シャツイン(トップスイン・前だけイン)が苦手なぽっちゃりさんへ!ダサ見えを避けるTシャツインコーデのコツをご紹介

シャツインしておしゃれに見せたいけど、お腹周りが気になるという方は多いのではないでしょうか。今回はシャツインが苦手なぽっちゃりさん向けに、上手にシャツインするコツやシャツインに向いているコーディネートをご紹介します。逆にシャツインしないほうがいいケースも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

   

シャツインコーデや前だけインコーデの正しい着こなしは?最旬トップスインコーデを解説

「お腹がぽっこりしているからシャツインは無理」という方は、インスタイルを勘違いしているかもしれません。シャツインとは、単純にトップスを全部ボトムスにしまい込むことではありません。ぎゅうぎゅうにトップスを入れてしまうと当然お腹周りはごわつきます。トップスをインするのは、あくまで全体のバランスを整えるためです。

「シャツインコーデ(もしくは前だけイン)は全体のバランスを整えるために行う」と理解できればトップスインは成功したも同然です。

今季のトレンドから見ると、従来よりトップスとボトムスの境目をあいまいにするような着こなしが目立っています。トップスを綺麗に入れこむのではなく、ウエストに軽く入れてリラクシーな雰囲気を出すのがポイント。旬のシャツインはスッキリ見えるだけでなく、今どき感も出て一石二鳥のテクニックです。

<最旬シャツインコーデ>

<最旬シャツインコーデ>

コーディネートの詳細はこちら>>

この春おすすめしたいのはオールホワイトコーデです。今季注目の甘めな白ブラウスをトップスインして清潔感のあるスタイルに。スモーキーなパンプスを差し色にすれば抜け感が出てこなれた印象になります。

<シャツインしたほうがよいコーデ>

<シャツインしたほうがよいコーデ>

コーディネートの詳細はこちら>>

春夏に出番の多くなるフレアスカートは、トップスをインしたほうがスタイルUPして見えます。きれいめなラベンダーカラーのスカートもデニムのブラウスと合わせると程よくカジュアルダウンして活躍のシーンが増えるはず。

<シャツインすべきではないコーデ>

シャツインすべきでないコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

流行りのショートベストやニットベストと合わせるときは、シャツインしないほうがいいでしょう。レイヤードした裾から中のトップスが見えることで立体感が生まれ、着やせ効果につながります。

前だけインは古い?ぽっちゃりさんのお腹周りを上手にカバー!トップスイン(シャツイン・Tシャツイン)することのメリット

引き続きゆったりコーデが流行している今、シャツインをはじめとするトップスインコーデにどんなメリットがあるかご存知でしょうか。
前だけインはもう古い、ダサい、流行おくれと思われている方も多いですが、メリットもあります。
シャツインの効果は大きく分けて2つ。1つは「重心があがり、腰位置が高くみえる」ことです。

トップスインアウト比較
前だけインは古くない?お腹周りを上手にカバー!トップスイン(シャツイン・Tシャツイン)することのメリット

コーディネートの詳細はこちら>>

オーバーサイズのトップス×ロングスカートは、トレンドコーデのひとつです。テクニックいらずで真似しやすいスタイルですが、コーデの重心が下がることでもっさり見えてしまうこともあります。

トップスを軽く入れることでウエスト位置があがり、上半身をコンパクトに、下半身をすっきり見せることができます。

また、メリットの2つめは「オーバーサイズの着こなしでも着やせして見えやすい」点です。

前だけインは古い?ぽっちゃりさんのお腹周りを上手にカバー!トップスイン(シャツイン・Tシャツイン)することのメリット

コーディネートの詳細はこちら>>

ゆったりアウターやロングシャツなど、流行りのオーバーサイズにトップスインは欠かせません。インナーはトップスインしてタイトに、アウターはふんわりさせてメリハリを作ることで目の錯覚が生まれ、細く見せることができます。

下のコーデは上のコーデと同じトップスを使っていますが、トップスをインするかアウトにするかで雰囲気が異なります。トップスインするメリットは先ほどお伝えしたとおり、①重心を上げて腰位置高く、脚長効果 ②メリハリつけて着やせ効果 の2つですが、あえてトップスアウトしてカジュアルなコーデにするのも「あり」です。

