ぽっちゃりママ向け入園・入学式、卒園・卒業式の服装!スーツ・セットアップの選び方は?

入園式・卒園式・入学式・卒業式の服装・ママコーデ・スーツの選び方。母親・ぽっちゃりママにもおすすめ

今年もコロナウィルスが収束する気配が見えておらず、引き続き、暮らしの中にはさまざまな変化が求められています。昨年は、中止や縮小となることが多かった卒園・卒業・入学・入園の式典ですが、今年も式典のシーズンが近づいてきています。「入園の時に着たスーツがある」「七五三の時のセレモニースーツがある」と安心していたら、着られそうにない……などピンチになることも。

サイズが合わない服や、着慣れていないスーツを着るのはつらいですよね。また、式典が縮小されたとしても子どもの成長の記録として記念写真は残しておきたいですよね。子どもが主役のイベントですが、ご家族の入学式・卒業式用のスーツや式典服も早めの準備をおすすめします。

子どものハレの日に、ママのファッションが彩りをそえる入卒スーツや服装のマナー、着まわし術をお伝えします。

ナチュラル/カジュアル派さん向けの慶弔フォーマルはこちら>>
ママ&女の子の【入園・卒園・入学・卒業式】の髪型・ヘアアレンジ>>

「卒園・卒業式」「入園・入学式」の服装のマナー

卒園式・卒業式は子どもの成長と門出を祝い厳かな式典を行う「ハレの日」。ママも卒園・卒業の場にふさわしい、派手さをおさえたフォーマル度の高い落ちつきのある服装を心掛けましょう。
スーツやワンピース、スカートorパンツにジャケットとインナーをコーディネートする準礼装~略礼装が卒園(卒業)式の服装の基本です。卒園(卒業)はお祝いの場ではあるのですが、お別れの場でもあるのでネイビーやグレーといったシックな色がおすすめです。

入園式・入学式は、これから接点の増える他のママや先生方に「好印象」を与えるコーディネートを目指しましょう。
卒園式と同じく、スーツやワンピース、スカートやパンツにジャケットとインナーをコーディネートする準礼装~略礼装が入園式の服装の基本です。色は、ベージュやパステルカラーなど明るい色を取り入れると、お祝いの場にふさわしい華やかな装いになります。

保護者(父親・母親)向け卒園・卒業式・入園・入学式の服装の選び方

入学式・卒業式といった式典には、母親だけでなく父親も出席されるご家族も多いことでしょう。ママ・母親とパパ・父親の服装についてお伝えします。

入園式・入学式のママの服装選び。気をつけるべきマナー

前述のとおり入園(入学)式は、初対面の方に「好印象」を与えるコーディネートが最適なのですが、必ずスーツを着なければならないという事ではありません
入園(入学)する園(学校)の雰囲気にもよりますが、ワンピースとジャケット、スカートやパンツとジャケットの組み合わせもOKです。フォーマルな場にふさわしいきちんと感のある服装を心がけましょう。

ワンピースやスカートスーツならタイトスカートよりもボディラインが出ない膝頭が隠れる長さのワンピースやフレアスカートが、パンツスタイルなら柔らかな素材のパンツやワイドパンツなどのエレガントなデザインのものが式服としてだけでなく、仕事や保護者会などでも着回しができるのでおすすめです。

また、素足やタイツはカジュアルになってしまいフォーマルな式典にはふさわしくないので、ストッキングを着用しましょう。ストッキングの色は、ナチュラルなベージュが基本です。黒のストッキングは不祝儀を連想するので避けましょう。派手になりすぎず、上品できちんと感のある服装を意識しましょう。

●ママ・母親の入園式・入学式の服装ポイントまとめ
 
・スーツ以外もOK。ただしジャケットできちんと感がある、好印象な服装に
 ・色は明るめが良い
 ・スカート/ワンピースの場合、膝頭が隠れる長さ
 ・パンツの場合、柔らかな素材やワイドパンツなどエレガントなものが使いやすい
 ・素足はNG。ナチュラルカラーストッキングを着用

