[2020秋冬]オフィスカジュアル(テレワーク)服! スタイリストが教えるぽっちゃりさんの着やせテク

秋冬のオフィスカジュアル(オフィスコーデ・スーツコーデ) スタイリストが教えるぽっちゃりさんの着やせテク

オフィスでの服装が制服やスーツと決まっていれば楽ですが、自由なオフィスだと、着ていくものに迷ってしまうことがありますよね。
また、テレワークという新しい働き方も増えて、仕事中の服装に関して自由度が増した方も多いと思います。
しかし、カジュアルにしすぎて周囲から浮くのはNG。迷った時はきれい目(フォーマル度が高い方)を選ぶのが無難です。

堅めなオフィススタイル派なら、トレンドカラーや柄をさりげなく取り入れるなど、社内でも馴染むおしゃれを楽しみ、自由度が高いオフィスなら、周囲とのバランスを取りながら、動きやすく且つ仕事感も出し、休日とも兼用出来るアイテムでコーディネートを楽しんでいきましょう。

INDEX

【2020秋冬】堅めオフィススタイル派にオススメのコーデ
【2020秋冬】カジュアルOK!自由度が高いオフィスにおすすめのコーデ
テレワークにおすすめのトップス・テレワークコーデのポイント

【2020秋冬】堅めオフィススタイル派にオススメのコーデ

昨年のトレンドカラーはグレーとベージュでしたが、今年は黒が一押しです。次に、パープル系や、レッド系。新鮮なのは、セルリアンブルー(緑がかった空色)です。

オフィスコーデのベースとなる色は、紺、グレー、ベージュ、白が基本。黒は美容系、ファッション関係ではよく着られている色ですが、医療系の仕事では敬遠される可能性もあります(インナーやボトムなど、ポイントで使うには問題ありません)。特にスーツで黒を選ぶ際は少し注意が必要です。

「着痩せして見える」「無難だから」という理由から黒を選ぶという方が多いのではないでしょうか?しかし、黒には実際よりも「重さ」をまわりに感じさせてしまうことがあります。着痩せ効果を引き出す黒&トレンドカラーを楽しむ黒を取り入れたコーディネートをご紹介します。
オフィスコーデ黒スーツ

コーディネートの詳細はこちら>>
オフィスコーデ黒スーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

では、一番堅めのスーツコーデから。今年は黒のスーツをぜひ選んでください。パンツスーツにするか、スカートスーツにするか選ぶ際、着痩せの視点からいうと、全体のバランスから見て、ひざ下が細い人はスカートスーツで脚を出した方がスッキリ見えます。ひざ下がしっかりしている人は、パンツスーツで隠した方がスッキリします。

パンツ丈はくるぶしが見えると、足元が軽快に見えて着痩せ効果につながります。

オフィスコーデ黒スーツ

コーディネートの詳細はこちら>>

黒のスーツで重さを感じさせないためには、素材選びが重要です。艶があり、落ち感があるものを選びましょう。インナーが黒地でも柄が入っているものを着れば、やわらかい雰囲気になりますね。

ジャケットの袖丈は手首を超えないものが理想です。長い場合は、面倒でもお直しすることをおすすめします。(お直し屋さんだと3000円前後です)

上記のパンツスーツ、スカートスーツ共に、インナーになるブラウスがセットです。それぞれが単品でも活用できるので、1セットあれば大活躍間違いなしです。

オフィスコーデスーツ
コーディネートの詳細はこちら>>

太ももやお尻周りが太めで、パンツしか穿かないという人は多いですが、形や長さ次第では、スカートを履いてすっきり見せることもできるんです。
おすすめは、シルエットをボリュームダウンしてくれるセミフレアスカート。
このスカートはちょうど膝丈なのも、オススメのポイントです。膝丈だと、ちょうど足が細くなっている部分から足を出せるので、細見え効果があります。ちょうど太い部分で終わる丈は太さを強調してしまいますので、締まっている部分の膝丈がオススメです。
合わせる靴は、数センチでもヒールのあるものを選ぶことで、より足長と細見え効果が期待できます。

単品でもスーツでも着られるセットアップのスカート・ジャケットがあると、いざスーツが必要な時に困らなくてすみますね。フレアスカートと合わせる時のジャケットは、お尻の真ん中くらいがベスト丈です。

スーツまでいかない、きれい目はジャケットスタイスタイル!

