【2022】ぽっちゃりさん向け!ワンピースで着やせ見えする体型別コーデのコツ、太って見えやすいワンピの着こなし方・体型カバーワンピ

【2022】ぽっちゃりさん向け!ワンピースで着やせ見えする体型別コーデのコツ、太って見えやすいワンピの着こなし方・体型カバーワンピ

時間がない朝でもコーディネートが簡単なワンピース。忙しいママ世代や働く女性の強い味方ですよね。そんな便利なアイテムですが、体型に合っていないワンピースを選ぶと太って見えてしまう可能性があります。では、どんなワンピースを選べば着痩せや体型カバーにつながるいいのでしょうか。体型別におすすめコーデを解説していきましょう。

【2022年】ワンピースのトレンド:ぽっちゃりさんにおすすめは「くすみカラー」と「襟(えり)付きデザイン」

2022年は昨年までのリラックスムードから「自由にファッションを楽しもう」という明るく開放的なファッションテーマと変化していまです。鮮やかなカラーやメリハリのあるシルエットなどのアイテムが登場しています。

その中で、ぽっちゃりさんにおすすめなワンピースの今季トレンドは「くすみカラー」と「襟(えり)付きデザイン」です。

くすみカラー

くすみカラー

コーディネートの詳細はこちら>>

2022年にワンピースで取り入れたいカラーといえば、くすみカラーです。春はパステルカラーをはじめとするビビッドな色のアイテムをよく見かけます。しかし鮮やかな色をファッションに取り入れるのは難易度が高いもの。そこでオススメなのが、くすみカラーです。スモーキーな色合いは、華やかさと適度な落ち着きを兼ね備えているので、大人女子にもぴったりです。

襟(えり)付きワンピース

襟(えり)付きワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

シャツワンピやバンドカラーワンピなど、今季はさまざまな襟(えり)付きデザインのワンピースが豊作です。ワンピースを着ていると「楽だから着ている」というカジュアルな印象を与えがちです。しかし襟付きデザインであれば、きちんと感がプラスされます。今季は定番のシャツタイプ以外に、ティアードタイプや刺繍が入ったものなど豊富に出揃っているので1枚追加しましょう!

上半身にボリュームのある人はXラインワンピース

上半身にボリュームのある体型の方は、Xラインのワンピースがおすすめです。
Xラインとはウエストに絞りがあり、裾が広がっているシルエットを指しますベルトを利用してウエストマークをしてもXラインを作ることができます

上半身にボリュームのある人はXラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

モノトーンの総柄ワンピース。春らしいアウターを重ねても裾のティアードがあるおかげで華やかな装いに。色をダークカラーにすることでキュッと引き締まって見えます。胸元のチャイナボタンがひとくせあるデザインで、今季らしい仕上がりに。

上半身にボリュームのある人はXラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

ベルトでウエストマークしたクラシカルなワンピスタイル。春におすすめカラーのくすみオレンジは、華やかであると同時に大人女子でも気後れすることなく着れる色味です。ベルトとカバンの色をダークカラーにすることでコーデが引き締まります。

上半身にボリュームのある人はXラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

小花柄×バンドカラーのワンピースはクラシカルな雰囲気でフェミニン派にぴったりのアイテム。黒のパイピングはポイントになり着痩せ効果もあるので、ぽっちゃりさんにおすすめです。

上半身にボリュームのある人はXラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

ウエスト部分にも切替のあるティアードワンピース。単体でもOKですが、ウエストマークのあるカーディガンをあわせてXラインを作るのも着痩せ見えテクニックです。ショート丈なら脚長効果もあります。

上半身にボリュームのある人はXラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

上半身が気になる方に嬉しい、ハイウエスト部分にベルトのあるスポーティーなワンピース。ゆったりラインのパフスリーブが気になる上半身をうまくカバーしウエストマークで全体を引き締めてくれます。スポーティーだけれどフェミニンテイストもMIXされた着やすいワンピースです。

下半身にボリュームのある人はAラインワンピース

下半身にボリュームがある体型の人は、Aラインのワンピースがおすすめです。
Aラインとは肩から裾に向かって広くなっていくシルエットのこと。末広がりなAラインを選んでボリュームのある腰・お尻・太ももをカバーするようにしましょう。