卒園式・卒業式のママの服装選び。気をつけるべきマナー

卒園式はお祝いの場である一方、お別れの場でもあるので、ママの服装は、ネイビーやブラック、グレーといったベーシックカラーのスーツや、落ち着きのあるダークカラーのスーツが一般的です。ただし、全身ダークカラーだと重たい印象になってしまうので、インナーや小物は明るい色の華やかなアイテムを選びましょう。

見落としがちなストッキングの色は、入学式同様ナチュラルなベージュ着用が基本です。また、タイツはカジュアルになってしまいフォーマルな式典には、ふさわしくありません。まだまだ冷える時期に行われる卒園(卒業)式ですが、寒さをぐっとこらえてマナー違反とならない服装にしましょう。

卒園式と入学式を一緒のスーツですませたい場合は、ダークカラーのスカートやワンピースにパステル系の明るい色のジャケットがおすすめです。

ジャケットの色よりもボトムの色が暗いので、明るい色のジャケットでも落ち着いた印象を与えることができます。どのような色がいいのか迷ったときは先輩ママにアドバイスをもらっても良いでしょう。

●ママ・母親の卒園式・卒業式の服装ポイントまとめ
 
・スーツ以外もOK。ただしジャケットできちんと感がある、好印象な服装に
 ・色は暗めが良い。全身ダークカラーだと重たくなるのでインナーや小物に明るい色を
 ・素足はNG。ナチュラルカラーストッキングを着用。タイツもNG

入園・入学・卒園・卒業式のパパの服装選び。気をつけるべきマナー

パパ・父親に入卒コーデ・マナー

入学式・卒業式といった式典には、母親だけでなく父親も出席されるご家族も多いことでしょう。パパ・父親の服装は「スーツを着ていけば大丈夫でしょ!?」と思っていても、シャツやネクタイの色など、当日の服装で気になる点があるかもしれません。

ちなみにパパの式服は、式典のドレスコードに指定がない場合、ネイビーやチャコールグレイといったダークカラーでシングルのビジネススーツ着用が基本です。

シャツは白もしくは水色などの薄い色を選びましょう。ボタンダウンのシャツは、正式にはネクタイをするシャツではないので注意が必要です。

ネクタイは、シルバーやグレー、水色などの明るい色で無地かストライプを選ぶと無難です。式では、着席する場面もあるので靴下の色にも注意が必要です。スーツのパンツの色、もしくは靴の色と同じ色の靴下を選びましょう。

●パパ・父親の入園式の服装ポイントまとめ
 ・シングルのビジネススーツが基本
 ・色はチャコールグレーかネイビーのダークカラー
 ・シャツは白か水色の薄い色
 ・ネクタイはシルバー、グレー、水色などの明るい無地かストライプ
 ・靴下はスーツのパンツの色や、靴の色にあわせる

ぽっちゃりママにおすすめの【入園式・入学式】向けスカートスーツ・ワンピース

小さなお子様(乳幼児)の入園式では、子どものケアや抱っこをしたり、式典中はお辞儀をしたり、立ったり座ったりと色々な動作が想定されます。動いても着崩れの心配がない服装が安心です。

抱っこやお辞儀の動作をエレガントに見せる膝下フレアスカート

入園式ママのおすすめコーデ・服装・スーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

膝下のフレアスカートは足さばきも良く安心です。ワンピースは手を挙げた際や、子どもを抱っこする際に、スカートの裾も一緒に上がるので、少し長めの丈を選ぶようにしましょう。

入園式から園行事、仕事にも着まわせるセットスーツ

入園式から園行事、仕事にも着まわせるセットスーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

入園式にはオフホワイトのテーラードジャケットできちんと感と華やかさを、ネイビーのノーカラージャケットは、七五三や卒園式といったフォーマルな場にふさわしいセットスーツです。また、ワンピースとジャケットそれぞれ単品でも園行事やお仕事の場に着まわせるのでおすすめです。

フレアスカートのセレモニースーツ

フレアスカートのセレモニースーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

ジャケットのツイードはカジュアルな素材の印象がありますが、最近はフォーマルなシーンでも着用できるものが多く出ています。卒園式王道のダークカラーのスーツには、インナーやコサージュを明るい色にすると式典ファッションを華やかな雰囲気に引き上げてくれます。