ビジネスシーンですっきり細く見せるトップスには、体のラインをさりげなくカバーしてくれるシルエットがポイントです。また、縦ラインを強調してくれるストライプ柄は鉄板です。縦に目線が誘導される事で、ほっそり見せる効果が大きくなります。その他にも縦ラインを演出してくれるアイテムをいくつかご紹介します。

オフィスジャケットスタイル
コーディネートの詳細はこちら>>

スーツまで着用しなくていいけど、ジャケットを着ていた方がいい人は、ソフトジャケットスタイルがおすすめです。

肩パットが入っていない、ストレッチ素材のジャケットは、カーディガン感覚で楽に羽織ることが出来ます。程よく体に馴染むので、膨張しません。腰骨あたりの着丈のジャケットは、パンツスタイル、スカート&ワンピーススタイルどちらにも使えるので万能です。

黒や紺の濃色のジャケットがあると、ボトムやインナーに明るい色を持ってきてもきちんと感が出ます。

オフィスジャケットスタイル

コーディネートの詳細はこちら>>

こちらのお尻が隠れるくらいの長めジャケットは、パンツスタイル全般とタイトスカートと相性がいいです。ジャケットより、濃色のボトムと合わせると、すっきりとした着痩せ効果が期待できます。

ベスト使いで、ジャケットを脱いでも安心スタイル!

オフィスコーデベスト

コーディネートの詳細はこちら>>

ジャケットを脱いだら、体のラインが気になるという人もいると思います。そんな方にオススメなのがベスト!ベストは、おしゃれをしつつカバーしてくれます。

重ね着は難易度が高いと思う人でも、こちらの商品はブラウスとベストのセットなので、挑戦しやすいでしょう。

スキッパーの襟元からデコルテが見える点と、7分丈袖で手首が見えることで着痩せ効果があるブラウスです。ベストの両サイドスリットは、動きやすさと、ウエストにメリハリをつくってくれます。

ブラウス、ベスト個々にも活用できますのでコーディネートの幅が広がりますね。休日にベストを、ワンピースや長袖カットソーなどに重ね着しても素敵ですよ。

今年は、ワンピースやコートなど全身でチェック柄を身にまとうのが旬のスタイル。ですが、オフィススタイルで全身チェック柄はなかなか取り入れにくいかもしれません。その場合は、ボトムにチェック柄を取り入れるのがおすすめです。

タイトでロングのスカートはオフィス向き!

オフィスタイトロングスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

ここ数年で、すっかりロングスカートが定着しましたね。春夏は、プリーツスカートやギャザースカートが流行りましたが、秋冬はロングタイトやマーメードラインが注目されています。タイトスカートはオフィスコーデとして、きちんと感も出てジャケットとも相性が良く、おすすめです。

タイトスカートで注意して欲しいのは、生地が厚手で肉感を拾わない素材を選ぶこと。綺麗なIラインをつくると、着痩せ効果大です。

シンプルなロングタイトスカートの場合、トップスにデザインものを合わせてもオフィス仕様に見えます。
オフィスコーデブラウス

コーディネートの詳細はこちら>>

身体のラインをうまくフォローしてくれる裾広がりシルエット。
インスタイルが苦手な人は、出して着て自然に気になるお腹周りをカバーできるトップスは嬉しいですね。スーツスタイルのときは、ジャケットの裾よりブラウスが出てしまう場合はインスタイルにしてください。
長い期間着ることが出来る7分袖、カフス付きできちんとしたブラウスは1枚あると安心です。
低めのスタンドカラーはここ数年のトレンドの襟元です。

