ぽっちゃりさんでも怖くない!スキニー・細身パンツをスタイル良く着こなすコツ

ぽっちゃりさんでも怖くない!スキニー・細身パンツをスタイル良く着こなすコツ

ぽっちゃりさんにとって憧れとも言えるスキニーパンツ。足のラインがはっきり分かってしまう細身パンツは、相当足に自信がないと似合わないと思っていませんか?
でも、実はこの着る人を選ぶようなアイテムだって着こなしの工夫次第。ぽっちゃりさんだって充分、細身パンツを履きこなすことができるのです。

そこで今回は、スキニー・細身パンツをスタイル良く着こなすテクニックをご紹介いたします。

 

まずはトレンドを押さえて!今季人気傾向の強いスキニーアイテム・スキニーコーデ

スキニーパンツの人気傾向

もはや定番といっても良いスキニーパンツですが、実はその年によって色や素材にちょっとした流行の変化があります。

2021年は爽やかさを感じるブルーデニム・ジーンズのスキニーパンツが人気傾向。その他、引き締まりのあるグレー・ブラックカラーはトレンドのオーバーサイズトップスとの相性も良く、旬な着こなしを表現できます。

2021年スキニーパンツの人気傾向

コーディネートの詳細はこちら>>

また、スキニーパンツといえばストレッチの効いた素材が特徴的ですが、現在のトレンドにはややハリと硬さのある素材のスキニーパンツがマッチしています。

そのなか、はいた時に膝からふくらはぎにかけて少しだけゆとりがあるデザインのスキニーパンツは、テクニックいらずでキレイ見えします。またスリットの入ったデザイン、切りっぱなしデザインなど裾に一癖効いたアイテムとのコーデはスタイルがよく見えるだけでなく、今っぽいおしゃれな着こなしを実現させてくれます。

2021年スキニーパンツの人気傾向

コーディネートの詳細はこちら>>

特に変化があるのはデニム。これまでは履き心地の良いストレッチの効いた素材が主流でしたが、逆に今季はハリと硬さのある濃紺デニムが人気です。

2021年スキニーパンツの人気傾向

コーディネートの詳細はこちら>>

ストレッチのスキニーパンツは動きやすい反面、足にピタッとフィットさせてしまうので肉感をひろってしまいやすいです。その点、今季トレンドの硬め素材のスキニーパンツは履くだけでシルエットを立体的に浮かび上がらせ、肉感を拾わずしてスマートな着こなしに仕上がるのが魅力的なポイント。

デニムは触った時にノリがついているようなパリッとしたハリ感と硬さが良いでしょう。デニムの他、チノ素材の立体的な細身パンツもオススメですよ。とはいえ、流行だけにとらわれずご自身の体に合ったもの、長く愛用できるものを重視して選んでくださいね。

トレンドのスキニーコーディネートは?

今季は、トップスもワンピースも裾が広がる「Aラインシルエット」が大人気!そのボリューミーなトップスと相性の良い組み合わせが、まさにスキニーパンツなのです。

トレンドのスキニーコーディネートは?

コーディネートの詳細はこちら>>

とくに今年の夏にオススメの着こなしは、Aラインのノースリーブワンピースに柄モノのスキニーパンツを合わせたコーデ。派手な印象のある柄スキニーもワンピースのおかげで主張が控えめに。とくにギンガムチェックをベースとしたモノトーンコーデはぽっちゃりさんにもオススメの大人可愛い着こなしです。

トレンドのスキニーコーディネートは?

数年人気が続いているビッグシルエット。その組み合わせとしてスキニーパンツも引き続き強い支持を得ています。今季はトレンドのオーバーチェックのロングコートと合わせてクラシックテイストにまとめるコーデがオススメです。ストレートシルエットのコートなら気になるお腹・腰・下半身をすっぽりとキレイにカバーしてくれるので良いですね。

トレンドのスキニーコーディネートは?