フレアスカートのセレモニースーツ

ーディネートの詳細はこちら>>

立体感のある素材が地味な印象にならず、上質でフォーマルな印象を与えます。素材の質感で華やかさを演出しましょう。

卒園式と入学式の式服を兼ねる体型カバーフォーマルスーツ

卒園式と入学式の式服を兼ねるフォーマルスーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

明るい色と暗い色の2色のジャケットとワンピースの3点セットは、明るい色のジャケットは入学式に、暗い色のジャケットは卒園式にと着まわせるのでコーディネートに迷うことがありません。それぞれの式典にあわせてアクセサリーや靴でコーディネートに変化をつけるのもおすすめです。

特に体型が気になってきた方にオススメなのが、コロンとしたフォルムが可愛いセットアップ。王道のテーラードジャケットは身体にフィットするデザインですが、こちらのノーカラージャケットはゆったりラインとなっているので腕やお腹周りが気になる方でも自然とカバーできます。ワンピースもロング丈なので下半身カバーもできます。卒園式ではブラック系、入学式では白のジャケットを合わせるようにしましょう。

体型カバーときちんと感、どちらも兼ね備えるコーデ

体型カバーときちんと感、どちらも兼ね備えるコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

校風にもよりますが、入学式はきちんと感があればスーツ必須ではありません。ただし、式典時にはジャケットを着用するのがマナーです。手持ちのアイテムを活かしたり、単品購入のコーディネートを考えたりしている方には、ジャケット+スカートやジャケット+ワンピースといったコーディネートが適します。

やわらか素材のフレアワンピースとしっかりとした素材のジャケットのコーデは、ぽっちゃりさんに適しています。ジャケットのシルエットがきれいに出るジャケットがボディラインを拾いすぎずにエレガントな印象を与え、式典の場にふさわしい服装です。フレアスカートなら、式典時の立ったり座ったりの動作もしやすくおすすめです。

王道の卒業式フォーマルコーデ

王道の卒業式コーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

「学校生活最後の行事である卒業式は、きちんと感ある服装で参加したい!」という方に適しているのが、ダークカラーのビジネス色のないスーツです。ノーカラーのジャケットに膝丈のフレアスカートが上品で落ち着いた印象を与えます。ホワイトや明るい色のインナーにすると、華やかさが加わります。

ぽっちゃりさんの体型カバースーツ・ゆったりラインのセットアップ

ぽっちゃりさんのフォーマルコーデパンツスタイルパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

ゆったりとしたラインのジャンパースカートがセットになったフォーマルスタイル。タイトなラインは動きにくく体のラインも拾ってしまいますが、ゆったりとしたフレアタイプでXラインもつくってくれるので体型カバー力も抜群です。ジャケット・ブラウスをあわせてハレの日のフォーマルスタイルにも、学校行事にも使いまわせるセットアップになっています。

ぽっちゃりさんのフォーマルコーデパンツスタイルパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

タイトスカートもスタイリッシュなのですが、入園・卒園の式典時には硬いビジネススーツの印象を与えてしまいます。ぽっちゃりさんにはヒップよりも裾幅の広いフレアスカートの方が、ソフトなボディラインによく似合います。ワンピースやジャケットのシルエットがきれいに出る、ハリ感のある素材のコクーンワンピースやロングジャケットはおなか周りがカバーできるのでぽっちゃり体型の方や妊婦さんにもおすすめです。

動きやすいパンツスーツも、保護者向け卒園・入学・卒業式スーツとしておすすめ!

最近ではパンツスタイルのママも多くみられるようになりました。

「普段はパンツばかりでスカートには抵抗がある」「パンツスタイルはビジネススーツみたいで式典の場にはふさわしくないのでは」と考えている方も、フリルやシフォンといった女性らしいインナーをコーディネートしたり、ドレープ感のある柔らかな素材のパンツを選んだりすれば、フォーマルなシーンでもパンツスタイルが楽しめます。