オフィスコーデシャツ

 

コーディネートの詳細はこちら>>

定番のシャツですが、実はカットソー素材でできたシャツ。
シャツの形をしているのでオフィス仕様はもちろん、カットソー素材なので動きやすくノーアイロンなのが嬉しいポイントです。しかもストライプのような素材柄なのでスッキリみえます。

バストが大きめの方に嬉しいのが、胸元チラ見え防止ボタンもついているので安心です。
オフィスコーデカーディガンコーディネートの詳細はこちら>>

ジャケットまでは着なくてもいい日、きっちり目のシンプルカーディガンがあると便利です。ブラウスの上に羽織るだけで上品に仕上がります。ブラウスやボトムスの色味を抑え目にセレクトしてカーディガンに少し色を取り入れてもまとまります。

オフィスコーデテーパードパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

太もも周りがしっかりしていて、パンツスタイルを諦めていた方にも取り入れやすいのが、テーパードパンツです。太もも周りはゆったりめで、足首に向かって次第に細くなるように作られているので、自然と美脚シルエットになるのが特徴です。オフィスにもぽっちゃりさんにもぴったりのパンツになります。

【2020秋冬】カジュアルOK!自由度が高いオフィスにおすすめのコーデ

自由度の高いオフィスカジュアルなら、色や柄を楽しむコーデが出来ますね。ただし、油断するときちんと感が全くなくTPOを考えてないとマイナスな印象を与えてしまうことも。自由度が高くても清潔感あり、相手に好印象をもってもらえる「バランス」をとるコーデを意識しましょう。

前述の堅めオフィススタイルコーデでも少しふれましたが、この秋冬のトレンドはオールブラックでのコーディネートがハイブランドで注目されています。全身ブラックは、一般的には難易度が高いですね。オフィスカジュアルだと、ベースの色で黒を取り入れるとよいでしょう。

他にトレンドカラーとして、パープル系、レッド系、セルリアンブルー(緑がかった空色)、が注目されています。旬の柄は、昨年に引き続きチェック柄を抑えておきたいですね。

カラーアイテムを取り入れる際のオフィスコーデのポイントは、上下どちらかに色物を入れることです。

ボトムに色物を入れたコーデ

オフィスコーデ色物スカート

コーディネートの詳細はこちら>>

注目カラーの一つである、パープルのカラースカート。こちらのスカートは、しっかり落ち感のあるふんわりスカートなので、ヒップやお腹周りをさりげなくカバーしてくれます。ウエストがゴムなのも嬉しいですね。セットで、ジャージワンピースがついていますが、カーディガンとコーディネートすることで、オフィス向けになります。

そして、ボトムが色物のときは、トップスはベーシックな色にするのが、オフィスカジュアルにおすすめです。

こちらのカーディガンは、脇部分、袖内側が着痩せの鉄板のストライプ柄なので、スッキリ見せてくれます。

トップスに色物を入れたコーデ

オフィスコーデトップス

コーディネートの詳細はこちら>>

レッド系の色のトップスは顔の血色を良く見せてくれます。カットソー素材は、着ていて楽だけどカジュアルになりすぎて、オフィスには向いていないかなと思う方もいると思います。ですが、こちらの商品のように光沢がある素材だと、オンオフ共に使えます。

Aラインでボトムスから裾を出して着ることが出来る丈のトップスは、お腹周りをカバーしてくれます。また、スカーフやネックレスをプラスすることで、おしゃれなオフィス仕様のコーデを楽に作ることができます。