また、ニットワンピースのボトムとしてスキニーパンツを取り入れた組み合わせも定番人気の着こなしです。足元はくるぶしをチラ見せさせて、ブーティもしくはローファーを合わせましょう。バッグはミニバッグをワンポイントにするのがベストバランス。

【体型別】ぽっちゃりさんに似合うスキニーパンツ

スキニーパンツが似合わないと苦手意識があるのは、ご自身の体型バランスに合わない着こなしをしているからかもしれません。
ぽっちゃりさんの体型別に、似合うスキニーパンツの選び方、着こなし方をご紹介します!

上半身ぽっちゃりさんに似合うスキニーパンツは?

上半身ぽっちゃりさんに似合うスキニーパンツのポイント

上半身ぽっちゃりさんは、下半身がスッキリして見えるので、できるだけ体にピタッとフィットした定番スキニータイプがおすすめ。比較的ストレッチのきいた柔らかい素材も上手に着こなせます。
ハイウエストでくびれ位置を高く設定し、アンクル丈で足首を華奢に見せれば、脚長効果も抜群に。

下半身ぽっちゃりさんに似合うスキニーパンツは?

下半身ぽっちゃりさんに似合うスキニーパンツのポイント

下半身ぽっちゃりさんは、上半身の華奢さを意識したトップスを選び、スキニーパンツはややゆとりのあるシルエットを取り入れるのがおすすめ。
足首は大きめにワンロールアップ。裾に着こなしをひと手間加えることで、足首へ視線を集中。気になる太ももも周りへの注目を分散させます。

全体ぽっちゃりさんに似合うスキニーパンツは?

全体ぽっちゃりさんに似合うスキニーパンツのポイント

全身ぽっちゃりさんは、スタイルアップを意識したスキニーパンツを選びましょう。
真ん中にラインの入ったセンタープレスパンツは細見え効果のあるデザイン。また、ふくらはぎ下が少し広がるフレアタイプのスキニーパンツは今っぽさとスタイルアップどちらも叶う優秀アイテムです。

体系別に似合うスキニーコーデ

体型別に似合うスキニーパンツをご紹介しましたが、次からは体型別にオススメのスキニーコーデのポイントをご紹介します。いろんなスキニーコーデがあるのでお好みのパターンを見つけてくださいね。

上半身がっちりさんのスキニーコーデ

上半身がっちりさんのスキニーコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

上半身がしっかりしている方は、ゆったりしたトップスとスキニーパンツを組み合わせたYラインシルエットの着こなしがスタイルアップするコツ!定番人気のスキッパーシャツはガッチリした肩のラインもスッキリ見せてくれます。
発色の美しいピンク色を取り入れて華やかさを高めて。足元は引き締まりのある色のスキニーパンツでメリハリを作るとさらなる着痩せ効果が期待できます。

コーディネートの詳細はこちら>>

もう一つオススメの着こなしは、開襟シャツとの組み合わせ。さらっとした素材の開襟シャツを合わせるだけで今年らしいトレンドの着こなしを楽しむことができます。襟が開いているので胸元のVネックがバストラインをシャープに見せる効果があります。

シャツはスキニーパンツにオールインするのが今っぽい着こなしですが、お尻まわりがきになる方はフロントインでさりげにヒップラインをカバーして。

上半身がっちりさんのスキニーコーデ

肩幅が広い、バストが大きい、鳩胸など上半身がしっかりした印象を与える方がスキニーパンツを履く際に気をつけるべきは、トップスにボリュームを出しすぎないことです。スキニーなどの細身パンツは足のラインを美しく見せる効果がある一方で、その対比で上半身のボリュームを出しやすいアイテムでもあります。なので、肩幅のラインを隠そうとオーバーサイズなトップスを合わせると余計に上半身が大きく見えてしまう可能性も……。