前だけインは古くない?ぽっちゃりさんのお腹周りを上手にカバー!トップスイン(シャツイン・Tシャツイン)することのメリット

コーディネートの詳細はこちら>>

それでは、ここからはトップスインする場合の細かいテクニックを解説していきます。

トップスイン(シャツイン)コーデのポイント4つ

その1:トップスインしやすいアイテムを選ぶ

トップスインコーデのポイント1つ目は、「トップスインしやすいアイテム」選びが大事です。
インするのに向いているトップスは、素材と長さがポイント。

1、素材:薄手のもの
2、長さ:余裕のある長さ

それぞれ詳しく説明します。
1.素材:薄手のもの

トップスイン(シャツイン)コーデのポイント4つ

コーディネートの詳細はこちら>>

薄手のトップスを選べば、中にインしてもお腹周りが目立ちません。特に春夏はポリエステル混のプリーツスカートや、麻素材のパンツなど薄手のボトムス中心です。そのためカットソーやブラウスなどのトップスも薄手のものを選びましょう。

2.長さ:余裕のある丈感

トップスイン(シャツイン)コーデのポイント4つ

コーディネートの詳細はこちら>>

トップスインが失敗しやすい原因の1つに、丈が足りないことがあげられます。丈が短いと動いているうちにトップスが出てしまったり、うまくブラウジングできなくなったりしてしまいます。
丈は少なくともおへそ下まである長さのトップスを選ぶとよいでしょう。

その2:ウエスト部分がゴムになっているものを選ぶ

その2:ウエスト部分がゴムになっているものを選ぶ

コーディネートの詳細はこちら>>

その2:ウエスト部分がゴムになっているものを選ぶ

コーディネートの詳細はこちら>>

トップスインするときに便利なのが、ウエスト部分がゴムになっているものです。すべてにゴムが入っている必要はありません。後ろの部分だけゴム仕様になっているものは、よりきちんと感が出るのできれいめなコーディネートを作るときにおすすめです。

その3:ブラウジングしてお腹が目立たないように調整する

その3:ブラウジングしてお腹が目立たないように調整する

 コーディネートの詳細はこちら>>

トップスインするうえで欠かせないのがブラウジング。トップスインコーデが成功するかはブラウジングができているかどうかと言っても過言ではありません。そのくらい重要なテクニックなので、マスターすることをおすすめします。ブランジングのやり方がよくわからないという方のために、簡単にできるブラウジングの方法をご紹介します。

①トップスを全てスカート(もしくはパンツ)の中に入れる。
——※この時点ではお腹わまりがパツパツでもOK

②トップスを3〜5cmほど引き出してお腹周りに少しだけゆとりを作る

③後ろ側(背中の部分)も前側と同じように引き出す
ブラウジングをすれば、座ったときもぽっこりお腹が目立ちにくいのでオススメの方法です。

その4:ワンサイズ上のボトムスを選ぶ

見落としがちですが、ワンサイズ上のボトムスを選ぶのも有効です。ジャストサイズだと窮屈になりがちです。シャツインが苦手な方はパンツやスカートを選ぶ際、少しゆとりのあるサイズを選んでみましょう。格段にシャツインがやりやすくなりますよ。

これはダサ見え!シャツイン・Tシャツインしない方がいいコーデ

コーデを垢抜けた印象にするためにシャツインが効果的ということはお分かりいただけたかと思います。
しかし実際シャツインを試してみると「なんかダサい」「予想していたのと違う」なんていうコーデになることはありませんか。
それもそのはず、シャツインは「こうすれば正解」という絶対的な着こなしはありません。というのも、トップスの素材(柔らかさ、硬さ)・ボトムスの種類によってバランスが異なるからです。
シャツインでスタイルUPするためには、必ず鏡の前でブラウジングしましょう。正面からはもちろん、横からのシルエットも確認することで、スッキリ見えるバランスが見つかるはずです。

トップスインは着やせに有効なテクニックですが、なんでもインすればいいというわけではありません!
トップスインコーデを成功させるために、NGアイテムを押さえておきましょう。

デザイン性のあるトップス

デザイン性のあるトップス

デザイン性のあるトップスは装飾がついているものが多く、トップスインには向きません。フリルやリボンは、インするとボトムスの中でごわついてしまう原因に。

特に今季はバックスタイルにポイントのあるトップスも多いので、前から見てOKでも後ろ姿が不自然にならないよう、トップスインは避けましょう。

スキニーパンツ

スキニーパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

トップスイン(シャツイン)コーデのポイント4つ

コーディネートの詳細はこちら>>

スキニーパンツもトップスインには不向きなアイテムです。

細身のパンツにトップスをインすると、トップスの線がダイレクトに出てしまい、せっかくのコーディネートも台無しになってしまう可能性があります。細身のパンツを履くときは、ふんわりしたトップスを外に出したアウトスタイルでコーディネートにメリハリをつけましょう。