子どもが動き回っても安心!体型カバーもできてエレガントなパンツスーツ

子どもが動き回っても安心!エレガントなパンツスーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

最近ではパンツスタイルのママも多くみられるようになりました。

「普段はパンツばかりでスカートには抵抗がある」「パンツスタイルはビジネススーツみたいで式典の場にはふさわしくないのでは」と考えている方も、フリルやシフォンといった女性らしいインナーをコーディネートしたり、ドレープ感のある柔らかな素材のパンツを選んだりすれば、フォーマルなシーンでもパンツスタイルが楽しめます。
式典中は立ったり座ったりの動作も多くありますが、動きやすいストレッチ素材のスーツだと楽ちんでもあります。

特にワイドパンツはぽっちゃりさんの強い味方。エレガントに装えて体型カバー力も抜群です。

きちんと感に自分らしさを加えたコーデ

きちんと感に自分らしさを加えたコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

いつも学校行事はカジュアルなファッションで参加している、卒業式も自分らしく、でもちょっときちんと感も欲しいという方におすすめなのがパンツスーツです。素材や色で上質で落ち着いた印象を演出しましょう。

体型カバーと普段使いもできる万能セットアップ

入卒コーデセットスーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

ゆったりラインのノーカラージャケットとブラウス、テーパードパンツがセットになったセットアップ。ゆったりラインのジャケットやブラウスは気になるお腹や腕周りを自然にカバーし、テーパードパンツもお尻周りをカバーしてくれます。普段使いできるデザインなのも嬉しいところ。単品での使いまわしもできる優秀セットアップです。

40代・50代にお勧めのフォーマルパンツスーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

小学校や中学校の卒業式となると母親・保護者の年齢も40代・50代となってきます。フォーマルを新調しても次に着る機会が無かったらもったいなくも感じます。そんな40代・50代のママにオススメなのが、オフィスや結婚式でもOKなセットアップスーツ。1着持っていたらいざという時に役に立ちます。程よいワイドパンツで体型カバーもできます。

体型カバー力のあるナチュラル派・カジュアル派スーツ

きちんと感に自分らしさを加えたコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

普段からゆったりサイズを好まれる方は王道のフォーマル感が苦手な方もいるのではないでしょうか。こちらはカジュアル派・ナチュラル派さんにオススメのフォーマルスーツ。丸みのある衿やジャケット、ワイドパンツがセットになっており、ゆったりしながらきちんと感もしっかりあるデザインになっています。もちろん体型カバー力も抜群!せっかく購入するフォーマルも自分らしくありたい方にオススメのスーツです。

着回しが広がる!セットアップスーツも、ぽっちゃりママ向けスーツとしておすすめ!

ジャケットやスカート(ボトム)、インナーなどが複数点セットになったセットスーツやラインで揃えられるセットアップスーツは、式典時だけでなく、保護者会やママ友ランチ、お仕事といった様々なシーンで表情を変えて着まわせる便利アイテム。

1セットあれば、コーディネートが迷わず決まるので、慌ただしく身支度を整えなくてはならないママにおすすめしたいスーツです。一枚で普段使いできるアイテムも多いので、コーディネートの幅も広がります。

コーディネートに失敗が無いセットアップスーツ

コーディネートに失敗が無いセットアップスーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

コーディネートに失敗が無いセットアップスーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

1セットあれば、コーディネートが迷わず決まるので、慌ただしく身支度を整えなくてはならないママにおすすめしたいスーツです。一枚で普段使いできるアイテムも多いので、コーディネートの幅も広がります。

臨機応変な着回しがきいて体型カバーもできるセットスーツ

入卒ママコーデ・セットスーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

入園式や入学式は、パステルカラーの明るい色や優しくエレガントなファッションがふさわしいとお伝えしましたが、子どもが成長した入学式では、甘めのファッションよりもスタイリッシュなファッションの方が、子ども受けも良くママも安心して着ていられるという方も多いのではないでしょうか。

ベージュは、入学式の服装の甘さを抑えたいママにおすすめの色です。子どものケアをするために抱っこをしたりしゃがんだりという動作が少なくなって、スカートの足さばきを気にする必要が減ったママには、膝頭が隠れる長さのタイトスカートもスタイリッシュで落ち着いた印象となるのでおすすめです。セットスーツは、入学式だけでなく学校行事や仕事など、シーンを選ばず臨機応変に着回しができてコーディネートのバリエーションが広がります。ワイドパンツも下半身が気になる方には嬉しいアイテムです。