そこでオススメなのは、ノーカラーのロングカーディガンを合わせた着こなし。
コーディネートの前部分に縦長のラインが生まれるので肩幅やバストに視線を集めることなくスッキリ見せることができます。インナーのトップスはデコルテ見せで華奢な印象を出しましょう。ボトムもカーディガンで腰回りが隠れるのでスキニーパンツでも問題なく着こなせるはず。

上半身がっちりさんのスキニーコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

スキニーパンツもしくは細身パンツを選ぶ際のポイントですが、できるだけハイウエストのアンクルパンツを選びましょう。
ハイウエストは文字通りにウエストの位置を高く見せることができるので上半身のボリューム感をカバーしてくれます。加えて、足首を見せることで美脚効果にもつながるので美しいボディシルエットを実現させてくれるでしょう。

下半身ぽっちゃりさんのスキニーコーデ

下半身ぽっちゃりさんのスキニーコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

下半身がぽっちゃりしている方は、引き締まりのある色のスキニーパンツで自然とカバーアップさせちゃいましょう。とはいえ、真っ黒のパンツに落ち着いた色でコーデを完成させてしまうと夏コーデにしてはやや重たい印象を与えるので気をつけて。
黒の代わりに、上品なネイビーのスキニーパンツなら重苦しさを感じにくいのでオススメですよ。トップスは柔らかさを感じる春夏のトレンドカラー、イエローが◎。

下半身ぽっちゃりさんのスキニーコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

パンツの横にラインの入ったサイドラインのスキニーパンツも下半身ぽっちゃりさんと相性が良いトレンドアイテム。パンツの横にラインが入ることで全体が縦に長く見える視覚効果をもたらすので、通常のスキニーよりスッキリして見えます。
サイドラインパンツはスポーティ要素が高いので、ぜひパーカーを組み合わせたカジュアルコーデを楽しんで。

下半身ぽっちゃりさんのスキニーコーデ

お尻が大きい、太ももが太い、骨盤が大きいといった下半身にお悩みを持つ方にオススメするスキニーコーデは、オーバーサイズトップスと組み合わせたコーデ。
定番ではありますがお尻まわりがすっぽり隠れる長めのシャツやニットを組み合わせましょう。このとき、上半身にボリュームが出すぎると今度は全体的に大きく見えてしまうのでベルトでウエストマークさせるとメリハリのある美バランスコーデに。

また、下半身がぽっちゃりしている方はパンツの色を黒・インディゴ・ダークグレーといった引き締め感のある色を選んでスッキリ見せを狙いましょう。代わりにトップスは華やかさと軽やかさが出るよう、明るめの色やキャメル、アイボリーといった優しげな色合いをチョイスして。

下半身ぽっちゃりさんのスキニーコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

キャリアルックならノーカラーのジャケットがマストアイテム。
ジャケットもインナーも基本的にはミニマルなデザインを選び、スッキリとした印象を与えることが大切です。キャリアコーデの場合は、滑らかなジョーゼット素材のパンツが相性よく履きこなせます。

全体的にぽっちゃりさんのスキニーコーデ

全体的にぽっちゃりさんのスキニーコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

全体的に丸みがあるぽっちゃりさんは、カーディガンを使ったIラインコーデがオススメ。インナーはVネックトップスで上半身をスッキリ見せましょう。上から軽やかさを感じる白のサマーカーディガンをON。ボタンを前開きにすると前部分に細長い縦ラインが生まれ、全身がシャープな印象に。スキニーパンツも足首が見えるアンクル丈もしくはクロップド丈で肌見せ部分を増やすと華奢見えします。

全体的にぽっちゃりさんのスキニーコーデ

チュニックブラウスの詳細はこちら>>
パンツの詳細はこちら>>

過度に肌見せは自信がない…そんな方は、Vネックのチュニックワンピースとスキニーデニム・ジーンズを合わせたゆったりコーデでさりげにカバーアップしましょう。チュニック丈のワンピースならお尻や太ももの気になる部分をしっかり隠すことができるので安心!襟は鎖骨のくぼみが見えるくらいの開き具合なら、VネックでもボートネックでもOK!スキニーパンツはセンタープレスの入ったデザイン、もしくはサイドスリットが入ったデザインだとよりスッキリした印象を与えられますよ。