ティアードタイプのブラウス

トップスイン(シャツイン)コーデのポイント4つ

コーディネートの詳細はこちら>>

裾に向かって広がっていくデザインは1枚で主役級のアイテムなので、細身のパンツに合わせるなどアウトスタイルで楽しみましょう。

ボタン付きアイテム

コーディネートの詳細はこちら>>

前ボタンがあるトップスは、ボタンの部分が邪魔になってシルエットが崩れてしまいます。ボタン部分が襟元だけの場合はOKですが、上から下までボタンが続いているようなトップスは避けた方が無難でしょう。

トップスインorアウト、どちらにするか迷ったときの着こなしの指針

トップスインorアウト、どちらにするか迷ったときの着こなし

コーディネートの詳細はこちら>>

襟つきブラウスも、トップスイン・アウトどちらでも着まわし可能なアイテムです。ブラウスをインするかアウトにするか迷ったときは、トップスとボトムスのどちらが主役なのかで判断しましょう。
上の左図のようにトップス(襟つきブラウス)を主役にしたいときはアウトスタイル、右図のようにボトムス(チェックスカート)が主役のときはインスタイル、と意識するとわかりやすいです。
トップスをインすべきなのかアウトで着るべきなのか、迷ったときの参考にしてみてください。

<着こなしの指針>
スカートやパンツなどボトムスが主役のときはトップスイン
トップスが主役のときはトップスアウト

トップスイン・アウト、どちらにも使いやすいトップス

長め丈のシャツやふんわり素材のブラウスは、トップスイン・アウト共に着まわせるので、1枚持っていると重宝する便利アイテム。
トップスインとトップスアウトの違いを説明すると、インの場合はウエスト位置が高く見えるので脚長効果があります。アウトの場合は今っぽいラフでこなれた印象になります。

トップスイン・アウト、どちらにも使いやすいトップス

コーディネートの詳細はこちら>>

トップスイン・アウト、どちらにも使いやすいトップス

コーディネートの詳細はこちら>>

シンプルなデザインのオーバーシャツは、インスタイル・アウトスタイルどちらにも使い回せるアイテム。きれいめカジュアルな雰囲気を出したいときはパンツを合わせたスタイルに、上品な雰囲気にしたいときはブラウスインしてスカートを合わせて。シーンごとに使い分けると、着こなしの幅がぐんと広がりますよ。

トップスイン・アウト、どちらにも使いやすいトップス

コーディネートの詳細はこちら>>

胸元にタックが入ったシンプルなブラウス。長すぎず、ほどよい丈感が絶妙でアウトスタイルにもはまります。

トップスイン・アウト、どちらにも使いやすいトップス

コーディネートの詳細はこちら>>

同様のブラウスをインしたコーディネート。すその部分がストンとした形なので、インするときも邪魔になりません。合わせるアイテムによって使いまわせる丈感・使いやすさが絶妙なブラウスです。

ぽっちゃりさん向け!おすすめシャツインコーデ

ここでは今年の春夏のトレンドをおさえた、ぽっちゃりさん向けおすすめのシャツインコーデを紹介していきましょう。

ぽっちゃりさん向け!おすすめシャツインコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

マニッシュなワイドパンツに白シャツを合わせた辛口スタイル。適度にこなれ感があるのは旬のスタンドカラーシャツのおかげ。スカートにもパンツにも合わせやすいスタンドカラーシャツは万能選手です。

ぽっちゃりさん向け!おすすめシャツインコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

大人っぽいプリント柄のスカートが涼しげな初夏のコーデ。コットン素材のトップスを合わせてもOKですが、ブラウスを合わせるときちんと感がプラスされて、カジュアルになりがちな夏場でも上品に着こなすことができます。

コーディネートの詳細はこちら>>

タイト目のベイカースカートにチェックシャツをインした秋らしいコーディネート。ウエスト位置も高く、Iラインなので着痩せコーデになります。今年はスカーフを首に巻くと、目線も上にあがりもっとこなれた感じに仕上がりますよ!