上下のサイズが違うなら別売りのセットアップスーツ

ぽっちゃりさんのフォーマルスーツは、サイズ選びがポイントになります。
例えばスカートがきつい小さいサイズだと、立ったり座ったりする機会が多いので動きが悪かったり、裾があがってきて足が丸見えになることもあります。

同一サイズのセットスーツの購入が難しい場合は、ジャケットだけ、フォーマルワンピースだけなど、サイズがあった単品を新調することをお勧めします。

上下のサイズが別売りのセットアップになるスーツや同素材でスーツとしてコーディネート可能なジャケットやボトムの単品販売もされているので、そちらをチェックするのもいいでしょう。

ぽっちゃりさんのフォーマルコーデパンツスタイルパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

同素材で作られているのでお好きなサイズ・デザインを組み合わせてもしっかりフォーマルにまとまります。

着回しが広がる!セットアップスーツも、ぽっちゃりママ向け入卒スーツとしておすすめ!03

コーディネートの詳細はこちら>>

トップス「グレー系」×ボトム「黒」のコーディネートは落ち着いた印象を、トップス「黒」×ボトム「グレー系」のコーディネートは若々しくさわやかな印象を相手に与えます。

ツィード調ジャケットは、デニムなどのカジュアルなボトムにも合わせやすいので、入卒の式だけでなく、園行事や保護者会、通勤、ママ友とのランチといった様々なシーンで活用できます。

低身長さん向けのスーツ・服装

フォーマルスーツはサイズ感が大事。身長低めさんもせっかくのハレの日をだぼだぼのスーツで迎えるのは避けたいところ。身長低めさんには身長低めサイズ設計のスーツを購入することをお勧めします。

身長低めさんで体型も気になる方向けの体型カバースーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

ゆったりサイズのジャケット、ブラウス、ワイドパンツがセットになったフォーマルスーツは低身長さんで体型も気になる方に特におすすめのスーツです。ワイドパンツはエレガントに見えるのでハレの日に合います。全体的にゆるっとしたサイズ感ですが、ちゃんとフォーマル見えになるようにバランスがとれてこなれた雰囲気に見える優れもの。普段使いもしやすいデザインなので使いまわしもできちゃいます。

謝恩会の服装

謝恩会は、卒園のお祝いと先生方への感謝を伝えるママにとっても最後の園行事。卒園式と同じ日に園で開催する場合や、日にちや場所を変えて開催する場合などいろいろなパターンがあるので、謝恩会が開催される場のドレスコードにふさわしい服装で参加するのがマナーです。ホテルやレストランの個室など、改まった場所で開催する謝恩会なら上品でフォーマルな服装がおすすめです。結婚式の披露宴に行くような服装が良いでしょう。

卒園式と謝恩会、どちらにもふさわしい服装

入卒コーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

卒園式と同じ日に行われる謝恩会なら、卒園式と同じ服装でOKです。卒園式から謝恩会まで時間がある場合は、アクセサリーやバッグを変えたり、スカーフやストールをプラスしたりして華やかにするのもおすすめです。
こちらのセットアップはゆったりラインなので、体型カバー力抜群。ロング丈ブラウスがお腹周りやヒップラインをkバーしてくれます。

フォーマルな謝恩会におすすめバッグ

フォーマルな謝恩会におすすめバッグ

コーディネートの詳細はこちら>>

小さいバッグほどフォーマル感が高まります。卒園式と同じ服装で参加する謝恩会でも、クラッチバッグなどの小さなバッグに変えるとドレスアップした印象になります。

卒園式の和装・着物のマナー

一般的に、卒園式は厳かな式典として執り行われるためドレスコードは準礼装とされています。着物の準礼装は、訪問着、色無地が該当します。
卒園式は子どもが主役となるので、準礼装に該当していても華美な柄や色の訪問着は控えた方が賢明です。控えめで落ち着きを感じられる色の着物に、有職文様・吉祥文様が刺繍された袋帯を合わせるのが良いでしょう。
着物を控えめな色にして、帯は金糸や銀糸で刺繍された華やかなものでバランスをとるのがおすすめです。