全体的にボリュームがあると感じるぽっちゃりさんがスキニーパンツを組み合わせるなら、断然ワントーンコーディネートをオススメします。
ワントーンコーデは同系色でまとめたファッションスタイルなので、全体的に統一感を与えます。それだけでなく、ボディラインが目立ちにくいという利点も。

全体的にぽっちゃりさんのスキニーコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

参考写真のような滑らかで揺れ感の素材の黒トップスとセンタープレスの黒パンツの組み合わせはオススメです。もちろんこれだけでは野暮ったさにもつながるので、アウターとしてオフホワイトやアイスグレーなどの優しげな色のカーディガンやコートを羽織ると良いでしょう。インナーは暗い色で引き締めつつアウターは柔らかな色を取り入れて着痩せ効果を高めましょう。

全体的にぽっちゃりさんのスキニーコーデ

また、ワンピースではなくチュニック丈のセーターもおすすめ。
できればボートネックタイプでデコルテを見せると良いですね。首回りがスッキリ見えるだけでも着痩せにつながるので、細い部分はしっかり露出し、隠したい部分はオーバーサイズで隠しましょう。

チュニック丈は太ももの中心か膝上5〜10cm程度の丈感がベストバランス。一番足を細く見せることができるので、ぜひスキニーと組み合わせる鉄板のアイテムを探してくださいね。

着痩せの味方「黒スキニー」を味方に!ぽっちゃりさん向けコーデ

着痩せの味方「黒スキニー」を味方に!ぽっちゃりさん向けコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

脚のラインをシャープに細く見せる黒スキニー。ですが、夏コーデに至っては黒スキニーはちょっと重たいイメージを与えやすいのが難点…。着こなしのバランスを整える必要があります。一番取り入れやすいのは、足首丈の黒スキニーパンツに同色の黒サンダルを合わせた着こなし。

肌の見える面積が増えるのと、パンツ同じ色のサンダルで統一感を出すことで下半身が引き締まって見えます。上半身は爽やかさな寒色系のグラデーションコーディネートをすると夏にふさわしい清涼感を表現できますよ!

着痩せの味方「黒スキニー」を味方に!ぽっちゃりさん向けコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

黒スキニーをあえてスポーツカジュアルに着こなすコーデも夏にはおすすめ!やや丈の短いTシャツワンピースと合わせれば黒スキニーの見える面積が減って重たそうな印象も軽減します。ワンピースはモノトーンでもOKですし、夏らしい明るい色に挑戦しても良さそうですね。コーデが単調になりすぎないよう、柄物のバッグをアクセントに入れて。

定番「スキニージーンズ」「スキニーデニム」ぽっちゃりさんの着こなし

定番「スキニージーンズ」「スキニーデニム」ぽっちゃりさんの着こなし

コーディネートの詳細はこちら>>

ベーシックなスキニージーンズ・スキニーデニムを使った夏コーデはぜひ、白Tシャツに柄モノを足した爽やかコーデに挑戦を!
シンプルな白シャツとデニム・ジーンズの着こなしっていくつになっても憧れますが、スタイルが決まらないと美しく見えないイメージ。なので、プラス1アイテムとしてマドラスチェックのシャツを投入!一気に爽やかコーデの完成です。夏のチェック柄シャツはトレンドに左右されないベーシックアイテム1つですので、1枚持っていると活躍すること間違いなし。

定番「スキニージーンズ」「スキニーデニム」ぽっちゃりさんの着こなし

コーディネートの詳細はこちら>>

カジュアルなスキニーデニムにおしゃれ感をプラスしたいなら、甘めデザインのトップスを組み合わせたフェミニンカジュアルが外さない鉄板コーデです。大人になると合わせにくいフリルやリボン、チュール素材のブラウストップスも、ベーシックなデニムとなら甘さ控えめの大人可愛い着こなしが実現できますね。
バッグはブラウスとテイストを合わせたフェミニンなミニバッグが◎。気軽なデートコーデにも最適です。

「お尻が目立つ」「似合わない」を解決!もっと着痩せUPなスキニーの着こなし

スキニーでもお尻を目立たせたくない!