下半身にボリュームのある人はAラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

ネイビーのワンピースに柔らかなカーディガンを合わせた優しげなスタイル。足元のショートブーツがほっこりしすぎを防ぐ役目をしてくれます。ダークな色味が多いコーデの場合、アップヘアにして抜け感を出すとさらに良いでしょう。

下半身にボリュームのある人はAラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

春に着たい淡いベージュのジャンパースカート。しっかりとした地厚な生地で透け感も気にならずに着れます。ブラウスや小物を白・ベージュ・ブラウンのグラデーションにすればカジュアルな印象になりやすいジャンパースカートでも大人っぽく仕上がります。

下半身にボリュームのある人はAラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

深いグリーンとマスタードイエローを使った秋らしいAラインコーデ。顔まわりに明るいイエローがあっても、ワンピの色がシックなので子どもっぽくなりません。ダークカラーの面積が多いときは、首まわりをすっきりさせるなど、少しの肌見せをして体型カバーにつなげましょう。

下半身にボリュームのある人はAラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

引き続きトレンド継続のジャンパースカートもおすすめ。ハイウエスト部分で絞られてXラインかつ、ウエスト下はAラインで気になる下半身をカバーして着痩せ&脚長効果もあります。

下半身にボリュームのある人はAラインワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

夏に着たいコットン素材のティアードワンピ(切り替えが段々に入っているワンピース)はお尻や腰回りの体型カバーに最適。
思い切ってノースリーブタイプを選べば、よりスッキリと着こなせます。濃い色のワンピースに淡い色のカーディガンを合わせてコントラストをつけると、コーデにメリハリが生まれますよ。

どちらの体型タイプもOKなのは、生地にハリのあるワンピース、シャツワンピ

上半身・下半身タイプのどちらにも合うワンピースは、生地にハリのある(or 厚みのある)ワンピース
柔らかい素材やストレッチが効いた素材はボディラインを拾いすぎる可能性があります。一方で生地にハリや厚みがあると立体感が生まれ、体をシャープに見せてくれる効果があります。

体型タイプもOKなのは、生地にハリのあるワンピース、シャツワンピ

コーディネートの詳細はこちら>>

チェック柄のシャツワンピースをとことんカジュアルに着こなしたコーディネート。おしゃれに見せる秘訣は重ね着をすること。1枚でも十分かわいいチェックワンピに、パンツやキャップを足すことで、おしゃれな着こなしができます。

体型タイプもOKなのは、生地にハリのあるワンピース、シャツワンピ

コーディネートの詳細はこちら>>

グレーが大人の雰囲気を演出する、チャイナ風ワンピース。ボタンや襟元が個性的です。カンフーバンド(チャイナ服風のシャツ)も落ち着いた色味にすることで、 挑戦しやすくなります。同系色のカーディガンを合わせてレディライクな雰囲気に仕上げるのもオススメです。

体型タイプもOKなのは、生地にハリのあるワンピース、シャツワンピ

コーディネートの詳細はこちら>>

デニムのロングワンピースは汎用性が高く、体型カバーもできる万能アイテム。淡いブルーはキュートな印象に、濃いインディゴは大人っぽい印象になるので、色選びに迷ったときは自分のなりたいイメージに合わせて選ぶと失敗がないのでおすすめです。

体型タイプもOKなのは、生地にハリのあるワンピース、シャツワンピ

コーディネートの詳細はこちら>>

こちらはボディラインを拾いすぎない、綿100%のコーデュロイワンピース。寒いときは中にタートルネックを重ね着してもOKです。ハリ感のある生地なので着ぶくれを防いでくれます。

体型タイプもOKなのは、生地にハリのあるワンピース、シャツワンピ

コーディネートの詳細はこちら>>

落ち感のあるざっくりしたワンピースも、上半身ぽっちゃりさん、下半身ぽっちゃりさんどちらのタイプにもオススメ。下にパンツやレギンス・ロングスカートを合わせたレイヤードスタイルにすると今っぽくまとまります。カジュアルダウンしたいときはスニーカーをあわせるのも良いでしょう。

