素材で快適に。暑い夏を乗り切るぽっちゃりさんにおすすめ夏服・夏素材

素材で快適に。暑い夏を乗り切るおすすめ素材

いよいよ夏!昨年の凄まじい猛暑を思い出すと、今年の暑さも油断はできないものですよね。
しかし暑すぎたり寒すぎたり、あまりに極端な気温のときって、オシャレのことなんて二の次になってしまいがち。

ところが昨今は、オシャレで機能的な洋服、つまり素材に一工夫ある洋服が豊富に揃うため、ただ見た目の可愛らしさだけで選ばず、素材に着目して選ぶだけで、暑い夏でも快適に過ごしつつ、着ていて楽しくなるオシャレも抜かりなくできるのです。

では暑い夏を快適に過ごせる素材って?その疑問にお答えします。

INDEX

夏服におすすめの素材

夏服におすすめの素材

リネン、コットン、テンセル、レーヨン、ポリエステルが夏におすすめの素材です。それぞれを詳しく説明します。

夏におすすめの快適素材①:リネン(麻)

肌あたりがシャリっと、からっとしていて、通気性・速乾性抜群!ここ数年の猛暑に率先して着たい、夏服にベストな清涼感のある天然素材といってよいでしょう。汗をかいても肌に張り付きにくく、そして早く乾くので湿気の多い日本の夏に昔から多様されていた素材です。

元々シワ感のある風合いのため、洗濯がラクでアイロンいらず。ワンピース、ボトムス、ブラウスとして着るだけでこなれて見えるので、おすすめです。

麻100%でなく少し麻が混ざった素材でも麻特有のシャリ感のある素材になるので、夏の汗で身体にべったり張り付きずらく通気性もよくなります。夏の洋服選びに麻が混じっていないかチェックしてみましょう。

リネン・麻_01 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

商品詳細はこちら>>

もう1つ麻の良い点は、発色が良い事。天然の麻に色を足すと、麻の天然の凹凸のあるシャリ感が何とも言えないニュアンス・陰影をだし、のっぺりした色ではなくきれいな色味に仕上がるのが特徴です。

ただしリネンは、カジュアルな雰囲気がでやすいことが、良い面でもある反面、フォーマルな場にはあまりふさわしくありません。かしこまったレストランなどに着るのは、なるべく避けましょう。

ニッセンの麻アイテムはこちら>>
アリノマの麻アイテムはこちら>>

また、麻は寝具やファブリック類にもよく使われます。快適性と丈夫な素材のため特に夏にはおすすめです。

麻ファブリックはこちら>>

夏におすすめの快適素材②:コットン(綿)

肌触りが良くて、吸水性が非常に高く風通しも良いコットンも、年中使われる素材ですが、汗をよくかく夏にも適した天然素材です。

ピュアコットン(綿100%の商品)か、他の繊維と混紡かによって風合いが変わりますが、総じてカジュアルなシーンで着たい、Tシャツやワンピースが豊富に揃います。

商品詳細はこちら>>

綿100%の素材は、シワが付きやすくブラウスやパンツなどは旅行には不向き。加えて濃色もシワが目立ちやすいので、夏の旅行にもっていくなら、シワが目立ちにくい白のTシャツやスカートがおすすめです。

カットソー以外では、コットン100%のシャツ素材もあります。
シャツ素材はハリのある表面感になり、ハリがある分きちんと感があるところが良い点ですが、夏には肌に張り付きやすいのがデメリットです。

商品詳細はこちら>>

ナチュラルな天然素材で吸水性・通気性もよいため、肌着や下着類でも特に好まれる素材です。お肌が敏感な人は流行りの吸汗速乾素材(化繊・化学繊維)では肌が荒れてしまう、という声もききます。
コットン素材の下着類などはこちらの記事でも紹介していますので、チェックしてみてください。

 

夏におすすめの快適素材③:テンセル

シルクのようなツヤ感がドレッシーで、肌あたりはさらっと柔らかい風合いであることから、夏服で着ると清涼感ある再生繊維です。

再生繊維とは、元々木材パルプや綿の実など天然植物が原料で、それらを極力化学の力を使わず繊維にしていることから、天然繊維らしさを残した化学繊維になります。

テンセルは、他の素材と一緒に使われることが多いです。こちらの商品はコットンとの混在素材。
コットンだけのデニム生地ではごわごわして重たくなりますが、テンセルが混ざることで、しなやか・わやらかさ・軽さが加わり、しなやかなデニム素材となっています。

商品詳細はこちら>>

テンセルは、そのツヤ感を生かして夏のオシャレ着に多く使われている素材ですが、洗濯シワが付きやすいので、テンセルの混率が高いアイテムほど、手洗い&洗濯ネット入で脱水&吊り干しもしくは平干しがマストです。

ニッセンのテンセルアイテムはこちら>>
アリノマのテンセルアイテムはこちら>>

夏におすすめの快適素材④:ポリエステル

石油を原料とした化学繊維のひとつにあたる、合成繊維になります。化学繊維と聞くと天然繊維より安っぽく見られたり、粗悪のように思われがちですが、決してそんなことはありません。スポーツ衣料にもよく使われる素材になります。