手持ちですませたい保護者のための、雰囲気を変えるプラスワンアイテム

入園(入学)式・卒園(卒業)式の服装は、手持ちのアイテムですませたい、なるべくコストを抑えたいなど、スーツはすでにある方やきょうだいの入園(入学)・卒園(卒業)式に着まわせ、旬なコーディネートになるおすすめのプラスワンアイテムを紹介します。

ツイードのジャケット

コーディネートの詳細はこちら>>

ツイードはカジュアルな素材の印象がありますが、最近はフォーマルなシーンでも着用できるラメの糸が織り込まれているものが多く出ているので、ダークなカラーワントーンで地味になってしまいがちな式典ファッションを華やかな雰囲気に引き上げてくれます。

例えば、ジャケットがツイードでボトムがシフォンスカートといったセットアップはフェミニンな印象となり人気があります。

ツイード素材は生地に厚みがあり洋服のラインがきれいに出るので、ボディラインが気になるぽっちゃりさんにもおすすめの素材です。

イベント後も使えるインナー

手持ちスーツをプラスワンアイテムで卒業式コーデにするインナー

手持ちスーツをプラスワンアイテムで卒業式コーデにするインナー

コーディネートの詳細はこちら>>

卒業式の服は、当日だけ着てクローゼットにかかったままになってしまうのは避けたいですよね。いつものスーツにプラスワンアイテムで卒業式コーデを作るなら、柔らかい素材のエレガントなブラウスがおすすめです。また、コサージュやパールのアクセサリーをプラスするのもフォーマル度が上がります。

卒園の式典時、スーツやジャケットのインナーとして着用したアイテムは普段使いして、いつものファッションを格上げしましょう。

アイテムの詳細はこちら>>

寒がりさんには、式典時に限らずあったか裏起毛のインナーが嬉しいですよね。

胸元のプリーツは縦ラインをプラスしてくれるので、ジャケットのデザインを選ばずデコルテ周りをすっきり見せてくれる効果があります。

卒業式・入学式を迎えるママ(保護者)におすすめのアクセサリー・コサージュ・靴・バッグ

上下同じ色のスーツスタイルは着こなしにメリハリが乏しくなりがちです。アクセサリーを上手に使って、視線を上に集め、華やかさと縦長スッキリ効果を目指しましょう。

ただし、式典時は、アクセサリーのつけ過ぎは禁物。上品で控えめなアクセサリーづかいを心掛けましょう。真珠は、入学式や卒業式といった式典の場にふさわしい上品で控えめなアクセサリー。フォーマルな装いにも、悪目立ちしない心強いアイテムです。

卒園式後に謝恩のパーティーがある際は、アクセサリーをプラスして華やかさと彩りを添えるのもおすすめです。

ぽっちゃりさんが、チョーカーや華奢なネックレスをつけるとデコルテからお顔周りのバランスが悪くなってしまう場合もあるので、アクセサリーをつける際は、必ず、姿見で全体のバランスを見るようにしましょう。

真珠のアクセサリー

式典や冠婚葬祭といったフォーマルな場から普段まで使えるパールの1連ネックレス。ファッションを選ばず使え、着けると上品で優しい雰囲気のママファッションに格上げしてくれるオールマイティーなアクセサリー。1つあると、ファッションの幅が広がります。

真珠のアクセサリー

アイテムの詳細はこちら>>

アジャスターがついていて、装いに合った長さに調節できるのがおすすめのポイント。ネックレスとおそろいのイヤリングがセットになっていて、子どものハレの日にふさわしい上品な華やかさのある装いに仕上がります。

真珠のアクセサリー02

アイテムの詳細はこちら>>

ハレの日だから使える2連パールのネックレス。子どものハレの日に上品で控えめな輝きをまとって過ごすのも素敵ですよね。

1連のパールネックレスとしても使えるので、式典が終わってもファッションに合わせてアレンジが楽しめます。1連にすれば、ハレの日だけでなく不祝儀でも使えます。

コサージュ

コサージュは、19世紀後半頃のフランスでお祝い事の時に女性が装飾のために身頃に花をつけたことに由来しています。胸元に付けるだけでシンプルなスーツでも華やかでフォーマルな装いにしてくれるので式典時にふさわしいおすすめのアクセサリーです。