色柄ワンピは、はおりものをプラスして「Iライン」でスッキリ着やせ効果

ここからは体型別ではなく、ワンピース別の着こなしポイントをご紹介します。
トレンドの総柄ワンピをスッキリ着こなすには、カーデやジャケットを羽織ってIラインを作ることが大事です。色柄をアクセントとして部分的に見せることで着やせ効果がアップします。

色柄ワンピは、はおりものをプラスして「Iライン」でスッキリ着やせ効果

コーディネートの詳細はこちら>>

小花柄のワンピースは1枚で着るより重ね着がおすすめ。小さな模様が体をふっくら見せてしまう可能性があるため、上からカーディガンを羽織ってみましょう。すっきりと見えるIラインができて、体が引き締まって見えます。

色柄ワンピは、はおりものをプラスして「Iライン」でスッキリ着やせ効果

コーディネートの詳細はこちら>>

チェックワンピースをよりスタイルよく見せたい場合は、ロングコートとレイヤードするのがおすすめ。チェック柄がチラ見えすることで縦に長く見え、いつもよりぐっと着痩せして見えること間違いなしです。

色柄ワンピは、はおりものをプラスして「Iライン」でスッキリ着やせ効果

コーディネートの詳細はこちら>>

明るいビタミンカラーのワンピにデニムシャツワンピを合わせたフレッシュな着こなし。カゴバッグや麦わら素材のキャスケットを合わせることで夏のおしゃれをより一層盛り上げてくれます。

太って見えやすいワンピースと、着太りしないコツ・着こなし方

キャミワンピースを太って見えないよう着こなすコツ

キャミワンピースを太って見えないよう着こなすコツ

コーディネートの詳細はこちら>>

華奢なストラップが女性らしくて人気のキャミワンピース。ただストラップの細さと対比して、肩やバストがたくましく見えてしまう注意アイテムでもあります。肩幅がしっかりしている人や、胸にボリュームのあるぽっちゃりさんは避けたほうが無難でしょう。

着太りしないためには、ジャンパースカートなどストラップが太いワンピースを選びましょう。幅広なストラップや大きく開いた袖口は、腕をほっそり見せてくれます。また、テロテロした柔らかめの生地よりも、しっかりとした生地を選んだほうが体型をきれいに見せてくれます。

Aラインワンピースを太って見えないよう着こなすコツ

Aラインワンピースを太って見えないよう着こなすコツ

コーディネートの詳細はこちら>>

Aラインワンピースはウエストにくびれがないぶん、太って見えやすいアイテムです。特に無地のタイプは、上半身のシルエットをひろってしまうため実際よりも大きく見えてしまう可能性が。そのため上半身にボリュームがある人は工夫が必要です。

Aラインワンピースをスタイル良く着こなすためには、デザイン性のあるものを選びましょう。ボタンやフリルが部分的に入っているもの、サイドに切り替えが入っているものなどはアクセントになります。アクセントがあると視線が分散されるので、着痩せ効果が高まります。

ティアードワンピースを太って見えないよう着こなすコツ

ティアードワンピースを太って見えないよう着こなすコツ

コーディネートの詳細はこちら>>

乙女心をくすぐるティアードのワンピース。甘めテイストでかわいいティアードワンピですが、ギャザーやフリルが重なっているので、そのぶん太って見えやすいのがネック。特に身体の前後に厚みのあるぽっちゃりさんが着ると迫力が出てしまいます。

すっきりとティアードワンピを着こなすためには、ワンピース全体ではなく裾だけティアードが入っているものを選ぶのがポイントです。ティアードが部分的に入っていればボリュームが出すぎずすっきりとした印象を保てます。
またワンピースの広がりを抑えるため、画像のようなロングジレを重ね着するのもおすすめです。

ロングワンピース(マキシワンピース)を太って見えないよう着こなすコツ

ロングワンピース(マキシワンピース)を太って見えないよう着こなすコツ

コーディネートの詳細はこちら>>

ロング丈・マキシ丈ワンピースは面積が多い分間延びして太って見えてしまいやすいところがあります。上半身・下半身どちらのぽっちゃりな方にも当てはまります。
ロングワンピースの太って見えないコツは、メリハリをつけること。ワンピースは1枚で様になるところが便利ですが、太って見えなくするには羽織りをプラスしたり、ワンピースにウエスト切替があってメリハリのあるものを選ぶなどの工夫が必要です。羽織りをロング丈にするとよりIラインが強調されます。可愛い印象で女子力の高い小花柄でもダークトーンでまとめるとクールで大人可愛いコーデに仕上がります。