トップスの色味が強いカラーものの場合、ボトムはベーシックな色でおさえてください。

オフィスコーデトップス

コーディネートの詳細はこちら>>

くすみカラーのピンク系のトップスに女性らしく、チェックのボトムで甘さをしめることで、オフィススタイルに。くすみカラーがトップスだと顔まわりが暗くなってしまうかも、と思う人もいると思いますがピンク系は顔なじみがいいですよ。チェックのボトムスですがテーパードタイプなのでオフィス感もカジュアル感も出せるアイテムです。

オフィスコーデスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

自由なオフィスなら柄物を楽しみましょう。ブラウスにイレギュラーな裾のスカートのコーディネート。柄スカートでもブラウスを合わせるとカジュアル感は抑えられるのでオフィス顔に仕上がります。このブラウスはパンツにも合わせやすいのでOn/Offはもちろん、色んなボトムにもあう便利なブラウスです。

ジャンパースカート

コーディネートの詳細はこちら>>

ジャンパースカートも自由なオフィスにはおすすめのアイテムです。

ハリのある素材なのでオフィス感があり、ウエストが絞られたタイプのジャンパ―スカートなので着やせ効果もある優秀アイテムです。前身頃のデザインはクロスになっているので、バストにボリュームのある方もカバーしてくれます。

チェック柄ワンピ

コーディネートの詳細はこちら>>

忙しい朝、コーディネートを考えなくていいワンピースはお助けアイテムですね。
今年トレンドのチェック柄シャツワンピースにレギンス合わせ。自由なオフィスでは遊び心あるコーデを楽しみましょう。

レギンスは濃色でしめることと、くるぶしが見える丈にすることがスッキリ見せポイントです。シャツワンピースの場合、ボタン間から足がチラッと見えてしまう可能性もあるので、レギンスを合わせていると安心ですね。

オフィスでは足元をパンプスにすることで、カジュアルでもきれい目よりにしてください。座ったり立ったりすることが多いオフィスだとシワが気にならない素材が嬉しいですね。無地より柄物の方が、シワは目立ちません。

オフィスコーデブラウス

コーディネートの詳細はこちら>>

以前より、デニムOKの職場も増えた印象。自由度のあるオフィスなら、デニムコーデも楽しみましょう。学生に間違えられない、大人のデニムの着こなしのコツは、色が濃く、ダメージ加工されていないデニムを選ぶこと。コーデが程よく引き締まります。
しっかり厚みのあるデニム素材だと、トップスをインしても肉感やあたりが出ずにスッキリ着こなせます。

タイトストレートのデニムに、あえてきれい目ブラウスを合わせるのも大人の着こなしになります。

オフィスコーデシャツ

コーディネートの詳細はこちら>>

デニムスタイルに、ロングシャツの合わせはここ数年、旬な合わせです。

シャツの丈が膝より長いものはレギンスで合わせて、シャツの丈が膝上のものはデニムで合わせてください。ベストを合わせることで、目線が分散されて、着痩せ効果につながります。シャツの第一ボタン、第二ボタンを外してデコルテを見せると、小顔効果があり、こなれ感も演出できます。

テレワークにおすすめのトップス・テレワークコーデのポイント

今年の春からはじめてテレワークを経験し、この秋冬もテレワークが継続となり、服装に悩んでいる方も多いと思います。

通勤服より着心地重視、Web会議で映った時にきちんと感があるトップスがいいですね。ボトムは、着心地の良いホームウェアでもいいですし、しっかりオンスイッチを入れるために、通勤の時と変わらず外着にするなど、それぞれでいいと思います。

選び方のポイントの後に、いくつかおすすめのテレワーク向けトップスもご紹介します。

テレワークにオススメ、トップス選びのポイント

・袖のデザインを重視
テレワークだと座りながらのパソコン作業が、ほとんどだと思います。
袖口が邪魔にならないスッキリしたデザイン、または、たくし上げても下がってこない袖口を選ぶのをオススメします。お昼休みに、自炊する人は特に袖のデザインは重要ですね。