コサージュ

アイテムの詳細はこちら>>

式典時にダークカラーのスーツを着る際は、パステルカラーのコサージュを着けると明るく華やかな雰囲気がアップしておすすめです。つける位置は、特に決まりはありませんが、一般的には左側の鎖骨のあたりに着けるとコサージュに視線が集まりやすくスタイルアップも叶います。


また、髪の毛をまとめた際、髪飾りとして使えるのでコサージュとしてだけでなくヘアアクセサリーとしてもおすすめです。

ヘアアクセサリー

入卒コーデ・母親ママヘアアクセサリー

アイテムの詳細はこちら>>

式典の頃にもマスクは手放せそうもなく、顔周りの髪の毛がマスクにかかるのは避けたいですよね。式典時はお辞儀をする場面が何度かあります。お辞儀をする際、髪が、顔やマスクにかからないようにヘアスタイルも気を付けたいところ。

セミロングやロングの方は、華やかなバレッタでハーフアップやまとめ髪にしてフォーマル感をアップさせましょう。パールやビジューが使われたバレッタは、美容院に行かなくても、華やかさをプラスすることができます。

靴・パンプス

ブーツやサンダル、ピンヒールは避け、つま先の隠れるパンプスが基本です。上履きやスリッパに履き替える事もあるので、ストラップの無い脱ぎ履きしやすい靴で服装に合わせた色を選びましょう。

また、ベージュのパンプスは足長効果も期待できます。アニマル柄は、殺生をイメージするのでフォーマルな場にはNGです。

靴・パンプス

アイテムの詳細はこちら>>

2022年春夏も引き続き、トレンド素材としてレースがあげられています。レースは上品で女性らしい印象を与えるので、式典時はもちろんですが、普段使いにもトレンドを取り入れた汎用性の高いシューズとしてもおすすめです。

靴・パンプス

アイテムの詳細はこちら>>

式典時、意外とみられている後ろ姿。かかとのリボンがアクセントとなったシンプルなパンプスは、フェミニンで優しいママの装いによく合います。

バッグ

アイテムの詳細はこちら>>

お式では、服装に合わせた色のフォーマルで小ぶりのものを選びましょう。

バック

アイテムの詳細はこちら>>

ですが、小ぶりのバッグは収納力が今一歩。。書類や上履き、カメラ等の荷物もあり意外と大荷物になってしまうのでサブバックを活用しましょう。紙袋やエコバックといったカジュアルなものではなく、フォーマル用のサブバッグを1つもっておくと、入園・卒園以外のフォーマルな場にも使えて便利です。

寒さ対策のストール

寒さ対策のストール

アイテムの詳細はこちら>>

広い公会堂や体育館などに3月の春先の場合、底冷えして式中ガタガタ震えていた、なんてこともよく聞きます。寒さ対策に1つ無地の大判ストールを持っておくことをお勧めします。

まとめ

コロナウィルス流行の終息が見えない中での式典服の準備はいろいろと迷う部分があるかもしれまませんが、卒園・入学のハレの日、マスクもセレモニースタイルの一部に取り入れて、ママもTPOにあわせたおしゃれを楽しんで家族でお子様の成長をお祝いしましょう。

ニッセンの大きいサイズのセレモニースーツ一覧はこちら>>
ニッセンの通常サイズのセレモニースーツ一覧はこちら>>

カジュアル派・ナチュラル派さんにおすすめの卒園・入学式コーデはこちらも>>
ママ&女の子の【入園・入学・卒園・卒業式】の髪型・ヘアアレンジはこちら>>

こちらの記事もおすすめ

川島 彩子

川島 彩子

カラーコーディネーター 。インポートブランドのショップスタッフ時、人によって「似合う色」「デザイン」があることを知り、ファッションやインテリアの「色」について専門的に学ぶ。現在は、カラーコーディネーター育成の他、企業や地方自治体主催のカラーセミナーなどを精力的に行っている。

ページの先頭へ