重く見えない・着太りして見えない、黒ワンピース着こなしのコツ

重く見えない・着太りして見えない、黒ワンピース着こなしのコツ

コーディネートの詳細はこちら>>

黒のワンピースはダークカラーなので全身黒となると、どうしても重たく見えがち。特に黒のワンピースを着て太って見えやすいのは、骨太で身体の骨格がしっかりしているぽっちゃりさん。

スタイル良く黒ワンピを着こなしたいなら、身体のラインがわかるようなシルエットがおすすめです。タイトめのシルエットを選ぶことで、ふっくらとした体型を女性らしく見せることができます。

重く見えない・着太りして見えない、黒ワンピース着こなしのコツ

コーディネートの詳細はこちら>>

そして、黒ワンピを重たく見せないコツの1つは「軽やかな素材」を選ぶことです。地厚のしっかりした素材より、サラっとしたとろみのある素材のほうがスッキリ感に差が出ます。
黒ワンピは黒の面積が大きくなる分、首まわりは少しあけて肌を見せましょう。明るい色のベレー帽をかぶってポイントを上に持ってくるのもおすすめです。

重く見えない・着太りして見えない、黒ワンピース着こなしのコツ

コーディネートの詳細はこちら>>

黒ワンピを重たく見せないコツの3つめは「顔まわりに明るい色を持ってくる」ことです。アウターの季節になると「黒いコート+黒ワンピ」など全身が重くなってしまいがち。そこで中に着るインナーにひと工夫加えます。トレンドのフォトTを着たり、ホワイト系のブラウスを合わせたりすることで、黒ワンピとのコントラストがはっきりしてスタイル良く見える効果があります。

黒コーデに関してはこちらも参考に!

 

お腹周りが気になるなら、切り替えワンピがオススメ

お腹周りが気になる人は、切り替えワンピがおすすめです。
ウエスト部分の切り替えがお腹部分をカモフラージュしてくれる効果があります。

お腹周りが気になるなら、切り替えワンピがオススメ

コーディネートの詳細はこちら>>

北欧を思わせるようなポップなプリント柄のドッキングワンピース。まだ寒い時期はレギンスを重ね着してもおしゃれに決まります。白のキャンバス地のカバンやスニーカーは、プリント柄と相性が良くおすすめです。

お腹周りが気になるなら、切り替えワンピがオススメ

コーディネートの詳細はこちら>>

トップス部分とスカート部分が分かれている切り替えワンピは、気になるお腹周りを自然にカバーしてくれます。水色のワンピに濃紺のシューズやハット、白のバッグを合わせた夏の爽やかなマリンコーデです。

オフィスではカジュアル過ぎない大人可愛いワンピを

人に会う機会や商談があるときは特に、大人可愛いスタイルで印象美人を目指しましょう。

オフィスではカジュアル過ぎない大人可愛いワンピを

コーディネートの詳細はこちら>>

ニットトップとニットワンピースのセットアップ。セットアップなのでフォーマル感がでてオフィス顔にもなり、かといってニット素材なのでカジュアルダウンもされているオフィスカジュアルにぴったりなワンピース。大人っぽく優し気な着こなしになります。

オフィスではカジュアル過ぎない大人可愛いワンピを

コーディネートの詳細はこちら>>

トレンドの小花柄ワンピをオフィスで活躍させないなんてもったいないです。会社に着ていく際は、ベーシックな色のカーディガンを合わせて小花柄の可愛さを抑えめにするのがポイント。黒や紺などのダークカラーのカーディガンなら上半身がすっきり引き締まって見えて体型カバーにつながります。

体型カバーもキレイめ雰囲気も叶う、褒められワンピ!

華やかで大人可愛い褒められワンピはお出かけにぴったり。1枚持っておくとコーデに手間もかからずとっても便利です。

体型カバーもキレイめ雰囲気も叶う、褒められワンピ!

コーディネートの詳細はこちら>>

大人可愛いジャンパースカートワンピ。ハリ感のある生地やウエスト部分、センターのボタンのIラインが体型カバーに効果的です。

体型カバーもキレイめ雰囲気も叶う、褒められワンピ!