元々ポリエステルは、耐久性が高い素材。洗濯や着用を重ねるにつれてピリングという小さな毛玉がでやすいところがデメリットではありますが、ポリエステルは速乾性や伸縮性が優秀なので、実はとっても機能的な優秀素材なんです。

コットン100%のデニムが固くて履きにくくても、ポリエステルとの混紡であると、ストレッチがきいていてよく伸びるため、履きやすくなるのです。

最近は、ノースリーブのブラウスのような、大人がさらっと着る夏服にも多く、コットンやリネンには出せない、エレガントな印象を出してくれるのがポリエステルの特徴でもあります。

商品詳細はこちら>>

商品詳細はこちら>>

ポリエステルは、シワも付きにくいので、旅先にもっていく夏服にもおすすめですし、アイロンいらずで洗濯したらすぐに着られる服が多いことから、夏場の日常着にもおすすめです。

アリノマのポリエステルアイテムはこちら>>

夏におすすめの快適素材⑤:レーヨン

レーヨンもテンセルと同じ再生繊維ですが、テンセルは木材から抽出したセルロースを「精製」したものに対し、レーヨンは化学変化を起こしたセルロースを、さらに化学薬品で「再生」したものになり、元の原料は同じでも、テンセルよりずっと人工的な化学繊維になります。

さらっとした着心地や、ツヤのある風合いは、上記に上げたポリエステルやテンセルにも似た特徴があります。
レーヨンならではというと、静電気が起きにくいところや、ニオイが付きにくい特徴をもつことから、夏服におすすめの素材です。

レーヨンも他の素材と合わせて使われることが多い素材になります。
こちらのパンツは、麻とレーヨンのミックス素材。麻だけではだせないしなやかさ・柔らかさが加わったアイテムです。

商品詳細はこちら>>

こちらは、ポリエステルとレーヨンのミックス素材のTシャツ。
コットン100%のTシャツはとは全く違った風合いのTシャツで、柔らかさやとろみ感などニュアンスのあるTシャツになります。

商品詳細はこちら>>

レーヨン素材は、シワが付きやすかったり、型崩れがしやすいデメリットがあるため、うっかり吊るして干したり収納したりすると伸びきってしまいます。日々のメンテナンスに注意が必要になります。

夏におすすめ素材のまとめ

素材_01 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

素材_02 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

それぞれの素材の特徴のまとめです。

お店で手に取って商品を見て触ることができれば素材の風合いなどはすぐにわかりますが、最近は通販を利用される方も増えていますね。

素材の特徴を覚えておくと、写真だけでは伝わらない素材の雰囲気などを想像できるようになります。
家にあるアイテムの素材をチェックして、好きな素材感・風合いを覚えておくのも、通販で失敗しないための1つのコツです。

 

素材感を生かしたコーデ

コットン100%コーデ:綿100%なのに、しなやかがあるガーゼ素材

上半身ぽっちゃりにおすすめのボリュームパンツ01

商品詳細はこちら>>

こちらのはどちらもコットン100%のアイテム。ガーゼ素材なのでやわらかさ・ニュアンスのあるコーデになります。
コットンといえど、生地の編み方・織り方で表情は大きく変わってきます。

ポリエステル×レーヨンコーデ:通勤もOKのきれい目と快適さ

ポリエステル×レーヨンコーデ ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品の詳細はこちら>>

暑さ対策したいけど、日焼けが気になるから、真夏でも長袖を着ていたい!という女性は少なからずいるもの。

ポリエステル100%で落ち感のある長袖のとろみシャツとレーヨンベースのパンツで、通勤OKの落ちつき爽やかコーデの完成です。
ポリエステル素材のシャツは、汗をかいてもベタベタせず、さらっとした着心地で暑さがたまらない日でも快適!袖を少しまくって着ると、こなれて見えておすすめです。

パンツはレーヨンベースだから、汗をかいて脚に生地がまとわりつくことがなく、足さばきよく歩けるから、炎天下でも活動的に動けます。

コットン×ポリエステル:快適さとしなやかさが合わさったコーデ

コットン×ポリエステルコーデ_02 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

コットン素材のワンピースは、通気性がよく、着心地も抜群だからこそ、まさに真夏の必需品!
コットン100%ではだせないやわらかなニュアンスを、ポリエステル混の素材で実現できています。

コーディネートは、やわらかなシルエットなので、ベージュアイテムでやさしい雰囲気で固めるのが吉。ベージュのコットンワンピースにありがちな、カジュアル感を抑えたお出掛け仕様の風合いになります。真夏のデートシーンにも最適だから、小物を変えて、様々な印象を楽しんでみてください。

ほんの少し、素材のことを知っておくだけで、ライフスタイルに寄り添うオシャレが楽しめます。
機能性とオシャレが共存したとっておきの夏服を、ぜひ見つけてくださいね。

ニッセンの商品一覧はこちら>>
Alinomaの商品一覧はこちら>>

こちらの記事もオススメ

高田空人衣(くにえ)

高田空人衣(くにえ)

スタイリスト/ライター。パーソナルスタイリストを日本に普及した第一人者。突然の泥沼離婚後、2児連れのシングルマザーになり、スタイリストに転身。一般男女へのパーソナルスタイリングが注目され、TVに多数出演、監修を行う。カンヌ受賞作品『パーソナルショッパー』PRを務めた。現在は再婚。講師、執筆他、多方面で活躍中。

ページの先頭へ