コーディネートの詳細はこちら>>

ヴィンテージ風の洗いの入ったデニムシャツをガーリーなスカートにあわせて。足元もブーツにとガーリーカジュアルにまとまります。メンズライクなアイテムを遊び心あるコーデに仕上げるとオシャレ感が格段に上がります。

ぽっちゃりさん向け!おすすめシャツインコーデ

キリっとした印象のあるシャツも、プリーツスカートを合わせて女性らしいスタイルに。着やせ効果を狙うなら、トップスとボトムスのカラーに濃淡をつけるのがポイントです。

ぽっちゃりさん向け!おすすめシャツインコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

夏場に活躍するガーゼ素材のパンツは、カジュアル感の強いアイテム。合わせるトップスによってはご近所着や家着っぽくなりがちです。シャツインすることできちんと感がミックスされ、ぴりっと辛い大人のカジュアルスタイルが完成します。

ぽっちゃりさん向け!おすすめTシャツインコーデ

夏のコーデには欠かせない「Tシャツ」。ここでは、おすすめのTシャツインコーデを紹介していきましょう。

ぽっちゃりさん向け!おすすめTシャツインコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

ボーダーTシャツ×花柄の上級Tシャツインコーデ。マンネリになりがちなボーダーTも、柄のスカートを合わせるとグッとおしゃれ度が上がります。モノクロやくすみカラーでまとめるのがコーディネート成功の秘訣です。

ぽっちゃりさん向け!おすすめTシャツインコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

立体的なシルエットとボリュームのあるパフスリーブで小顔効果のあるスタイリング。甘めなデザインでも黒を選ぶことで大人女性でも着こなしやすくなります。柔らかな素材のカラーパンツには前だけインしてリラックス感を引出しましょう。

コーディネートの詳細はこちら>>

1枚で主役級のドット柄スカートにはデザイン性のあるTシャツでほんのり辛口仕上げに。足元はサンダルで抜け感を出すのがポイントです。

コーディネートの詳細はこちら>>

Tシャツをスカートにインした上に、オーバーサイズのシャツを羽織る、今年一押しのコーデ。ロゴT・プリントTシャツは今年の流行りで、秋なら上からシャツを羽織りましょう。上からシャツを羽織ることで大きなプリントもコーデに溶け込みます。

ぽっちゃりさん向け!おすすめTシャツインコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

ゆったりとしたドルマン型のカーディガンやロングカーディガンにはTシャツインがおすすめ。カジュアルなTシャツでもインすることで、お出かけスタイルにも活用できるくらい上品な雰囲気を演出できます。

ぽっちゃりさん向け!おすすめTシャツインコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

夏場のお仕事スタイルにはTシャツインがおすすめ。パンツとTシャツの色をダークカラーで揃えることでIラインシルエットが生まれ、引き締め効果バツグンです。動き回って汗をかいてもTシャツなら不快感なく過ごせて安心ですね。

ぽっちゃりさん向け!おすすめニットインコーデをご紹介

ニットはやわらかいのでお肉のラインを拾いやすく、ぴったりサイズやジャストサイズのニットはぽっちゃりさんは苦手な人が多いのではないでしょうか。
ニットもオーバーサイズが流行りなので、無理やりトップスインする必要はありません。トップスインする場合は、薄手のニットを選びたいところ。

袖にボリュームのあるニットなら、お腹周りをカモフラージュしてくれます。ジャストサイズではなくゆとりのあるデザインがぽっちゃりさんにはおすすめです。キレイな色で透け感のあるニット+デニムは品よくキレイめな印象に仕上がります。上にコートや羽織があるとより安心してコーディネートできますね。

ぽっちゃりさん向け!おすすめニットインコーデをご紹介
ぽっちゃりさん向け!おすすめニットインコーデをご紹介

コーディネートの詳細はこちら>>

夏でもクーラーが効いた部屋にいるなど、薄手のニットが活躍するシーンは意外と多いもの。デニムのワイドパンツにセーラー襟を合わせて、カジュアルなマリンスタイルに仕上げるのが大人女性におすすめです。

ぽっちゃりさん向け!おすすめのトップスイン(前だけイン)コーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

薄手ではないざっくりしたニットやゆとりあるデザイン・オーバーサイズのニットは、自然なブラウジングやふんわり前だけ軽めのインにするのが正解です。

トップスインはおしゃれを楽しむキーワード

おしゃれしてお出かけする機会が減ると、いつの間にか洋服の着こなしを忘れてしまった人も多いはず。まずは手持ちのアイテムからシャツインスタイルに挑戦してみませんか。いつもと少し違った自分にワクワクできるはず。
トップスで無理に隠さなくても、あなたの体型がキレイに見えるバランスがきっと存在します。

ニッセンのトップス一覧はこちら>>

こちらの記事もオススメ

山田 ハナ

山田 ハナ

ファッションが昔から大好きだけどぽっちゃり・おチビ・肩幅しっかりがコンプレックスだった。試行錯誤した結果、骨格診断とパーソナルカラーに出会い等身大の自分でおしゃれが楽しめるように。骨格スタイルアドバイザー2級。

ページの先頭へ