コーディネートの詳細はこちら>>

モチーフレースの袖が可愛らしいシャツワンピース。シャツワンピはハリがありお肉を拾いにくく、ゆったりとしたデザインでもIラインのため着やせ効果も抜群。デザインも体型カバーも叶う褒められワンピです。

秋冬に人気のニットワンピを着こなすコツ

ニットワンピに再び熱い注目が集まっていますが、身体のラインを拾いやすい難点も。ぽっちゃりさんにオススメのニットワンピの着こなすコツをご紹介します。

秋冬に人気のニットワンピを着こなすコツ

コーディネートの詳細はこちら>>

全身ニット素材のワンピースは体の線が出てしまうことが多く、予想以上に太って見えがち。そこでぽっちゃりさんにおすすめなのがニットベスト。身体に沿わないシルエットですっきりしますし、ワンピとのレイヤードスタイルは簡単なのにおしゃれ上手に見える、いいとこ取りなスタイルです。

秋冬に人気のニットワンピを着こなすコツ

スリットや部分的に異素材を使ってニットに変化のあるワンピもぽっちゃりさんにオススメ。部分的にスリットが入ったデザインは足が長くスッキリと見える効果もあります。ニットはカジュアルな素材なので、合わせるバッグや靴で女性らしく着こなしましょう。

コスパな通販でワンピースを購入するコツ

コスパでサイズ展開が豊富な通販を利用する人も多いと思いますが、問題は試着できないこと。
通販でワンピースを購入する際は、必ずサイズをしっかりチェックしましょう
サイトによって、仕立てサイズ表記(実際の商品を測ったサイズ)と、ヌードサイズ表記(衣類を身に着けない裸の状態でのサイズ表記。このヌードサイズの人にオススメですという表記になります)どちらかを表示しています。

仕立てサイズ表記のサイトなら、自分の持っているワンピースのサイズを測ってサイズ感を比較確認しましょう
ヌードサイズ表記のサイトなら、自分の裸の状態・ヌードサイズを測り、サイズ感があっているか小さくないかを確認しましょう
まずはそのサイトが、仕立てサイズ表記なのか、ヌードサイズ表記なのかをしっかり確認が必要ですね!わからない場合は、問い合わせてみましょう。

仕立てサイズヌードサイズ になります。

自分の身体の方が洋服仕立てサイズより小さいです。
アームホールやウエストサイズが以外と小さい商品もありますので、デザイン・シルエットも意識しましょう。素材感も大事です。

ニットワンピやカットソーワンピなどは伸びやすい素材で着やすい反面、肉感を拾いやすいというデメリットもあります。
ピタピタやジャストサイズでいいのか、しっかり考えてから購入しましょう。
シャツワンピやハリのある素材のワンピは、きちんと感ある印象になります。伸びにくい素材なのでサイズ感が特に大事になりますが、大きすぎるときちんと感がなくなり、だらしなく見えるデメリットも。
ハリのある素材は、特にサイズ感を調べてから購入するようにしましょう。
少し手間ですが、お気に入りのサイズ感のアイテム、自分のサイズを一度確認しておくと、通販での買い物が楽になり、失敗もぐんと減ります。ぜひやってみてください。

まとめ

2022年のファッションテーマは「明るく開放的にファッションを楽しむ」です。ぽっちゃりさんにおすすめな「くすみカラー」で色柄を取り入れたり、トレンドの襟付きデザインのワンピースを取り入れたりするのがおすすめ。
コーデを考える手間いらずなワンピースだからこそ、スッキリ見える着こなしや体型に合ったワンピース選びましょう。
以前と同じような生活にはまだ時間が必要ですが、明るい春ファッションで日常に彩りをそえていきましょう!

ニッセンのワンピースはこちら>>

こちらの記事もオススメ

ワンピース記事はこちらもオススメ

山田 ハナ

山田 ハナ

ファッションが昔から大好きだけどぽっちゃり・おチビ・肩幅しっかりがコンプレックスだった。試行錯誤した結果、骨格診断とパーソナルカラーに出会い等身大の自分でおしゃれが楽しめるように。骨格スタイルアドバイザー2級。

ページの先頭へ