スキニーでもお尻を目立たせたくない!

コーディネートの詳細はこちら>>

スキニーパンツで一番気になるポイントの「お尻」。上手にカバーするなら今年のトレンドアイテム、ティアードチュニックシャツと組み合わせて。胸下からギャザーの切り替えが入ったチュニックシャツは裾がふわっと広がるので気になる下腹部・お尻周りをすっぽりカバーします。足元は厚底サンダルで高さを出せば、さらなるスタイルアップも期待大!

スキニーが似合わない…着こなしのポイントは?

スキニーが似合わない…着こなしのポイントは?

コーディネートの詳細はこちら>>

スキニーが似合わないと感じる一番の原因はお尻から太ももにかけてのラインが美しく見えないところにあります。なので、この気になる箇所をしっかりカバーさえすれば誰でもスキニーパンツを自分のものにできるはず!
そこで着こなしとしておすすめなのは、やっぱりゆったりとしたトップスとの組み合わせ。ただし、シンプルなダボTではなく、タックデザインが入ったTシャツや裾がアシンメトリーになっている個性的なデザインのものを選んで。とくに裾のラインが斜めになったデザインのトップスは全身をきりっとシャープに見せる効果をもたらすので、スキニーパンツとの相性も抜群です。

花柄トップスで目線をコントロール

花柄トップスで目線をコントロール

下半身・全体的なぽっちゃりさんにもオススメしましたが、ボトムは締め色のパンツを起用し、トップスは明るい色を選ぶ着こなしが依然としてオススメです。加えて、優しげな花柄アイテムは女性らしさを与えることができます。

上品なシルクレーヨンのような風合いのとろみトップスで、キレイにまとめた着こなしはいかがでしょうか。ボトムと靴をブラックでまとめるとシックな装いになるだけでなく足を細長く見せることができます。

セットアップで統一感を

セットアップで統一感を

また今季人気となっているセットアップスーツ。
キャリアコーデはもちろん、インナーをブラウスからニットに変えれば通常のお出かけ着コーデにも使えるのでオススメ。セットアップはワントーンコーデと同じく、全体的に統一感を与えることができるので、まとまりの良さが着痩せにも繋がります。

なので、セットアップスーツに至っては暗い色だけでなくライトベージュやブラウン、テラコッタといった明るい色を選んでもOKです。華やかな色でまとめれば、その分オシャレさが増すので、単に黒だけでまとめたコーデよりも軽やかな印象を与えることができます。思い切ったオシャレをしたいときはぜひ、セットアップスーツで細身パンツコーデを実現させてみてくださいね。

どんな着こなしだって諦めないで

好きなお洋服のアイテムや着こなしを、体型に自信がないからといって諦めないで。どんなファッションだって工夫次第で上手に着こなせるものです。着痩せコーデはご自身のボディバランスを正しく理解して、自分の魅力を最大限に引き出すための最強テクニック!
ぜひ、このテクニックを活かしてスキニーパンツや細身パンツを取り入れた着こなしを思い切り楽しんでくださいね。

ニッセンのパンツ一覧はこちら>>
Alinomaのパンツ一覧はこちら>>

こちらの記事もオススメ

角佑宇子(すみゆうこ)

角佑宇子(すみゆうこ)

ファッションスタイリスト&ライター スタイリストアシスタント・パーソナルスタイリストの経験を経て、ファッションコラムを執筆。体型や顔立ちからより良い似合う服を選べるよう着こなし術を紹介している。

ページの先頭へ