ただし、書類や上履き、カメラ等の荷物もあるのでサブバックがあると便利です。

サテンフォーマルサブバッグ

アイテムの詳細はこちら>>

コロナウィルス流行の終息が見えない中での式典服の準備はいろいろと迷う部分があるかもしれまませんが、卒園・入学のハレの日、マスクもセレモニースタイルの一部に取り入れて、ママもTPOにあわせたおしゃれを楽しんで家族でお子様の成長をお祝いしましょう。

ニッセンのセレモニースーツ一覧はこちら>>
Alinomaのセレモニースーツ一覧はこちら>>

こちらの記事もおすすめ

川島 彩子

川島 彩子

カラーコーディネーター 。インポートブランドのショップスタッフ時、人によって「似合う色」「デザイン」があることを知り、ファッションやインテリアの「色」について専門的に学ぶ。現在は、カラーコーディネーター育成の他、企業や地方自治体主催のカラーセミナーなどを精力的に行っている。

ページの先頭へ