・テレワーク時のトップスおすすめ丈
トップスは座った時に、お尻でふまない丈が良いです。お尻でふむ丈だと、長時間座っていると生地が引っ張られて肩こりの原因になります。

・web会議での、トップスおすすめカラー
web会議など映像で映る日は、なるべく明るい色を着てください。白が、レフ板効果があるのは皆さんご存知だと思います。明るい色は、照明効果になります。

・注意したい襟のデザイン
トップスはシンメトリーの襟元のデザインにしましょう。しっかりアシンメトリーだとOKですが、微妙なアシンメトリーだと、web会議の相手からはずれているように見える可能性があります。

・アクセサリーをプラスする
無地、シンプルなトップスを着る場合は、ネックレス、ピアスやイヤリングをプラスして上品さを出しましょう。

・バッグシャンのトップスで遊び心を
オフィスだと、ちょっとためらってしまうようなバッグシャン(後ろにデザインがある)のトップスを楽しめる点は、テレワークならではかもしれません。背中の部分が開いているものや、大きなリボンがついているなど、休日よりの服でも、前しか映らないのであればOKですね。

堅めオフィスのテレワーク・リモートワークにおすすめのトップス

テレワークおすすめトップス

コーディネートの詳細はこちら>>

ブラウスにカーディガンを羽織ったデザインに見えますが、実はドッキングされた1枚のトップス。重ね着していないので着心地も楽ちんで、見栄えもキチンとしています。

オフィスコーデ柄トップス

コーディネートの詳細はこちら>>

柄物のタックブラウスもオススメです。柄といっても濃い地のドットなのでWebカメラに映ったときにニュアンスが出る程度。きっちり感はしっかりあります。もちろん白のブラウスの方がレフ版効果がありおすすめですが、秋冬なら濃い地のカラーを取り入れても季節感がでますよ。

自由なオフィスのテレワークにおすすめのトップス

オフィスコーデトップス

コーディネートの詳細はこちら>>

袖の上部にデザインの入ったデザイントップス。袖上部にのみのデザインなのでカメラ映えし、袖口スッキリ、パソコン作業にノーストレスのトップスです。

ジャケットを着なくても問題ないテレワークの場合は、パワーショルダーのデザインも着ることができますね。

オフィスコーデニット
コーディネートの詳細はこちら>>
前から見ると一見普通のニットですが、実は、後ろのデザインがセクシー。こうした遊び心があるデザインのニットも、テレワークならではのファッションの楽しみとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

おしゃれをすることで仕事スイッチを入れよう

誰もが、着ている物で気分が変わる経験をしたことがあると思います。良い気分だと仕事もはかどって、その日が楽しい1日になるかもしれないですよね。着痩せテクを身につけて、オフィスコーデが少しでも良い気分につながるきっかけになれば、嬉しく思います。

ニッセンのオフィスアイテム一覧はこちら>>
Alinomaのオフィスアイテム一覧はこちら>>

オフィスカジュアル・通勤コーデはこちらも参考に

オフィスカジュアルで挑む面接!好感度を上げる オフィスカジュアルコーデとポイント>>
20代女性のオフィスカジュアル。リアルな声からわかったキーワードはキレイ・清潔感>>
40代女性のオフィスカジュアルのリアルと理想。落ち着き上品コーデできっちり&きれいめに>>
ビジネスシーンもスキニーで!着回し力抜群のスキニーパンツオフィスカジュアルコーデ>>
レディーススーツ×スニーカーでできる!大人カジュアルな通勤コーデ>>

黒田 茜

黒田 茜

パーソナルスタイリスト。パーソナルスタイリングを行う傍ら、百貨店でスタイリング講座やトークショー、企業向けセミナーなどの活動も行う。 また、企業制服デザインやアパレルブランド立ち上げのプロデュース業なども手掛ける。 パーソナルスタイリングでは働く女性に絶大な指示を受けリピーターが多いのも特徴。

ページの先頭へ